ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る この旅のtopへ戻る 前ページに戻る count
KLMお得な特別運賃

Bruck an der Leithaブルック・アン・デア・ライタ〜 Rohrauローラウ<ハイドンの生家>〜 Carnuntumカルヌントゥム<琥珀街道・古代ローマの遺跡>〜 Haslau-Donauハスラウ・ドナウ<ドナウ川展望レストラン>〜 Wien-Flughafenウィーン空港

:オーストリア:ニーダエスタライヒ州】[北村 峠一].(Kitamura)      


【Bruck an der Leithaブルック・アン・デア・ライタ の町のメイポール】
旅の最終日です。
夕方5時頃、ウィーン空港出発で帰国なので・・その前にレンタカーを返却し・・
 と、ゆとりの行程のはずです。


【ピンク色=分水嶺(北:ドナウ川流域、南:Neusidler湖流域)。赤=走行ルート】

−−−

Kaisersteinburuchカイザーシュタインブリュッフ分水嶺(約240m)【●峠のDBへ】・・


Neusidlerノイジードル湖とLeithaライタ川(ドナウ川の支流)との分水嶺・・たった海抜240mほどですが・・
 「ステップ湖/内陸湖/平原湖/地下水湖・・塩水湖」との分水嶺です。
各水位は、ノイジードル湖(115.45m)、Leithaライタ川(157m)、ドナウ川の近隣(約180m) を隔てる峠なのです。


【Kaisersteinburuchカイザーシュタインブリュッフ分水嶺(約240m)】

−−−

●Bruck an der Leithaブルック・アン・デア・ライタの町 ・・



【ブルックの町にあったメイポール】
【Maypole五月柱:五月祭May Dayで立てられる柱で、ドイツ系の町では写真のような彫刻や絵が飾られることが多い】
【⇒★クリックで拡大できます】
少し大きな町・・Bruck an der Leithaブルックの町を少し歩き・・


【Bruck an der Leithaブルック・ライタ<教区教会>】

○https://de.wikipedia.org/【wiki/Bruck_an_der_Leitha】

−−−

●Rohrauローラウ: ハイドンの生家 ・・


Rohrauローラの村を通過するので・・ ハイドンのの生家を外だけ見て…


【Rohrauローラウ<ハイドンの生家> 】


【Rohrauローラウ<ハイドンの生家> 】

−−−

●Carnuntum Archaeological Park カルヌントゥム:琥珀街道・ローマの遺跡 ・・


琥珀街道でもあり、ローマの軍駐屯地の遺跡があるカルヌントゥム。夏休み前の学生が一杯、校外学習の時期なのです。


【Schoss-Petronellシュロッス・ペトローネル<古代ローマの遺跡の公園・地図> 】

●Carnuntum Archaeological Parkカルヌントゥム考古学公園: ローマの遺跡

carnuntum ・古代からカルヌントゥムは琥珀街道にあった。
・カルヌントゥムはローマ帝国の重要な軍駐屯地で、現在のオーストリアに位置した。
・もともとはノリクム属州にあったが、紀元1世紀以降はパンノニア属州となった。
・ウィーンとブラチスラヴァを結ぶ幹線道路の中間あたりに遺跡があり、今は「カルヌントゥム考古学公園」となっている。

https://en.wikipedia.org/【wiki/Carnuntum】
https://de.wikipedia.org/【wiki/Schloss_Petronell】


−−−

●ドナウ川が展望できるレストランは ・・


インフォメーションで「ドナウ川の見えるレストラン」を教えてもらったら、「 Haslau」が良いところだとのこと。

ちょうど昼時間、サラリーマン風・お客様接待かなと思われる6人組だけがいて・・ 良いところだが、庶民には堅苦しくて落ち着かない。
魚とシュニッツエル、運転しているのでアルコールも飲めない・・残念

ドナウ川が100mほど先に・・大きな輸送船がゆったりと上り下りしている風景・・


【Haslau-Donauハスラウ・ドナウ<ドナウ川展望レストラン> 】


【Haslau-Donauハスラウ・ドナウ<ドナウ川展望レストラン> 】


【魚とシュニッツエル】

−−−

●ウィーン空港へ ・・


旅の初日、昼食をとったフィッシャの町で・・壊れた登山靴を捨て・・ガソリンを補給して・・

空港に入ろうとして、チョッと早く曲がったばっかりに・・またフィッシャまで高速道路で戻らされ・・2:45レンタカー返却。

1時間半かかってやっとゲート前に。そしてレンタカー返却。

あわててビール飲んで・・トイレ・・荷物を預け・・ボーディング・・



<珍しく・・旅行記を最後まで書きあげました・・何年ぶりでしょう。・・次の旅行記を書き始めます・・>

ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る この旅のtopへ戻る 前ページに戻る
Copyright © 1996- Kitamura All Rights Reserved.

EU-Alps 峠の茶屋・掲示板:
EU-ALPS.com


質問などありましたら eualps@gmail.comへどうぞ。
Google
WWW検索eu-alps.com内検索