ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る 峠indexへ戻る [峠マルチIndex]/[1位]/ [10]/ [20]/ [30]/ [40]/ [50]/ [60]/ [70]/ [80]/ [90位]/ [1000m未満]/ [歴史/登山峠]/[トンネル]/ [解説]/[アルプスと歴史]/ [街道]/ [鉄道]/
[LINK/FAQ/情報提供] [聖人]/

St.Roch/聖ロック/聖ロッシュ/聖ロッチ     


Saint Roch .(http://saints.sqpn.com/saintr06.htm)

Saints:聖人名

 St.Roch/聖ロック/聖ロッシュ/聖ロッチ
 別名:Roccoロコ、 Rochusロクス、 Rockロック、 Rolloxロレックス、 Roqueロック


●守護:
  choleraコレラ、epidemics流行病/伝染病、knee problemsひざの問題、
  plague疫病/コレラ、skin diseases皮膚病、skin rashes吹き出物発疹、犬など
  Albaredo d'Adige, Italy・・Balzolaなど

・中世においてロクスは、伝染病よけの保護の聖人として、最も有名な聖人であった。
・彼の絵は犬といっしょに描かれている。
・記念日:8月16日


本人の歴史/言い伝え

  歴史・推測・感想など=
・誕生:1295年:フランス・Montpellierモンペリエ
・死去:1327年:Montpellierモンペリエ or Angleriaアングレリア(?北イタリアロンバルディア州Angeraアンジェーラ/北西フランスの旧アンジュー州アンジェール)
  <1340年頃-1378年の情報がある>
  <1350年ごろ-1378年ごろの情報もある>


http://saints.sqpn.com/saintr06.htm【Saint Roch】
・Profile
French noble who early developed a sympathy for the poor and sick; reported to have been born with the image of a red cross on his breast. Orphaned at age 20, he gave his fortune to the poor, and became a mendicant pilgrim; may have been a Franscican tertiary. While on pilgrimage Roch encountered an area afflicted with plague. He stayed to minister to the sick, and affected several miraculous cures, usually by making the sign of the cross over them, but contracted the plague himself. He walked into a forest to die, but was befriended by a dog. The dog fed him with food stolen from his master's table, and Roch eventually recovered. When Roch returned to Montpellier, France, he was arrested for being a spy. He languished in jail for five years, never mentioning his noble conections, cared for by an angel until his death.
<excite.co.jp翻訳>
プロフィール:
貧乏人への共感が早く展開したフランス人の貴族と病人; 彼の胸で赤い十字のイメージで生まれたと報告されます。 彼は、彼の財産を貧乏人に与えて、乞食の巡礼者になりました20歳のときに孤児にされて、; Franscican第三であったかもしれません。 Rochは巡礼の旅のときに疫病で苦しめられた領域に遭遇しましたが。 彼は、通常、それらの上で十字を切ることによって、大臣に病人にとどまって、いくつかの奇跡的な療法に影響しましたが、自分で疫病にかかりました。 彼は、死ぬように森林に入りましたが、犬によって助けられました。 食物が彼のマスターのテーブルから盗まれて、Rochが結局回収されている状態で、犬は彼に食べさせました。
Rochがモンペリエ(フランス)に戻ったとき、スパイであるので、彼は逮捕されました。 死ぬまで天使によって保護されていた彼の高貴なconectionsについて決して言及しないで、彼は5年間刑務所に苦しみました。

−−−−−−−−−−−
http://www.catholic.org/saints/saint.php?saint_id=156
St. Roch
Feastday: August 16

Untrustworthy sources say he was probably born at Montpellier, France, son of the governor there. He was orphaned when he was twenty. He went on pilgrimage to Rome and devoted himself to caring for the victims of a plague that was ravaging Italy. He became a victim himself at Piacenza but recovered and was reputed to have performed many miracles of healing. On his return to Montpellier, he was imprisoned for five years as a spy in pilgrim's disguise when his uncle, who was governor, ordered him imprisoned (His uncle failed to recognize him, and Roch failed to identify himself.) Roch died in prison and was only then identified as the former governor's son by a birthmark in the form of a cross on his chest. Another biographer says that he was arrested as a spy at Angers, Lombardi, and died in prison there. When miracles were reported at his intercession after his death, a popular cult developed and he is invoked against pestilence and plague. He is also the patron of invalids. He is known as Rocco in Italy and Roque in Spain. His feast day is August 16th.

