ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る この旅のtopへ戻る 前ページに戻る 次のページへ English-Translation-site Google-Translate count

ハンニバルの通過ルート候補
【ハンニバルのアルプス越え:下から最有力な「トラヴェルセッテ峠ルート」、次の候補「クラピエ峠ルート」、以前候補に挙がった「小サンベルナール峠ルート」「大サンベルナール峠ルート」】

ハンニバルはこのルートを通ったか?(1)
 Mont du Chatモン・デュ・シャ山

1500m以上の峠なので、まずは現地に行かなければ・・【●峠DB

フランス:Rhone-Alpesローヌアルプス地方(73Savoie県)】[北村 峠一].(Kitamura)      

●紀元前218年10月中旬・・


 ハンニバルのカルタゴ軍4万5千と象34頭が、このフランス東部の山岳地帯を進軍していました。そして半数ほどの兵を雪の降り出したアルプス越えで失ったにもかかわらず、ローマに向かったことは歴史上実際にあったことなのです。

アルプスを越えるハンニバル
【アルプスを越えるハンニバル:Wikipedia
 この興味のある事実を2200年以上もの間、たくさんの人が研究し、峠を追いかけていた私も5年前(2002年)の旅で、最有力とされる「トラヴェルセッテ峠ルート」を調査し、さらに第二有力候補の「クラピエ峠 付近」にも立寄ってみたのです。

 多くの歴史家のアルプス越えの推測ルートの中には、「小サン・ベルナール峠ルート」や「大サン・ベルナール峠ルート」もあるのです。

 今回の旅で、その「小サン・ベルナール峠ルート」の途上にある「モン・デュ・シャ山」と「シャンベリー」に立ち寄ってみようと思った理由は、

 下表のように複数の歴史家たちの推測の中に、この地名が何度も出てくるからなのです。
 さらに地図で判るように、最有力以外の3つのルートが、この山と町付近で極めて接近していることで、何かのアイディアがつかめるかと期待しました。
 また最後の決め手は、「モン・デュ・シャ(1504m)」の山道が、私の目標とする1500m以上の峠だからなのです。

●モン・デュ・シャ峠、シャンベリーのルートを推測した記述者と内容 (★太字はこの周辺)

1)記述者と発表年、2)川の名、3)登り始め、4)敵の町、5)進攻ルート、6)イタリアに出る峠
○1)J・A・ド・リュック(1818年)、2)イゼール川、3)★モン・デュ・シャ峠、4)レマンク、5)ウィーン〜サン・ジュニー〜ル・ブージェ〜★シャンベリー〜タランテーズ、6)小サン・ベルナール峠
○1)G・Lウィッカム+J・Aクライマ(1820年)、2)イゼール川、3)★モン・デュ・シャ峠、4)★ブールジェ湖、5)ブルゴワン〜★シャンベリー〜タランテーズ〜、6)小サン・ベルナール峠
○1)W・Jロー(1866年)、2)イゼール川、3)★モン・デュ・シャ峠、4)★ボルドー、5)ウィーン〜ブルゴワン〜★シャンベリー〜タランテーズ〜、6)小サン・ベルナール峠
○1)T・Aドッジ(1891年)、2)イゼール川、3)★モン・デュ・シャ峠、4)-、5)ウィーン〜★シャンベリー〜タランテーズ〜、6)小サン・ベルナール峠
■出典:Gavin de Beerギャヴィン・デ・ビーア 『ALPS and ELEPHANTSハンニバルの象』時任生子訳:博品社(p.135-138)
−−−

●Bourgetブールジェ湖から山を眺めると・・


 泊った宿のすぐ近くが「敵の町」Bourgetブールジェ湖。その湖岸からは「Mont du Chatモン・デュ・シャ猫山(1504m)」「Dent du Chat猫の歯岩(1390m)」が、右の鞍部には「Col du Chat猫峠(638m)」が見えています。この山の東側は、褶曲した断層が続き、この山の横断が容易でないことを示しています。
ブールジェ湖
【h506ed.jpg:Bourgetブールジェ湖から見る右側がエクス・レバン】

ブールジェ湖から西を
【h504d.jpg:Bourgetブールジェ湖から見る「Mont du Chat猫山」「Dent du Chat猫歯岩」、右の鞍部が「Col du Chat猫峠」】

猫山・猫歯岩
【v521.jpg:Bourgetブールジェ湖から見えるモンデュシャ山のTV塔と、Dent du Chatデント・デュ・シャ猫の歯岩】

モン・デュ・シャ山
【h510ed.jpg:Mont du Chatモン・デュ・シャ山の見事な褶曲の断層】
−−−−−−−−−

●Bourdeauボルドー村とCol-du-Chatシャ峠=猫峠(638m)


