ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る この旅のtopへ戻る 前ページに戻る 次のページへ Google-Translate count

Traversette
【v771.jpg:トラヴェルセッテ峠へ:正面、雲の頂がモンヴィーゾ(3841m)】

トラヴェルセッテ峠Colle delle Traversette(2950m)へ(1)

ピエモンテの名峰モンヴィーゾが、霧の間から迎えてくれる・・

イタリア:ピエモンテ州・クネオ県】[北村 峠一].(Kitamura)      


●明日は天候が悪いというので・・


 クリッソーロ2日目、6月14日木曜日。かなり雲があって、峠に行くのは明日にしようかと考えていたのです。朝食後、昼のパンを買うため村に出たついでに、昨夕閉まっていたインフォメーションに行きますが、入口の扉に書いてある9時になっても人影は見えません。

「ゆっくりしているなー」と思いながらしばらく待っていると、若い娘が近くに車を止め近づいてきました。きっとインフォメーションの人だろうと思ったのですが、隣の建物に入っていこうとしたので、あわてて声をかけます。
「インフォメーションはまだ開かないんですか」 その回答は、
「1階のInfoは土日だけしか開かない、2階のMunisipo(役場)で聞いてみなさい」

Crissolo
【v163.jpg:翌朝、パンを買い、右前方の村役場=インフォメーションで、ここ3日間の天気を相談】

 階段を登り、ドアをノックして入ったところには、机が4−5個、居たのはたった一人の若者。
「トラヴェルセッテ峠に行きたいのですが、ここ3日間の山の天気予報を教えてください」
 彼はインターネットの天気サイトを開き、天気図を見ながら、
「今日は何とか持つでしょう。明日は朝からかなり荒れそう。明後日は風がかなり強く、一時雷も・・」のような説明をしてくれます。
「Pian del Reピアン・デル・レーの駐車場から3時間で峠」と、観光パンフの地図を指しながら説明してくれます。妻も、昨日の宿のマスターが言った「簡単だよ」との情報でその気になっていたので、今日登ることにします。

Crissolo
【v168.jpg:曇がかかり怪しそうな天気だが、明日より良さそうだろうと峠に向かうこととする】



Traversette
【v698.jpg:Pian del Reピアン・デ・レーへの道。正面がトラヴェルセッテ峠付近】

−−−

●モンヴィーゾが霧の間から・・


614traversette-gmap


 宿の前の、昨夕牛が登っていったポー川沿いの道は狭く、すぐ先で右に急坂。
「わっ、これは大変な道」
 実はこの先で、広場からすぐに右に曲がる広い道に合流したので、最初の心配だけでした。

 その先は若干狭いけれど快適な、左下にポー川が流れ、前方にはトラヴェルセッテ峠や、モンヴィーゾの山並みらしい眺めが、流れる雲の間から見えてきます。これほどの素晴らしい風景はアルプスの中でも余りないでしょう。

Traversette
【v712.jpg:左手にモンヴィーゾらしい山が見えてきた】

Traversette
【v730.jpg:モンヴィーゾ山の頂上は雲がかかっている。実に大きなカール・渓谷】

Traversette
【v768.jpg:ちぎれた雲が低く、かたまりで流れていますが、これほどの素晴らしい風景はアルプスの中でも余りないでしょう】

Traversette
【d870.jpg:Colle delle Traversetteトラヴェルセッテ峠まで2時間40分(9:50)】




−−−

●Pian del Reピアン・デ・レーから3時間・・


 約10kmですから、10数分で自動車道路の終点ピアン・デ・レー(王の平地)(2020m)に到着します。【●峠DB】 そして歩き出したのが9時50分と山行きには遅めの出発になってしまいました。

「Colle delle Traversetteトラヴェルセッテ峠まで2時間50分」の標識に沿って、まだ植物たちも大きくなっていない岩道を登っていきます。登りには比較的自信がある妻なのですが、やはり私にスロー。その時間差を周囲の花や写真を撮りながらついて行きます。

