ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る 峠indexへ戻る [峠マルチIndex]/[1位]/ [10]/ [20]/ [30]/ [40]/ [50]/ [60]/ [70]/ [80]/ [90位]/ [1000m未満]/ [歴史/登山峠]/[トンネル]/ [解説]/[アルプスと歴史]/[街道]/[鉄道]/

Traversette -Col de la トラヴェルセッテ峠
(ハンニバル伝説の峠ハンニバル峠の候補)


No.:総合順位
  (-N:追加)
登山峠n000-5
トンネル情報はこちら

より大きな地図で 2007Tr-avel-R-oot-Po-int を表示



Google-map:44.711907,7.066548
Hight(m):標高 2950(2947)m
Alpenpasse:峠名
Valley/Tal:渓谷名
Traversette -Col de la トラヴェルセッテ峠
Country:国 Fr/It:フランス/イタリア国境
Route-no,
Place:場所
(Motorway=高速:Tunnel=トンネル)
(Map-page-address:*1)
●大分水嶺(東=Poポー川源流〜(地中海:Adriaアドリア)。西=Guill〜Durance〜Rhoneロ−ヌ川〜(地中海)
・Mt.Visoモン・ヴィーゾ(モンテ・ヴィーゾ)山(3841m)の北5km
・Col de Agnelアグネル峠の約7km東北東
・バルスロネッテ東

(75-ha80)
Montgenevre、(Roche Ecroulee)
−(Pian del Re)
IzoardVars
Agnel
Closed/Maximum grade(%)/etc :
道路閉鎖時期/勾配/条件
・自動車道路ではない=登山のみの峠
・この付近の自動車道路はアニュエル峠であり、ケーラス地域(St.Veran)〜ヴァライタ渓谷ルートとして、アニュエル峠が後で出来たと思われる。
・自動車トンネル建設の希望は地元にはある。
Impressions:感想:
峠両側の集落・歴史的役割
  ・成立要因推測など

●ここがBC218年(2200年以上前)、ハンニバルが象と越えた「最有力候補の峠」です

  詳細はこちら参照 (Googleマップでルート確認

 ■記述者:C・ドニナ(1792年)、ケンブリッジ(1830年)、Cトール(1925年)、ギャヴィン・デ・ビーア(1955年)
・BC218.10月末に、Embrunアンブラン〜デュランス川沿い〜Guillestreギュレストレ〜Guilギル渓谷〜Chateau-Queyrasシャトー・ケラース:はだか岩〜(岩を火と酢で砕いて道を造り)〜この峠〜(前年の雪と新雪で立ち往生したが、雪を削り小道を造った)〜Saluzzoサルッツォ〜トリノのルートを通過したと推測している。
・2万人のアフリカ・スペイン歩兵、6千人の騎兵、象17頭が峠を越えた(1.8万の歩兵、2千人の騎兵、象22頭を失ったと想定される)
 ■解説:
・ギャヴィン・デ・ビーア(1899-1972:大英博物館自然史館長)の『ALPS and ELEPHANTSハンニバルの象』「渡った川、時間、風景等の検証」は説得力がある。
・多分ハンニバルはこの付近で一番容易で標高も低い★「ラルシュ峠」を越えようとしたが、標高の高いあまりに厳しい地形の危険な峠を越えた。これは案内人の謀略・裏切りで渓谷を通過し襲撃され、気象条件から峠での大量の凍死があったためだろう。

traversette-tunnel-Italy-Side
【トンネルのイタリア側入口】
traversette-tunnel-France-Side
【トンネルのフランス側入口】
buco-di-viso
【トンネルの断面図】

●トラヴェルセッテ峠のトンネル情報概要。<★トンネルの詳細情報><★サルッツォ紀行
(海抜2882m:Buco di Viso(イタリア語)/Monte_Viso_tunnel(英語))


・モンヴィーゾトンネルは、この峠の頂上(2950m)から68m下に、75mの長さのトンネル(海抜2882m)で、1478年から始まり1480年に開通した。アルプスで最初に掘られたトンネルである。

HumbertII
【Humbert_II:Viennois】
Philip VI
【Philip_VI:France】
・トンネル建設の約30年前、峠の西側はフランス王国領のドフィーネDauphine地域となっていた。

<1349年、Vienneヴィエンヌのドフィーネ公(HumbertIIウンベール2世:(在1333-49:1355死)=神聖ローマ帝国側の諸侯)は、財政難と男子継承者不在の為、世襲領地と称号をフランス王(Philip VIフィリップ6世(在1328-50))に売り渡した。ヴィエンヌの大司教は、異議申立てをしたが1449年に屈服しフランス王に領土を引き渡した>

サルッツオ公爵ルードヴィコ2世
【Ludovico_II:Saluzzo】

・建設当時、峠の東側と南エリアは神聖ローマ帝国側の、サルッツオSaluzzo公爵Ludovico IIルードヴィコ2世(在1475-1503)の領地。(峠の北側はサヴォイエ公国領)


フリードリヒ3世
【フリードリヒ3世:神聖ローマ帝国】
ルイ11世
【ルイ11世:France】
・トンネル建設は、峠西側のフランスはLouisXIルイ11世(在1461-83)の時代であり、ルイの主導でSaluzzoサルッツオ侯爵が建設との記録ある。(アブリエスのパンフから)

