ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る 峠indexへ戻る [街道]

[峠マルチIndex]/[1位]/ [10]/ [20]/ [30]/ [40]/ [50]/ [60]/ [70]/ [80]/ [90位]/ [1000m未満]/ [歴史/登山峠]/[トンネル]/ [解説]/[アルプスと歴史]/ [街道]/ [鉄道]/
[LINK/FAQ/情報提供]/ [フランス]/


琥珀街道/塩の道とアルプスの峠
Amber-Road/-Strase/-highway,Salt-Road/Alpen-Pass ⇒【ケルト人・ハルシュタット文化】【古代ローマの道】【アルプスの歴史も参考に】


琥珀
【バルト海の琥珀】

【ハルシュタットの岩塩】
●「すべての道はローマに通ずる、一千年間の世界の支配者ローマ、古代ローマの軍用道路」といわれる『古代ローマの道』。
 さらに歴史がさかのぼり、「ヨーロッパの先史時代、ケルト人のハルシュタット文明時代」の『琥珀街道』。
これらのルートと、『ヨーロッパアルプスの峠』。

 この接点について少しずつ調べていきたいと思います。どこに、いつごろから、誰が作って、誰がどのように使ったか・・・などを
 まず、各街道のルートと、アルプスの想定できる峠名を整理してみました。

■琥珀(コハク)街道/塩の道:Amber-Road,Salt-Road とは

<琥珀街道>
 琥珀街道は、バルト海Baltic/北海の海岸の琥珀Amber(数千万〜数億年前の樹木の樹脂が、土砂などに埋もれ化石化したもの)を扱う北方の琥珀商人や毛皮商人と、南方のエトルリア(ローマ帝国成立以前に北部イタリアに住んでいた民族)の装飾品・金細工などの工芸商人との交易が盛んになるにつれて、地中海・アドリア海方面との道もつくられていった。さらにはギリシャ、黒海、エジプト、シルクロードなどにも交易の道が作られていった。

馬と商人
Solkpassゼルク峠(1790m)を行く馬と商人たち
 これらの道は紀元前2000年頃にはすでにできていたというが、ヨーロッパ文明の最初の時代、ケルト人の「ハルシュタット文明(BC12C-BC6C)のころには、主な商品の名によって「琥珀街道」として、北・南の商人が行き来した。この街道は同時に、様々な民族や国の相互交流の役目も果たした。

 ハルシュタットの先史時代の墓には、これらの琥珀・金細工などが発見される。ここは岩塩坑によって重要な商業中心地のひとつだった。(シュライバー著『道の文化史』などから)

<塩の道>
 塩は食物の保存のためなどで需要が増し、海岸・岩塩・塩井のある地との交易路<塩の道>が、古くから世界各地で作られた。(la-Turbie地中海など)
 上で書いた琥珀街道でも、塩は主要商品として運搬されていた。

琥珀街道:西1-3
【北海/バルト海〜地中海のルート<概略>(『道の文化史』m-p.7)】
琥珀街道:黒海へ
【バルト海(東)〜黒海へのルート】

<●琥珀の道:西から>(『道の文化史』m-p.7)
 ・ハンブルク地域(北海)〜ヴェーゼルWeser河〜マイン河〜ライン河〜バーゼル〜ソーヌ河〜ローヌRhone河〜リグリア海(地中海)
   (一部ハンブルク地域〜ケルンを通る支流が西にある)

 ・ハンブルク地域(リューベック湾)〜エルベElbe河〜マクデブルク〜ハレ〜ホーフ〜レーゲンスブルク〜ハルシュタット〜ブレンネル峠〜アディジェAdige河〜アドリア海
   (一部マクデブルク〜ハレ〜パッサウを通る支流が東にある)

 ・グダンスク湾(ダンチヒ等)〜ヴィスワ/ヴァイクセルWisla河〜トルン〜ヴァイクセル河〜オーデル河〜メーレンの隘路〜ドナウ河(ヴィーン)〜カルヌントゥム〜ハンガリー〜スロベニア〜アクイレイア〜アドリア海
   (今日でもザームラント付近のバルト海では琥珀が取れる)

 ・グダンスク湾(ザームラント等)〜ヴィスワWisla河〜ワルシャワ/〜サン河〜セレト河〜プルートPrut河〜黒海 / 〜ブーク河〜ドニエプルDnepr河〜黒海(右上の図)


琥珀の道wiki
【琥珀の道(バルト海ルート):wikiより:クリックで拡大】

■琥珀街道のアクイレイア〜バルト海ルートと通過都市名

<西から北東に> (p. )は『古代ローマへの道』のページ
  (琥珀の道:wiki-plなどより)<Aquileia〜MariaSaalのルートは古代ローマの道:オーストリアも参照

