ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る 峠indexへ戻る  峠マルチ索引   1位-   10-   20-   30-   40-   50-   60-   70-   80-   90位-   1000m未満   歴史/登山峠   トンネル   [解説]   [アルプスと歴史]   [街道]   [鉄道]

Septimerpass ゼプティマー峠/セッティモ峠/Pass da Settセット峠


No.:総合順位
  (-N:追加)
登山峠 n017-2

●赤は大分水嶺
拡大1:1/20万から】【拡大2:1/10万から
分水嶺と峠の関係
【分水嶺と峠(Septimerpass/PassLunghin/MalojaPass)の関係図】

Google-Mapで2009年のルートを見る
Hight(m):標高 2310m
Alpenpasse:峠名
Valley/Tal:谷名・地名
Septimer passゼプティマー峠/セッティモ峠
Pass da Settセット峠
Country:国>県>谷> Ch:スイス
Route-no,
Place:場所
(Motorway=高速:Tunnel=トンネル)
(Map-page-address:*1)
●大分水嶺:
南=〜Meraメラ川〜Poポー川〜(地中海:Adriaアドリア)。北=〜Gelgiaゲルギア川〜Rheinライン川〜(北海:North-Sea)

・Ch:ユリア峠の南西10km
(51-Kd70)

Via MalaJulier
LunghinMaloja
SplugenJuf
 
Closed/Maximum grade(%)/etc :
道路閉鎖時期/勾配/条件
山岳峠(現在、自動車道路はない)
Impressions:感想:
峠両側の集落・歴史的役割
  ・成立要因推測など


Septimer

ゼプティマー峠
【ゼプティマー峠の聖コロンバーノ碑】

・古代ローマ時代より以前から、エトルリア人などの通行があった。峠から古いコインが見つかった。(H.シュライバー:古代ローマへの道p202)。この峠はアルプスを直接南北に通過でするのに良好な地形で、便利な場所だったためである。

アウグストゥスが初代ローマ皇帝(BC27-AD14年)の時代、軍の野営地が峠付近で発掘された。アルプスの北を管理するための重要な場所であった。

古代ローマ時代の道も、この峠を通過するように作られた。

・614年、聖人コロンバーノSt Colombano【●峠の聖人】がこの峠を通過した。

 ・「Sett」・・Sent Strada dal Settimo/Pass da Setto / Septimerpass は、St.Colombano 聖コロンバーノ/聖コルンバヌス/聖コルンバからきているのではないだろうか。<⇒検討

 ・中世のスイスアルプス越え(東側)の交通路(右図参照)は、「ゼプティマー峠」 または 「ユーリア峠マロヤ峠の2峠」 を通る<上の道Obere Strasse>と、「シュプリューゲン峠」を通過する<下の道Untere Strasse>の2つが中心だった。

 ・このうち<上の道>のほうが容易(細く厳しい道が少ない)で、さらにその中でも「ユーリア峠+マロヤ峠」の2峠を通過するルートより、「ゼプティマー峠」ひとつを行くほうが、徒歩で3時間も短かかったため断然人気があった。

 ・クールの方からゼプティマー峠に向かうには、Bivioビーヴォ村で「ユーリア峠+マロヤ峠」への道と分かれ南に向かう。ゼプティマー峠を越えるとCasacciaカサッチア村で「マロヤ峠」からの道に合流し、Bregagliaブレガリアの谷につながる。

 ・西のJufユーフ村からForcellina峠(2672m)を経由し、この峠に到達するルートもあり、南下することもできた。しかし高い峠を通過する必要があり困難な道だった。

 ・クールからキアヴェンナの間のSeptimer街道は、クール司教の所持・管理下にあって、その通行税の売上は、権力の大きな基盤となっていた。

・7世紀ごろ:峠の上にホスピス(ローマ巡礼のための)が建てられた。(831年:ルートヴィッヒ西ローマ皇帝(在814-840)の記録文書に残っている)