・神聖ローマ帝国の皇帝FriedrichIIIフリードリヒ3世(在1452-93)も、サルッツオ侯爵に工事遂行の勅許証を授けた。


・小国サルッツオSaluzzo地域は、周囲をサヴォワ王国領に囲まれ、フランスとの力を得たバランスで独立を保っておいた。西のドフィーネ・エリアと、サルッツオ・エリアとの大きな交易のためには、アルプスのトンネルが必要であった。


【DauphineとMARsat Saluces公爵領の境にトンネル。紫色はサヴォワ領。緑点線は現在の国境で、アルプスの高い山脈】


・しかしサルッツオは結局、1548年にフランスに占領された後、1601年にサヴォアに譲渡された。


【ガリレイ】
ガリレオ・ガリレイGalileo Galilei(1564-1642)がこのトンネルを通過した記録がある。



 −−−
・約80km南東にあるTenda tunnelテンダ(タンド)・トンネルは、「1450年にトンネル建設を始めたが、完成することはなかった」との情報があります。
トラヴェルセッテ・トンネル開通より30年も前。当時テンダ峠の両側はサヴォワ公国でしたから、神聖ローマ皇帝の許可は不要だったのでしょう。しかし、サルッツオ公爵は隣国のトンネル工事開始も、皇帝許諾のための材料に使ったと推測できます。



【2000/11/07:romeosierraさん情報提供】
・エドワード・ウィンパーの『アルプス登攀記』で、彼はMt.Visoに登る為にこの辺りを歩きまわっていて、同書にはCol de la Traversetteも、アルプスで一番高い村St.Veranも出てきます。その峠はイタリア/フランス間のルートとして当時(1860年頃)はかなりポピュラーだったと解釈できます。
・同書によると、手前の分岐の村Ville-Vielleには『象:elephant』というはたごがあり、土地ではこの名前こそ、ここを象が通った、すなわちハンニバルが通った何よりの証拠、とされているそうです。私もこの9月にVille-Vielleには行ったのですが、はたご『象荘』の存在は確認できませんでした。

【2002.6.19:フランスアルプスの旅で・・・kitamura】
モン・ヴィーゾ(モンテ・ヴィーゾ)大見晴台まで行く。

【2003/08:Mundbergさん情報提供・・・フランス側から】
・8月12日に「Traversette峠(2947m)へ行ってきました・・・
【2003/10:Mundbergさん情報提供・・・イタリア側から】
・10月19日にTraversette峠のイタリア側のPian del Re(2020m)に行ってきました・・・
→●その峠付近の写真と、情報を提供していただきました

<関連サイト>
http://www.quotazero.com/【峠とトンネル通過の記録と写真】
http://www.snow-fr.com/【峠をトレッキングした写真など。トンネルの情報もある】
http://www.peplums.info/【映画「Hannibal, l'ennemi de Rome」(Richard Bedser, 2005年)の解説】
http://www.legart.it/【トンネル図説】
http://it.wikipedia.org/【wiki/Buco_di_Viso】


<注:小サンベルナール峠近隣にも「Col de la Traversette」という2383mの峠があるらしい>


参考:西・フランス側から望むトラヴェルセッテ峠
西側から望むトラヴェルセッテ峠
【西側から望むトラヴェルセッテ峠
(『ハンニバル アルプス越えの謎を解く』)】
峠から約1kmのフランス側から
峠から約1kmのフランス側から(写真:Mundbergさん)
トラヴェルセッテ峠
【6043u.jpg:Traversette峠からイタリア側を見下ろす。イタリア側は急で、遠くまで見渡せる。右端奥はMt.Viso山で、下方にPian del Re が写っている(写真:Mundbergさん)
<通過日:YYYY.MM.DD(Site)。旅の記録・写真へのLINK>
★未到達
2007.6.14:イタリア側から・・峠の25分手前(海抜約2800m)で残雪多量のため断念:左の兵砦の上付近がトラヴェルセッテ峠】
峠を見上げる


2007.6.19:フランス側から・・峠1.5時間手前(海抜約2440m)で、靴が壊れ断念。正面右端の岩山付近が峠】
峠を見る
<峠付近の花:花の写真図鑑へ
<2007.6.19:フランス側の花>
トラヴェルセッテ峠挑戦 トラヴェルセッテ峠挑戦
【h953.jpg:青系の花 【d280.jpg:白系の花

トラヴェルセッテ峠挑戦 トラヴェルセッテ峠挑戦
【d253.jpg:黄系の花 【d269.jpg:赤系の花

<2007.6.14:イタリア側の花>
Pian del Re参照
 

<峠付近の宿情報>
 ○付近の宿検索

booking.comBooking.Comヨーロッパ:アルプス山脈エリア・宿予約
*Map by http://www.viamichelin.com/ , RV Reise-und Verkehrsverlag.EURO ATLAS.Die Alpen 1:300,000

EU-Alps 峠の茶屋:
掲示板:問合せなども
EU-ALPS.com
旅のGET:
旅のGET
Google

ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る 峠indexへ戻る [峠マルチIndex]/[1位]/ [10]/ [20]/ [30]/ [40]/ [50]/ [60]/ [70]/ [80]/ [90位]/ [1000m未満]/ [歴史/登山峠]/[トンネル]/ [解説]/[アルプスと歴史]/[街道]/[鉄道]/



AXcount