ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る この旅のtopへ戻る 前ページに戻る 次のページへ count

Malojapass
【g665.jpg:古代ローマ街道の遺跡。急斜面の岩に、荷車用のわだち階段(長さ約8m)がある】

Passo del Malojaマロヤ峠(1815m)

日本のJR在来線の線路巾は、古代ローマの1頭だて荷車の規格?・・
セガンティーニ一家が眠る地・・【●峠DB

スイス:グラウビュンデン州】[北村 峠一].(Kitamura)      


●Passo del Malojaマロヤ峠(1815m)


 ユリア峠とともに中世から使われていたマロヤ峠に到着します。

アルプスの分水嶺・峠の拡大地図
【マロヤ峠とユリア峠の位置関係:赤は大分水嶺。
クリックで中世の交通路へ】

Malojapass Malojapass
【g717.jpg:マロヤ峠から南を見る・・この先300mほど先にブレガリアを見渡せる場所がある】 【g718.jpg:マロヤ峠から北を見る・・】

 このマロヤ峠には2001.7.1にも来たのですが、最標高1815mの標識のある場所から約300mほど南に、Val Bregagliaブレガリアの谷を見渡せる場所があります。ブレガリアの谷の右手に、古代ローマ時代から中世に主に使われたSeptimerpassゼプティマー峠方向、さらに右にはPiz Lunghinルンギン岳(2780m)。このすぐ北にあるLunghinPassルンギン峠(2645m)が南のポー川、東のイン川(ドナウ川へ)、西のライン川の3主要流域の分水嶺になっているのです。

Malojapass
【g638.jpg:峠の360度・南西方面:Val Bregaglia、Piz Lizun (2518m)、Septimerpass (2310m)、Piz Lunghin (2780m)、Piz Grevasalvas (2932m)、Piz Lagrev (3165m)、Lej da Segl/Silvaplauna】

Malojapass
【g641.jpg:峠の360度・南東方面:Piz da la Margna (3159m)、Passo del Muretto (2562m)、Pizzi dei Rossi (3027m)、Piz Salacina (2599m)、Val Bregaglia、Piz Lizun (2518m)】

 峠の南東方面には、Piz da la Margna (3159m)、Val Maroxマロッツ渓谷の先のPasso del Muretto (2562m)、Pizzi dei Rossi (3027m)、Piz Salacina (2599m)が見えています。

Malojapass
【g645.jpg:Val Maroxマロッツ渓谷の先にみえるPizzi dei Rossi (3027m)】
ヨーロッパアルプスのハイキング地図
【ヨーロッパ・アルプスのハイキング地図】
  【国別地図】  【日本語ガイド本】

−−−

●セガンティーニの墓地 Sentiero Segantini


 マロヤの村のインフォメーションに立寄ります、これから1週間の散策のための情報収集です。まずこの周辺の詳細地図を買い、そして古代ローマ時代の街道に関する情報と小冊子を入手しました。また山岳峠の開通状況を聞きましたが、ゼプテーマ峠はOK、ルコマーニュ峠はまだ3mほどの雪でクローズとの事でした。

segantini-family
 さらにこの東の林の中に、Giovanni_Segantiniジョヴァンニ・セガンティーニ(1858-1899)の墓地がある事を聞き、そこを訪れます。

 そこに一家の墓地がありGiovanni、妻Bice、子Mario、Gottardo、Albertoの墓石が並んでいます。
セガンティーニ一家の墓地の場所
 ソーリオで「生」を描いたセガンティーニの、3部作の中の「死」の作品の背景の山々は、このマロヤ峠から見える山。南のVal Maroxマロッツ渓谷を見る方向が絵の中心です。
 喪服の婦人達が棺を馬そりに乗せる、雪の朝のシーンです。
 (セガンティーニ美術館のHPへもどうぞ)

