ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る 峠indexへ戻る  [峠マルチ索引]   [1位-  10-  20-  30-  40-  50-  60-  70-  80-  90位-  1000m未満  歴史/登山峠  トンネル]    [街道]  [大分水嶺]  [山岳鉄道]  [世界遺産]  [国立公園]  [アルプスと歴史]  [解説]  

Mont cenis -Col du モン・スニ峠(ハンニバル伝説の峠ハンニバル峠の候補)


No.:相対順位
  (-N:追加)
35

Hight(m):標高 2084(2117/2083)m
Alpenpasse:峠名
Valley/Tal:谷名・地名
Mont cenis -Col du(Fr)モン・スニ峠/
Moncenisio(It)モンチェニジオ峠
Country:国>県>谷> Fr >Savoie>73Savoie>It国境から7km
   (1947年の経緯参照)
Route-no,
Place:場所
(Motorway=高速:Tunnel=トンネル)
(Map-page-address:*1)
●大分水嶺(東=スニーズ川〜Torrente-Cenischia川〜Dora-Riparia川〜Poポー川〜(地中海:Adriaアドリア)。西=Arc〜Isere〜Rhoneロ−ヌ川〜(地中海)
・Fr:ベッサンス南東。It国境近く
・SS25/N6's Mt. Cenis Pass, Turin:Italy to Chambery:France.
45.260207,6.9003
(63-Gf77)
Iseran
V.ViuLys/Lis
Telegraphe
Petit MontCenisEchelleFrejus-T
Closed/Maximum grade(%)/etc :
道路閉鎖時期/勾配/条件
・11-5月閉鎖(closed from early November to mid Mayの記載も)/
・maximum grade is 12.5 percent; minimum width is 5 meters (16 ft.); OK for caravans.
Impressions:感想:
峠両側の集落・歴史的役割
  ・成立要因推測など
●地名のMont-Cenisは「Mount of Ashes(灰/灰色)」を意味している。伝統によると、山火事の結果、大量の灰が地面に堆積したことで名前が付いた。実際に道路建設中に大量の灰が発見された。

●この峠も紀元前218年、ハンニバルと象が通過したとの説があります(ただしこの峠の可能性は少ない)。(Googleマップでルート確認

Hasdrubal_coin紀元前207年ハンニバルの弟Hasdrubal Barcaハスドルバル・バルカがこの峠を、象を連れて、イタリアにハンニバルの援軍に行ったとの説があります。(この可能性は大きいようです)・・・メタウルスでローマ軍に破れ、その首だけがハンニバルに届けられました。

Constantin Maxentius ●312年、Constantine Iコンスタンティヌス帝はモンスニ峠を越えてイタリアに侵攻した。何回かの戦闘で彼はMaxentiusマクセンティウス軍を破りローマに到達、西の正帝となり西ローマ帝国全体の支配者となった。

charlemagne ●773年:カール大帝(シャルルマーニュ)がモンスニ峠を越え、スーサのデシデリウスのランゴバルト王国に攻め入り滅ぼす。教皇ハドリアヌスを救う。

●825年:Louis le Debonnaireルイ・ル・デボネール皇帝は息子のLothaireに、Mont Cenisの自然の湖のほとりにホスピスを創設するよう依頼した。それはサラセン侵略の世紀後荒廃された。

●877年10月6日:Charles II le Chauveシャルル2世は、アルプスの向こう側、現在のAvrieuxの Brios村で死亡(毒殺されたとの噂がある)。

heinrich-IV ●1077年1月:神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世(位1056-1106)は、厳冬の中のアルプス・モンスニ峠を越え、教皇グレゴリウス7世の滞在するのカノッサ城(Parmaの南30km)に到着。1月25日から27日までの3日間、彼はただひとり、無帽、裸足で、わずかに粗末な修道衣をまとっただけの姿で、城の前で雪の上に立ちつづけた末、ようやく教皇に会うことができ許された。(スーザに居た義母アデレード、ハインリッヒ4世妻ベルタ(アデレードの娘)などがそのとき同行した)
・ブレンナ峠のほうが距離、冬季通行の便も良いはずだが、モンスニ峠も神聖ローマ帝国範囲だったこと、義母との同行などからルートを選んだのだろう。
カノッサの屈辱」・・聖職叙任権をめぐる神聖ローマ皇帝とローマ教皇の対立・・  →alpenpassブログ参照

●1252年:マシューパリスのロンドンからアプリアまでの旅行案内【イギリス〜フランス〜イタリア】

●1794年4月:トマ=アレクサンドル・デュマ将軍に率いられたフランス共和国のアルプス軍 (Army of the Alps) がサルデーニャ王国軍を破る戦いの舞台に。

●1800-1811年:ナポレオンは大砲が通れる道としてこの峠とシンプロン峠の整備を命じた。6回の折り返しで勾配最高8-10%として大改修された。(『道の文化史』シュライバー著p.237-)

1821の地形 ●1821年のMont-Cenis峠地域の地形:サルデーニャ軍の地図。<fr.wikipedia.org/より>・・ダム建設前の地形がわかる。⇒⇒