 眼下に王の平地、赤い車が駐車してある上あたりに流れ込むのがポー川。そのすぐ上にはフィオレンツァ湖、スペリオーレ湖があるはずなのですが、霧の中で見えません。

Traversette
【v786.jpg:眼下に王の平地、赤い車が駐車してある上あたりに流れ込むのがポー川。そのすぐ上にはフィオレンツァ湖、スペリオーレ湖があるはずなのだが霧の中で見えない】

Traversette
【d871.jpg:Pian del Reの平原に車を置き登ってきた。下界にも雲がかかりだした】

Traversette
【d876.jpg:左から、シレネ・アカウリス(ナデシコ科)、ゲンティアナ・ヴェルナ(リンドウ科)とビオラ・カルカラタ=白スミレ(スミレ科) 、カルタ・パルストゥリス(キンポウゲ科)、ゲンチアナ・コキアナ(リンドウ科) ●花の図鑑へ

Traversette
【d873.jpg:トラヴェルセッテ峠へ:峠まで2時間15分、王の平地まで35分の地点(10:20)】
 山小屋や車が小さくなり・・それらも山陰に隠れ・・
 雲の動きが山の上から、下のほうへと移動してきたように感じます。その霧の中に咲く花を見ながら少し休憩。

 昔の人はここをラバに塩などを積んで、フランス側・・ドフィーネとの間を往復していたのでしょう。気候の良いときはこの風景も中々で、花を見る余裕もあったかもしれませんが、大雨、吹雪などの時には苦労したことでしょう。

Traversette
【d884.jpg:雲の動きも・・】

ヨーロッパアルプスのハイキング地図
【ヨーロッパ・アルプスのハイキング地図】
  【国別地図】  【日本語ガイド本】
 雲の間から時々日が差すと、緑も、山陰の残雪もきれいです。暑くなく、汗もかかずにちょうど良いのですが・・かなり厚い雲が下のほうから湧き上がってきました。
 前方の、右からの張り出しの先の、あの岩あたりで、登山道は右に巻いていくようです。

Traversette
【d888.jpg:日が差すと山々も美しい。右上の山の縁を回って道が続く。その向かいが峠らしい(11:00)】

Traversette
【d886.jpg:】

Traversette
【map:Plande Reからのルート:V21分岐の先で、右に回りこんだ付近から、残雪が】
Traversette
【d892.jpg:ところがその張り出しの向こう側、山陰に入ったとたん・・残雪が大量に現れだした(11:30)】

 ところがその張り出しの向こう側、山陰に入ったとたん・・残雪が大量に現れだしました。出発から1時間40分。

< 関連サイト>

 ○http://www.parks.it/【Parco della fascia fluviale del Po - tratto Cuneese】
 ○http://www.parks.it/【Itineraries:Tour of the Lakes】


<イタリア・ワイン/チーズ>

  イタリア ワイン検索
  イタリア チーズ検索

<関連HOTELなど>

Last minute hotel reservation!【Rates-to-Go:直前格安ホテル】   リミニ リビエラのHotel
hotel【イタリアのホテル:地図から検索】  トリノのHotel  トリノのHotel
 イタリアン・リヴィエラのHotel
hotel ■海外ホテル予約

<関連書籍・地図>

touring-club-italiano
Piemonte,Valle D'Aosta
ピエモンテ、アオスタ州 (TOURING CLUB ITALIANO)1/200,000

『チーズで巡るイタリアの旅』本間 るみ子 (著)
4840108196
ロンリープラネットの自由旅行ガイド イタリア
ダミアン・シモニス

4840114382
ベスト・オブ・トリノ
サリー オブライエン Sally O’Brien

Kompass社の地図 紀伊国屋で[洋書 Kompass Karten] のキーワードで検索)

ヨーロッパ・アルプスエリアの国とハイキング・トレッキング・ドライブの地図:index

イタリア・トリノ:
 2006年冬季オリンピック関係



<雪渓をトラベルセッテ峠に向かって・・・>
ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る この旅のtopへ戻る 前ページに戻る 次のページへ


EU-Alps 峠の茶屋・掲示板:
EU-ALPS.com


質問などありましたら eualps@gmail.comへどうぞ。
Google
WWW検索eu-alps.com内検索