 宿を出発して20分ほどで、Col-du-Chat猫峠の手前のカーブ(600mほど)に差し掛かります。雲が走る合間に見えるブールジェ湖(海抜231m)は神秘的。湖畔に見える(別の人が推測した)「敵の町」Bourdeauボルドーの家々、砦も見下ろせ、ハンニバルの時代にも栄えていただろうことは推測できます。
シャ峠に向かう峠道
【v309.jpg:シャ峠に向かう峠道とブールジェ湖】

シャ峠に向かう峠道
【d562.jpg:シャ峠途中(約600m)から見下ろすブールジェ湖(海抜231m)と村々はガスがかかっている。ここは敵の町候補】

今回走ったルート
【今回走ったルート:〜Col du Chat峠〜Yenne〜〜Montdu Chat展望台〜Chambery】
ブールジェ湖岸に砦
【v317.jpg:ブールジェ湖岸に砦が見える。ここも敵の町だ】

Col集落
【d564e.jpg:シャ峠のCol村】

シャ峠
【v338.jpg:Col-du-Chatシャ峠(638m)】

シャ峠
【v974.jpg:シャ峠638m】




−−−

●象のマークが早速

 この低いCol-du-Chatシャ峠(638m)【●峠DBへ】を降りて・・


 Yenneイェンヌの町に入ったとたん、何とすぐに象のマークを見つけてしまったのです。
「これはきっとハンニバルに関係する展示場だろう!」と。
 でもその先にあったのは・・

St.Jean de Cheveluが終わり
【v339.jpg:峠の西:St.Jean de Cheveluが終わり】

Yenneの町
【v348.jpg:Yenneの町に入る。象のマークが・・SOFLOGとは何?】

Soflog社のマーク

象のマーク・・SOFLOG とは

SOFLOG-SOFEMBALは、従業員2000人ほどを有するフランスの物流・包装工業会社で、国際的にも展開している企業。

・このロゴすごいですね。地球の直径は地球の直径は約1万3000km、その比率から推定するとこの象の身長(足から頭の上まで)は約3万km。地球と月の距離は約38万kmといいますから、あの鼻から勢いよく水を吐き出したら、月に届くかもしれませんね。
 残念ながらそこは工場群で、「象のマーク」も物流系の大手の会社だという「SOFLOG社」のロゴ。ハンニバルには無関係でした。

−−−−

●Yenneイェンヌの街はローヌ川にも面して・・


 Yenneイェンヌの旧市街、その中心広場は朝市が開かれ通行止め。回り道をした先には直ぐにローヌ川にかかる橋の元に出ました。

 川に沿って1-2km走ってみましたが、渓谷の間をジュネーブから流れ出した青い大ローヌ川がとうとうと流れています。ここが「小サンベルナール峠ルート」と「大サンベルナール峠ルート」の接点の村なのです。



●Yenneイェンヌ

<関連サイト>
http://www.mairie-yenne.fr/accueil.html【町のガイド】
http://www.yenne-tourisme.fr/【観光ガイド】

●イェンヌはスペインのサンチャゴ・デ・コンポステーラに向かう、聖ヤコブの街道にある歴史ある町。猫の歯岩(Dent-du-Chat1390m)とローヌ川の間に位置し、古くからのサヴォワのブドウ園もある。

<市街地図>
Yenneの街
【Yenneの市街と左上ローヌ川】

<上空からのローヌ川>
橋と谷はローヌ川の渓谷
【ローヌ川と橋:町の広報より】
Yenneの旧市街
【v354.jpg:Yenneの旧市街に入り】
Yenneの旧市街
【v360.jpg:Yenneの町は市の最中で車は入れない】
橋と谷はローヌ川の渓谷
【v371.jpg:町の外を回って反対側に出ると・・町は終わり・・ローヌ川にかかる橋

 さらにこのYenneは、ジュネーブからLe-Puyレ・ピュイ、さらにスペインのサンチャゴ・デ・コンポステーラに向かう巡礼の街道でもありました。
 スイスから続く「巡礼の道:聖ヤコブの街道」については、また旅の半ばに訪れるスイス:黒マリアのいるアインジーデルン教会のところで紹介します。

 山に沿って南下し、西側からモン・デュ・シャ山へのジグザグの細い道を登って行きます。途中にあったのは静かなMeyrieux trouetメイリュ−ル・トルエ村の役場と農家、そして道のかたわらの素朴なマリア像、それ以外は牧草地と森だけ。

Meyrieux trouet
【v378e.jpg:南の村に回り】

Meyrieux trouet
【v385.jpg:東に見えるMont du Chatモン・デュ・シャ山を登り始める】

Mont du Chat
【h490.jpg:Mont du Chatモン・デュ・シャ山展望台:1504m】
Meyrieux trouet
【v399.jpg:中腹で出合った、岩の上に立つマリア像】
−−−−

●Belvedere du Mont-du-Chatモン・デュ・シャ山展望台(1504m)


 Belvedere du Mont-du-Chatモン・デュ・シャ山展望台(1504m)に到着。【●峠のDBへ
 麓の湖からも見えた大きなTV塔がそびえ、頂上のレストランもこれからはじまるシーズンや、週末のための準備を始めているところ、観光客は誰もいない本当に静かな山頂です。