・940-41年にかけての冬に、臨月まじかのイヴレア辺境伯ベレンガーリョ2世(イタリア王950-963)の妃ウィラがこの峠を越えた。

・951年:サラセン人が峠上のホスピスを破壊した。
・961年:Otto der Grosseオットー1世(大帝)が峠を越え、ホスピスの廃墟を見ている。<東フランク国王(在位936-973)。教皇に帝冠を要求したが拒否される。第一回イタリア遠征(951)→第二回イタリア遠征(961年)→ローマで教皇ヨハネス12世により戴冠、ローマ皇帝になる(在位:962〜973)=神聖ローマ帝国の始まり>

・1100年頃:ホスピスHospiz(Tgesa da Sett)と礼拝堂が峠の上にで作られた。

・1164年:Friedrich Barbarossaフリードリヒ1世(赤髭王)の峠越え:軍によるミラノの破壊(1162)。レニャーノの戦いでロンバルディア都市同盟軍に敗北。教皇アレクサンドル3世と和解(1176)。

・中世半ばには、東のブレンナー峠(1374m)、西のグランサンベルナール峠(2473m)とともに、3つの中心的なアルプス越えの峠ルートで、商人ばかり出なく、国王や皇帝、その軍隊も数多く移動した。
・ドイツの王、神聖ローマ皇帝は、家来や軍隊をひきいて何度もこの峠を利用した。

・1473年:Via Malaヴィア・マラ峡谷の険しい峡谷に石造りの橋が建設された。これにより「下の道低=Splugenpass峠経由」の通行量が増え、「上の道=Septimer峠経由」の重要性が落ち、ラバ運送などのインフラの維持管理が下落していった。

・中世後期、この街道は森林などの皆伐などで、落石や雪崩の危険性が増加した。特に高山の冬・雪中の山越えは恐ろしいかったので、並行して輸送できる「ユリア峠マロヤ峠」の安全なルートにシフトしていった。

・1812年のシュプリューゲン峠の整備、1818年頃にJulierユーリア峠、1818-1823年マローヤ峠が整備され、さらに1821-1823年サン・ベルナルディーノ峠の大幅改造で、古い歴史を持つこの峠は完全にすたれてしまったのです。

http://de.wikipedia.org/【wiki:Septimer】
http://www.hls-dhs-dss.ch/【Settimo, passo del】
http://www.hls-dhs-dss.ch/【Oberhalbstein】
http://skatingland.myswitzerland.com/
http://wanderland.myswitzerland.com/【hiking/trekking:Thusis-Septimer-Chavenna】

<通過日:YYYY.MM.DD(Site)。旅の記録・写真へのLINK>
2009.6.18(V-Site):紀行

【ゼプティマー峠の標識】【昔の街道の石畳】

【ゼプティマー峠から東、南を見る】

【ゼプティマー峠から南に下る方向を見る】

−−−−−−−−
<南側/東側からの望遠>
2001.7.1(N-Site):紀行

【Casacciaカサッチャの村からの望遠、左方向】
2001.7.1(N-Site):紀行

【マロヤ峠からの望遠】
2009.6.17(V-Site):紀行

【マロヤ峠からの望遠】
<峠付近の花:花の写真図鑑へ
 

<峠付近の宿情報>
 ○付近の宿検索

booking.comBooking.Comヨーロッパ:アルプス山脈エリア・宿予約

EU-Alps 峠の茶屋:
掲示板:問合せなども
EU-ALPS.com
旅のGET:
旅のGET
★本サイト内を、地名などのキーワードで検索できます★

eu-alps.com内検索 WWW検索

ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る 峠indexへ戻る  峠マルチ索引   1位-   10-   20-   30-   40-   50-   60-   70-   80-   90位-   1000m未満   歴史/登山峠   トンネル   [解説]   [アルプスと歴史]   [街道]   [鉄道]

Septimerpass ゼプティマー峠



AXcount