アクイレイア
アクイレイア
【アクイレイアのモザイク画とバジリカ】
 <イタリア>
 ・Aquileiaアクイレイア
 ・Goerz(?)ゲルツ付近(イソンツォ川橋際)
   =最初の宿駅=Gorizia(?)(p.251)
 <スロベニア>
 ・(?)(Wippach/Vipavaヴィパヴァ川沿い)
   =2番目の宿駅(p.251)
 ・(?)(プラニナ牧場)
   =3番目の宿駅=峠の宿場(p.251)
   =? Razdrto(574m)=Prewald(wiki)
 ・(?)(Logatec=Lohitschロイチュ)(p.251)
 ・Nauportusナウポルトゥス(古代名)
   =Vrhnikaブルフニカ(p.250)
   =Oberlaybachオーバーライバッハ)(p.251)
 ・Aemona/Emonaエモナ(古代名)
   =Ljubljanaリュブリャナ/ドイツ語 Laibach(p.250+325)
 ・Kelea/Celeiaケレイア(古代名)
   =Celjeツェリェ/ドイツ語 Cilliツィリ(p.250+326+327)
 ・Poetovio/Poetoviumポエトウィオ(古代名)
   =Ptujプトゥイ/ドイツ語:Pettauペッタウ(p.250+328)
 <ハンガリー>
 ・Szombathely
 ・Sopronショプロン
 <オーストリア>
 ・Carnuntumカルヌントゥム
 <スロバキア>
 ・Bratislavaブラティスラバ
 <チェコ>
 ・Brnoブルーノ
 ・Bouzov(Olomuc)
 <ポーランド〜ロシア〜リトアニア・・>
 ・Klodzko
 ・・・・St.Peterburgサンクト・ペテルブルク



amber_roads-german
【ドイツ内の琥珀の道:en-wikiより:クリックで拡大】

■琥珀街道のドナウ川〜ブレンナ峠ルートと都市名

ドイツ内の街道からブレンナ峠へのルートは右図であり、
 都市名はドナウ川の南のみを記述する。(Amber Road:wiki-enより)

・Breisgau/Phine・Ulm・Ingolstadt(Manching/Danube)・Passau
・Schafhausen・Braunau
・Uber-Lingen←・Munich・Berounka -・Salzburg
  →(Bodensee)→・Oberammergau Ursprungpass
   →<Fernpass>→ ・Innsbruck
    ↓   
  Brennerpass 
  ・Bressanone→・Cortina d'Ampezzo



■アクイレイアとハルシュタット、ウィルヌム間の峠情報

amber-hallstatt  アドリア海の貿易港「Aquileiaアクイレイア」と、岩塩鉱のある「Hallstattハルシュタット」、ケルトの首都といわれる「Virunumウィルヌム」を結ぶ主なルートと、通過する峠を図示しました。
 南東のルートから峠を列記します。

 ・Razdrto峠:トリエステ〜ポストイナ付近(約600m)
 ・Sentozbolt峠:リブリャナ〜Celjeツェリェ間(594m)
 ・Mislinjaミズリーニャ峠(約600m)
   (Huda Luknjaフダ・ルクナ峠/鞍部)
 ・Seebergsattelゼーベルク峠(1218m)

 ・Gaberlガーベルル峠(1547m)
 ・Pyhrnpassピュールン峠(945m)
 ・Solkscharteゾルクシャルテ峠・・・Solkpass峠(1790m)
 ・Radstadter-Tauern Passラートシュテッター・タウエルン峠(1738m)
 ・Katschbergカッチベルグ峠(1641m)
 ・Perchauer峠(1005m)

 ・Predil峠(1156m)
 ・Nassfeldpas峠(1530m)
 ・Pontebbaポンテッバ峠(816m)
 ・Plockenプレッケン峠(1362m)
【ハルシュタット】



■Aquileiaアクイレイア〜Virunumウィルヌム/MariaSaalマリア・ザールのルート

 (p. )は『古代ローマへの道』のページ
★アドリア海の貿易港「Aquileiaアクイレイア」と、ケルトの首都「Virunumウィルヌム」「MariaSaalマリア・ザール(1996年)(2003年)(2013年)」を結ぶルートのうち、低い峠のみを通過する次のルートが、かなり使われていたとの調査があります。
 (ケルンテンにおける古代ローマの遺跡(1843-70調査)(p.251))
  <○スロベニア地名⇔ドイツ地名変換

 ・Aquileiaアクイレイア
 ・Goerz(?)ゲルツ付近(イソンツォ川橋際)=最初の宿駅=Gorizia(?)(p.251)
 ・(?)(Wippach/Vipavaヴィパヴァ川沿い)=2番目の宿駅(p.251)
 ・(?)(プラニナ牧場)=3番目の宿駅=峠の宿場(p.251)
  =? Razdrto(574m)=Prewald(wiki)
 ・(?)(Logatec=Lohitschロイチュ)(p.251)
 ・Nauportusナウポルトゥス(古代名)=Vrhnikaブルフニカ(p.250)=Oberlaybach(独)オーバーライバッハ(p.251)
 ・Aemona/Emonaエモナ(古代名)=Ljubljanaリュブリャナ/Laibach(独)(p.250+325)
 ・Savaサーヴァ川渡河点(p252)
 ・クライン=?Kranjクラーニ/Krainburg(独)
 ・ウペルム=Weitensteinヴァイテンシュタイン/現在名ヴィタンニュ・・Velenjeらしい?
 ・Huda Luknjaフダ・ルクナ峠/鞍部(Pakaパカ谷:Mislinjaミスリンニャ谷=Misling(独)
 ・Windischgratzヴィンディシュグレーツ(独)=コラティオ(古代名)=Slovenji gradec
 ・ユエンナ(Globasnitz(独)グロバスニッツ近く=Globasnica(Slo)(*Museum)
 ・Virunumウィルヌム=Klagenfurtクラーゲンフェルト(Noricumノーリクムの中心地)
 ・Zollfeldツォルフェルト平野
 ・MariaSaalマリア・ザール
【マリア・ザールの教会と壁の彫刻】