Mont du Chat
【v408.jpg:Mont du Chatモン・デュ・シャ山に立つTV塔(1504m)】

 残念ながら霧が深く展望が利きませんが、周囲にはたくさんの種類の花が見つかります。【●花の図鑑へ

Mont du Chat
【h488e.jpg:モン・デュ・シャ山も花が豊か:バラ科、キンポウゲ科オダマキ属、キク科ノコギリソウ属、?、ナデシコ科、ハマウツボ科寄生植物】

Mont du Chat
【h489e.jpg:モン・デュ・シャ山の花:フウロソウ科、キンポウゲ科、トウダイグサ科、フウロソウ科】

Mont du Chat
【v418.jpg:Mont du Chatモン・デュ・シャ山の西側にこんなパノラマ図があったが・・ガスで何も見えない。と思ったらこれは東側、Lac du Bourgetブールジェ湖の風景だった】

 山頂からの遠景は雲で見えず、パノラマ図で想像するだけだったのですが、下るに従い遠くまで見通しがきき始め、昼のパンを食べながらハンニバルの大軍が移動している様子を想像します。

Mont du Chat
【d568e.jpg:Mont du Chatモン・デュ・シャ山から見下ろすBourgetブールジェ湖とエクスレバン・空港】
−−−
Mont-du-Chatを通過するルート
【Mont-du-Chatを通過するルートを西上空から見る。遠方にフランス:イタリア国境がある。
緑色:大サン・ベルナール峠ルート、黄色:小サン・ベルナール峠ルート、青色:クラピエ峠ルートがこの付近で交差する。(画像はGoogle-Earthを元に作成)】

●ハンニバル軍はモン・デュ・シャ山は通過しなかった?


 この先シャンベリーに下るのですが、私はハンニバル軍はこのモン・デュ・シャ山のルートは通過しなかっただろうと感じたのです。

 過去の何人もの歴史家が、この山周辺を通過ルートとして選んだその理由を、私はこう考えます。

・「最初に襲撃を受けた場所・・獰猛な山岳族アプロゲスに待ち伏せされ、2700人あまりの兵と8頭の象が死ぬほどの被害を受けた場所」が、見通しのいいイゼール川や、ローヌ川沿いには見つけられなかったために、わざと道を間違えさせ、進路をさえぎるこの山の麓に来させたのではないだろうか。

・しかしこの付近を通過したとすれば、ハンニバルは兵の消耗が少ない低い鞍部、先ほど通ったシャ峠(638m)を選んだでしょう。そしてその付近には、ハンニバル軍数万の兵を誘き寄せ、閉じ込め、多数の被害を出せるような地形はないことを、彼ら歴史家は現地を見ていないために判らなかったのでしょう。

 やはり私は、トラヴェルセッテ峠ルートの、断崖の下を行軍せざるを得ず、崖の上からの攻撃を受けやすい地形の「ガ渓谷」「グリモーネ峠」のほうに、はるかに説得力を感じるのです。


●この山の真下に、水路トンネル発見・・


 Google-Mapsを見ていたら、この山の真下を通る斜めの線、「ブルジェ湖をバイパスする水路トンネル」を見つけました。湖に注ぐ川「レイス川」で取水(海抜約320m)し、トンネルで西の「ローヌ川」(海抜約200m)につなげています。

 「Galerie d'Assainissement du Lac du Bourget:ブルジェ湖浄化地下道」
 名前から推測すると、ブルジェ湖の水質環境を改善するためのトンネル。シャンベリーの都市で排出される汚水を浄化したあと、ブルジェ湖に流さず、トンネルでバイパスしローヌ川に流す工事のようです。


より大きな地図で 2007Tr-avel-R-oot-Po-int を表示

http://www.chambery-metropole.fr/【ブルジェ湖汚染対策50年の歴史】
http://www.cisalb.com/

<関連サイト>

http://fr.wikipedia.org/【La Chapelle-du-Mont-du-Chat:Wikipedia情報】
http://www.geol-alp.com/【Mont-du-Chat:地質構造など】
http://www.cyclos-cyclotes.org/montchat.html【Mont-du-Chat:サイクリスト用の勾配データなど】

<フランス・ワイン>

フランス ワイン検索

<関連HOTELなど>

Last minute hotel reservation!【Rates-to-Go:直前格安ホテル】  ○エクスレバンのHotel  シャンベリーのHotel
hotel【Hotel-Club:フランスのホテル:地図から検索】  ○エクスレバンのHotel  ○シャンベリーのHotel
hotel ■海外ホテル予約

<シャンベリーは? ハンニバルと象は通過した? ・・>
ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る この旅のtopへ戻る 前ページに戻る 次のページへ

EU-Alps 峠の茶屋・掲示板:
EU-ALPS.com


質問などありましたら eualps@gmail.comへどうぞ。
Google
WWW検索eu-alps.com内検索