●19世紀半ばまで、峠の両側、サヴォワとピエモンテはともにサヴォイア家のサルデーニャ王国の領土であり、王国の首都であるトリノと、サヴォイア家発祥の地であるシャンベリを結ぶこの街道は重要な意味を持っていた。

●1860年、サルデーニャ王国(翌年にイタリア王国となる)はサヴォワ地方をフランスに割譲した。このため、この峠は国境地帯となった。

●1868.6.15:Fellフェル鉄道(モン・スニ山頂鉄道)が開業。モン・スニ峠を走る。
 フレジュス・トンネル開通までの4年間営業していた〜1871年。St.Michelサン・ミシェル〜Susaスーザ間。(Yukiさんからの情報)
:普通のレール間に第三のレールをやや高めに据付け、水平の一対の動輪がこのレールを挟み込んで登る。(チャールズ・ヴィグノルスと、エリクソンの特許方式=粘着駆動方式)。線路は、ほぼナポレオン街道に沿って走っていた。)
 ウィンパー著『アルプス登攀記』岩波文庫(上:p87-)に記述(romeosierraさんより)

 リギ登山鉄道(1871)より古い →
 (スイスのリギ山のVitznauフィツナウ〜途中駅のRigi Staffelhoheまでの開通は1871年5月21日。ラックレール方式で、現存するヨーロッパ最古の登山鉄道。・・・「Fellフェル鉄道」は方式は違うが、開通はヨーロッパ最古。ただし現存せず。)
 (アメリカのワシントン山登山鉄道は、1869年7月3日開業。マーシュ式(梯子状ラックレール)。現存する世界最古のラックレール方式の鉄道といわれる。・・・「Fellフェル鉄道」は方式は違うが、開通は多分世界最古。ただし現存せず。)

●1874〜1880年:イタリア王国はヴァル・ディ・スーザ一帯を要塞化したが、この峠にも3つの石造の要塞(Fort Cassa, Fort Varisello および Fort Roncia)が建設され、それを支援する砲台や防御施設が作られた。ファシスト政権期には「アルプスの壁」 (Alpine Wall) と呼ばれる地下要塞の一部が建設された。

●1912年:モンスニ峠のイタリア側に小さなダムが作られ、1921年発電所も作られた。

●1947年2月10日:フランスとイタリアの間の国境はそれまで大分水嶺に沿っていたが、第二次大戦のモンスニ峠での休戦ラインにそって、両国は和平条約を結び、モン・スニ峠ピーク付近の領域はフランスになった。
このため国境は、峠からイタリア側に約7kmずれている。⇒★峠を通過する赤線が大分水嶺

●1949〜:ツール・ド・フランスが過去に5回、この峠をコースとして組み入れた。(1949/1956/1961/1992/1999年)
●1962-68年:ダム工事。フランス側の発電設備は、Villarodin(ダムから直線約15km。Modaneモダーヌの約3km東)にありトンネルで通水している。イタリア側はVenalzio(ダムから約10km。Susaスーザの約3km北)にある。水利権の比率(270:51)で分水して利用している
EDFダムの建設で、そこにあった天然の湖とホスピスは水中に沈んだ。

fr.wikipedia.org/wiki/Col_du_Mont-Cenis
日本Wikipedia解説

<通過日:YYYY.MM.DD(Site)。旅の記録・写真へのLINK>
2002.6.22:スーザ〜イタリア側登り〜
モン・スニ峠 モン・スニ峠
【イタリア側の小さなダム】【モンスニのダムサイト】

峠:モン・スニ峠
【モンスニ峠から北方向:フランス・ヴァノワーズの山】

峠から西へ散策: モン・スニ峠
【峠から西に展望の良い場所へ】

Lanslevillardランスルヴィラール村 2泊

2002.6.23:プティ・モン・スニ小屋〜クラピエ峠方面へ往復

---
From:back
 ⇒Oulxウルクス(宿)  ⇒Frejus -Tunnel duフレジュス トンネル  ⇒Bramansブラマン村入口  ⇒

2019.6.12(X19)
 <イタリアの宿ウルクスから、クラピエ峠を目指す・・ が、残雪多く断念・・スーザ経由(一周)で戻る・・>


【Val-Cenisの案内、Lanslebourg-Mont-Cenisの中心街、Lanslevillardのインフォメーション、以前泊まった宿付近】

モンスニ峠は濃霧、前回なかったモニュメントが霧の中に浮かび上がる・・クラピエ峠へのハイキングは無理? 