■Noricumノリクム(ケルト人の王国)とVirunumウィルヌム(首都)

Noricum ・Noricumノリクム:現在のオーストリア・スロベニアの地に居住していたケルト人の王国で、12の部族で構成されていた。

・Virunumウィルヌム:ノリクム王国・王室の首都

・BC100〜BC30年は、Magdalensbergマクダーレンスベルク山の上にあった。

・BC16年、ノリクムはPANNONIAパンノニアと共にローマ帝国のイストリアを侵略したが敗れた。

・以降ノリクムはローマ帝国に併合・ノリクム属州となった。ウィルヌムは、ローマがケルト人を支配した都でもあった。

ウラウディウス帝(在位41-54年)は、山頂にあったこの都をZollfeldツォルフェルトの平野に降ろした。


Magdalensberg <関連サイト>

Noricumノリクムドイツ語【ケルト人の王国、およびその後に成立したローマ帝国の属州】
Noreiaノーレイア【ロリクムの首都:移動していたらしい】
Magdalensberg【ノーリクムはローマ共和国ローマの友好同盟国の時からだった。両国間の貿易は、主にノリクムの鉄、金、農産物だった。BC100〜BC30に存在していた。】
http://en.wikipedia.org/【wiki/Maria_Saalマリア・サール】
Prince's Stone大公/プリンスの石【626-630年Carantaniaカランタニア公国の時代、部族長によって君主(大公Knez)を選んだが、その儀式はオーストリア・ケルンテン州のクルン城の「大公の石」の上で行われた。この後少し離れたゴスパ・スヴェータ=聖なる婦人の意味=現在のMariaSaalマリア・ザールの石の玉座に場所を移した。】



<●紀行>
 i:2013年の旅ルート【アクイレイア〜ゴリツァ〜ツェリェ〜〜マリアザール〜】
 i:2003年の旅ルート【マリボル〜〜】
 i:Solkpassゾルク峠の旅行記【「塩の道」も参考に】
 i:Celjeツェリェ〜Ljubljanaリュブリァナ〜Postojnaポストイナの旅行記【「琥珀街道」も参考に】
 i:Route du Sel塩の街道/la-Turbieラ・トゥルビ峠/ 地中海【青銅器時代(1800BC)】

<●参考Webサイト>
 ○琥珀の道(日本語) (英語)
 ○ハルシュタット文化(日本語)
 ○http://www.hallstatt.net/【salz strasse Geschichte:塩の道の歴史・ハルシュタット】
 ○http://de.wikipedia.org/【wiki/Alte_Salzstra古代の塩街道】
 ○http://en.wikipedia.org/【wiki/Baltic_amber】
 ○http://www.ambergallery.lt/【バルト海の琥珀】

参考資料:
 本『古代ローマへの道』Hermann Schreiberヘルマン・シュライバー著、関楠生訳、河出書房1989.2・・・(p.xx)と記
 本『道の文化史』Hermann Schreiberヘルマン・シュライバー著、関楠生訳、岩波書店1960.6・・・(m-p.xx)と記
 本『山』ミシュレJules Michelet(フランス:1798-1874)著、大野一道 訳。藤原書店(グラウビュンデンへの道 p.168〜)
 本『ローマの道の物語』藤原武著、原書房
 本『中世ヨーロッパ』Donald-Matthew(レーディング大教授)著:朝倉書店・・(中世ヨーロッパp.xx)と記
 本:『図説:ケルト文化誌』バリー・カンリフ著、原書房p60
 本『Encyclopedia Britannica (1911edition:ALPS)』 など


−−−−−−−−−−−−
Dr. Hermann Schreiber
Dr. Hermann Schreiber ヘルマン・シュライバー(1929-)
ミシュレ




ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る 峠indexへ戻る [街道]

[峠マルチIndex]/[1位]/ [10]/ [20]/ [30]/ [40]/ [50]/ [60]/ [70]/ [80]/ [90位]/ [1000m未満]/ [歴史/登山峠]/[トンネル]/ [解説]/[アルプスと歴史]/ [街道]/ [鉄道]/
[LINK/FAQ/情報提供]/ [フランス]/

ヨーロッパアルプスのハイキング地図
【ヨーロッパ・アルプスのハイキング地図】
  【国別地図】  【日本語ガイド本】
AXcount