Sentiero Segantini
【g648.jpg:セガンティーニ一家の墓地と、セガンティーニ小道の案内板】

−−−

●古代ローマ街道の遺跡


 インフォメーションで聞いた古代ローマの遺跡を見つけるため、ハイキングコースを歩いて峠を下って行きます。そのルートは現在の自動車道路とは大きく異なって、ほぼ東に向かっているのです。

 1812年、オーストリアの技師カール・ドネガニが軍事目的で、西にあるシュプリューゲン峠(2113m)【●峠DB】を整備し、数年後にはこのマロヤ峠、ユリア峠のルートも軍事目的で整備されたといいます。そのとき現在のような南にジグザグに下るルートが出来たのでしょう。

Malojapass Malojapass
【マロヤ峠の地図と上空写真:赤の左上がハイキングコースで、多分古代〜中世のルート。右がセガンティーニの墓地】

 インフォメーションのおじさんは「15分ほど下ったところにある」と言ったのですが、なかなかその場所に到着しません。道に岩が現れているところには、車輪のわだちのような跡もありましたが・・峠道を半分以上下ったでしょうか。かなり急な坂道を30分近く歩いてやっと、その場所に着きました。
Malojapass Malojapass
【g659.jpg:直前の道の岩に、荷車の車輪跡がみえる】 【g664.jpg:遺跡の上の部分には、カーブに沿って岩が削られている】
Malojapass テコ
【片側の岩にはいくつもの穴があり、ここに材木を挿し、テコにして荷車を持ち上げたのだろう】


 大きな岩を下る所に、車輪用のガイドレールと、片側の岩には多分テコで荷馬車を持ち上げるためだろう穴が、幾つも削ってありました。全長約8m、坂の高さは約5m・・。そして脇に「紀元1世紀頃の古代ローマ街道の遺跡」の解説プレートが置いてあります。 ローマ街道の遺跡の場所

 馬、ロバ、人力で荷を運びあげた時代、荷車にたくさんの交易の荷を積んだまま、この急斜面を押して、そして引っ張りあげてよじ登ったのです。この荷役で生計を立てていた人たちが、この峠周辺にかなり多く住んでいたのです。想像するだけで本当に素晴らしいシーン、2000年前の人たちのパワーを感じます。

Malojapass Malojapass
【g661.jpg:この岩を下る所に、車輪用のガイド、右側に多分テコのための穴が幾つも削ってある。長さ約8m、高さ約5m】  【g660.jpg:紀元1世紀頃の古代ローマ街道の遺跡解説】

●案内板の内容:Strada romana ”Malogin”

<イタリア語>
Strada romana ”Malogin”
La rampa del Mologin scoperta nell' anno 1972,dal Sig.Armon Planta di Sent.
・Construito nel primo sec.D.C.
・Larghezza car: 107cm
・Profondita car: 10-15cm
・Pendenza: 25-30%
<La rampa(急斜面の階段/タラップ) del Mologin scoperta(発掘) nell' anno(西暦 年) 1972,dal Sig.Armon Planta di Sent.>
<翻訳:日本語>

古代ローマ街道遺跡”Malogin”
「Mologinマロヤ峠遺跡」の急斜面の階段は、1972年Sent.出身のArmon Planta氏が発見した。
・紀元1世紀頃
・車幅:107cm
・わだちの深さ:10〜15cm
・スロープ:25-30%

ヨーロッパアルプスのハイキング地図
【ヨーロッパ・アルプスのハイキング地図】
  【国別地図】  【日本語ガイド本】
−−−

●日本の鉄道の在来線路巾は、古代ローマの1頭だて荷馬車の規格?・・


 この車輪巾107cmは、日本の鉄道在来線(狭軌)の巾:1067mmと一致しています。

 広軌の1435mmは、古代ローマ帝国の「Chariotチャリオット(2頭引き2輪戦車)」を引く戦闘馬2頭の尻の幅(4フィート8.5インチ)の規格が世界で使われているのです。1頭の馬やロバ、または人がひく荷車の巾にも当然規格があったはずで、多分この値がイギリスでも用いられ、日本の鉄道で採用されたのでしょう。