【峠は濃霧、何かモニュメントが見える】

天候の回復を願ってモンスニのダム湖畔で2時間弱待つ・・雨、ヒョウ雹・・

・・待つうちに霧が動き・・日がさしはじめ・・


Next:next ⇒Ref.Petit Mont-Cenis小屋  ⇒Petit Mont Cenis プティ・モン・スニ峠  ⇒Clapierクラピエ峠
(・・クラピエ峠を目指すが・・残雪多く、断念)

 ⇒モンスニ峠まで戻り

【新しいモニュメントがある。ハンニバルと象、ナポレオン、ツールドフランス・・この峠のアピールポイント】


【峠の茶屋の民族衣装を着た愉快なマダム】
峠の茶屋に入りちょっと休憩すると・・日本人のサイクリストのグループがちょうど同席・・
民族衣装の愉快なマダムが、イタリア語で「ハンニバルと象が・・、シャルルマーニュ(カール大帝)が・・、ナポレオンが・・」と、峠の歴史をアピール朗々と説明・・


---
峠をイタリア側に降り、国境直後のBarCenisio(1541m)村からクラピエ峠方向を見てみます。


【イタリア側に降りて、Bar Cenisio(1541m)村からクラピエ峠方向を見る】

広域・拡大の山小屋・山・稜線Map

Col Clappierクラピエ峠

南(イタリア側)〜Rif. Vaccarone避難小屋Rif. Molinari避難小屋 〜Grange della Valle(1769m)(P)=Colonia Alpina Candido Viberti避難小屋Eclauseエクラウゼ村

北(フランス側)〜Col.Mont Cenisモン・スニ峠


そこにクラピエ峠へのツアールートの地図があった。

【イタリア側、Bar Cenisio(1541m)〜Ref.Avanza(2574m)〜クラピエ峠・Savine湖のツアールート】
---
Next:next
 ⇒スーザ経由でOulxウルクス(宿)  ⇒Eclauseエクラウゼ村(1450m):★高所  ⇒Chiomonteキオモンテ散策、Gravereグラヴェーレ村(約850m):クラピエ峠遠望  ⇒Montgenevreモン・ジュネーヴル峠(1850m)

<峠付近の花:花の写真図鑑へ

【2b4.jpg:ここもまた花がきれいだ。アルペンローズなども咲き出している】

Col-Clappier/クラピエ峠への途中
山岳ツーリングの世界のkondoさんから花の名前を教えていただきました。>【●花の図鑑へ

【203.jpg:こんな鮮やかな空色ははじめて。Gentiana acaule p.18ゲンティアナ(エンツィアン)リンドウ科リンドウ属。色違いの濃い青も】


【2d5.jpg:青色:ゲンティアナ(エンツィアン)にもいろいろ種類が】
【kondoさんから:左から1,4=スプリングエンツィアン(春リンドウ,学名ゲンティアナ・ヴェルナ)ないしはその仲間です。左から2,3,5=コッホエンツィアン(学名ゲンティアナ・コキアナ=ゲンティアナ・アカウリス)。ヨーロッパアルプスの3大名花のひとつブラワーエンツィアン(青リンドウ)に近い種類です。Gentiana acauleとも呼ばれます。】



【1a5.jpg:黄色:左=Gagee-de-Liottard,p44ユリ科ガゲア属。右=マメ科ミヤコグサ属】


【146.jpg:ピンク:左から1=Trifolium/Papilionacees(p142),3=プリムラPrimulaces(p156)】
【kondoさんから:左から1,2=どちらもマメ科シャジクソウ属のようです。1はシャジクソウの仲間(学名トリフォリウム・アルピヌム種ないしはそれに近いもの),2はシロツメクサの仲間に見えます。 学名の Trifoliumは3枚の(=Tri)小葉(=foliole) を持つところから由来しているようですが,4枚以上の小葉を持つ種類もあります。左から3=苔のように生えることからモスチャンピオンと呼ばれる,ナデシコ科マンテマ属の植物(学名シレネ・アカウリス)に近い仲間のようです。左から4=アルペンスノーベルと呼ばれる,サクラソウ科ソルダネラ属の花(学名ソルダネラ・アルピナ)のようです。】



【1a2.jpg:他:左から1=糞のなかから出てきたキノコ?,2=コケモモのような,3=?,4=Cocrete-Violette(p240),5=?】
【kondoさんから:左から4=ゴマノハグサ科バルツィア属の花(学名バルツィア・アルピナ)ないしはその仲間?。左から5=キンポウゲ科オキナグサ属の花のようです。写真からもわかりますが,これから花びら状の萼片が落ちて中に見える花柱(もと雌しべの部分)が伸びて,直立した茎の先に翁の白髪のように綿毛をつけます。】

 

<峠付近の宿情報>
 ○付近の宿検索

booking.comBooking.Comヨーロッパ:アルプス山脈エリア・宿予約

EU-Alps 峠の茶屋:
掲示板:問合せなども
EU-ALPS.com
旅のGET:
旅のGET
★本サイト内を、地名などのキーワードで検索できます★

eu-alps.com内検索 WWW検索

ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る 峠indexへ戻る  [峠マルチ索引]   [1位-  10-  20-  30-  40-  50-  60-  70-  80-  90位-  1000m未満  歴史/登山峠  トンネル]    [街道]  [大分水嶺]  [山岳鉄道]  [世界遺産]  [国立公園]  [アルプスと歴史]  [解説]  



AXcount