●鉄道の広軌と、古代ローマの2頭だて荷車の車輪巾


 広軌のゲージは1435mmですが、これは鉄道を最初に敷いたイギリスが導入した規格。それが世界に広まったのです。この4フィート8.5インチは、 「古代ローマ帝国が造った『ローマの道の車輪の幅』から来たもので、Chariotチャリオット(2頭引き2輪戦車)を引く戦闘馬2頭の尻の幅から来たものだそうです。古代ローマの道を移動する2頭だての馬車・荷車は、この戦車と同じ車輪幅で作られたようです。

シャリオットと、2頭だて馬車・荷車
【シャリオットと、2頭だての馬車・荷車】

●石畳と荷車の車輪の溝

Donnasドンナ:アオスタ街道の車輪跡 グラン・サン・ベルナール峠:街道の車輪跡 石畳と車輪ガイドレール
【ドンナ(アオスタ)、グラン・サン・ベルナール峠の車輪跡。石畳と車輪ガイドレール】

 ローマの道には、車道に馬車の二つの車輪の幅に合わせて溝が削られています。これは「磨耗によるわだち」ではなく、「人為的なガイドレール」と推定されます。凸凹の石をフラットになるよう、あらかじめ人力で掘り削り、振動を減らし、道から荷車が飛び出しにくくするための知恵でしょう。

●推定:日本の鉄道狭軌と、古代ローマの1頭だて荷車の車輪巾

1頭だての荷車 わだち
【1頭だて荷馬車。斜面を削ったわだち】

 日本の鉄道狭軌は1067mm(3フィート6インチ)は、『初めて日本に鉄道が敷かれる時招かれたイギリス人技師が、「日本は山地が多く、用地確保と工事の難しさ、コストなどから<少々狭い方が良いだろう>と決めた』とのことです。

 この1067mmはここマロヤ峠の車輪巾と一致している事から、「古代ローマ時代から、山岳地域などの急で狭い街道用の規格として定められた値」と推定されます。


−−−

●たくさんの花たちが・・


 帰り道は、あの急坂を息を切らせながらの登りです。でもお陰でたくさんの花を撮影しながら、ゆっくりと・・

 長く使われなかった峠道、車の排気ガスで汚染されていない場所の花たちは種類も多く、色も鮮やかです。【●峠の花たち

Malojapass
【g711.jpg:黄色系、白系の花】

Malojapass
【g656.jpg:赤系の花】

Malojapass
【g650.jpg:青系、緑系の花】

<関連するサイト>

<近隣のサイト>
http://it.wikipedia.org/【wiki/Passo_del_Maloja:解説】
http://it.wikipedia.org/【wiki/Giovanni_Segantini】
線路の幅【スペースシャトルのブースターロケットの太さも】

<ヨーロッパ・旅・・・>


<関連書籍・地図>

ヨーロッパアルプスのハイキング地図、ガイド洋書  山渓など:日本語編

<関連HOTELなど>

Booking.com【Booking.com:スイス東部のホテル】
【Booking.com:スイス:ザンクト・ガレンのホテル】
【Booking.com:スイス:ValaisのHotel】
【Booking.com:イタリア:コモのHotel】
【Booking.com:オーストリア:ドンビン付近のHotel】【Booking.com:リヒテンシュタインのHotel】
hotel 海外ホテル予約

●スイスのワイン検索

<シルス湖〜シルヴァプラーナ湖に沿って・・>
ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る この旅のtopへ戻る 前ページに戻る 次のページへ

EU-Alps 峠の茶屋・掲示板:
EU-ALPS.com


質問などありましたら eualps@gmail.comへどうぞ。
Google
WWW検索eu-alps.com内検索