St. Roch
Feastday: 8 月16 日

信頼できない情報筋は、彼がたぶんそこでモンペリエ(フランス)、知事の息子で生まれたと言います。 20歳であったときに、彼は孤児にされました。 彼は、ローマに諸国行脚に出かけて、イタリアを荒らしていた疫病の犠牲者を保護しているのに専念しました。 彼は、ピアチェンツァで犠牲者自身になりましたが、回復して、回復の多くの奇跡を実行したために評判でした。
彼のおじ(知事であった)が、モンペリエへの彼の帰りのときに彼を投獄するよう命令したとき(彼のおじは彼を見分けないで、またRochは自分の身分を証明しませんでした。)、5年間、彼はスパイとして巡礼者の変装で投獄されました。 元知事の息子として彼の胸の上で十字の形の母斑によって特定されて、Rochは獄中で死んで、その時にすぎませんでした。 別のバイオグラファは、彼がアンジェのスパイ、ロンバルディア人として捕らえられて、そこで獄中で死んだと言います。
奇跡が彼の死の後に彼の仲裁で報告されたとき、ポピュラーなカルトは発展しました、そして、彼は疫病と疫病に対して呼び出されます。 また、彼は病人の後援者です。
彼はイタリアのロッコとスペインのロッキとして知られています。 彼の祝宴の日は8月16日です。

http://www.wilsonsalmanac.com/book/aug16.html
On August 16, 1378 (some sources give other dates), a prison guard found San Rocco at the point of death, and the dungeon illuminated with a blue light radiating from his body.
1378年8月16日(何人かの情報筋が他の日付を与える)に、刑務所護衛官は、サンがロッコであることが死に瀕してわかりました、そして、青い光が彼の身体から広がっていて、土牢はイルミネーションを施しました。

→ ●ここには、1378年8月16日に亡くなったのではとの情報もある。
http://www.newadvent.org/cathen/13100c.htm
In 1414, during the Council of Constance, the plague having broken out in that city, the Fathers of the Council ordered public prayers and processions in honour of the saint, and immediately the plague ceased. His relics, according to Wadding, were carried furtively to Venice in 1485, where they are still venerated. It is commonly held that he belonged to the Third Order of St. Francis; but it cannot be proved. Wadding leaves it an open question.
コンスタンスのCouncil、その都市の疫病有壊れているアウトの間の1414年にファーザーズthe協議会そして規則正しい公共の 祈り。行列 聖者の 名誉と、すぐに、疫病はやみました。 Waddingによると、彼の 遺物は運ばれました。ひそかに1485年の ベニスに。(そこでは、それらがまだ 尊敬されています)。 彼が Third Orderに属したと一般的に主張されます。セントフランシス; しかし、それを 立証できません。. 詰め物はそれを未決問題に残します。


−−−
deathpic
Pestilence_spreading

●ペスト(黒死病、Pest、Bubonic Plague)

 ペストが全ヨーロッパに大流行した最初は、542年から543年にかけてローマ帝国の時代。

 以降ペストは西ヨーロッパから姿を消していたが、アジアで流行していたペストが東西交易ルートに乗り西に進んできて、ヨーロッパでは1347年10月イタリア・メッシーナに上陸。貿易船によって運び込まれたネズミに寄生する(毛皮についていた)ノミにペスト菌はついていたとされる。この1351年頃まで続いた大流行で、全人口の三割が命を落とした(4283万6486人:ローマ法王庁の記録)といわれる。

 14世紀末まで3回の大流行と多くの小流行を繰り返し、猛威を振った。

・聖ロックが「ペスト治療で奇跡を起こした」といわれるのは20歳(1315年)以降、死去が1327年なので、その頃にもペストは部分的に発生していたのか?
別情報の1350〜1378年に生きていたとしても、巡礼時にはすでにペストは治まっている。

・→●各地でペストが発生したとき、彼の聖遺物で祈りをすることで、疫病が止んだ。以降各地で彼の聖遺物を崇めるようになった。
 ・・どうやらこれが各地の名前になっている原因と推測できる。






【フランス、イタリアで、St Roch/San Rocco地名の分布図。赤はアオスタ、テゼロ村】
【広範囲に広がり、ペストの流行地ともかなり重なる】

●Place:聖人の地名のつく場所・地名・教会・礼拝堂

 (1)St.Rochサン・ロック、位置=It:(64-Gf74):アオスタ県クールマイユール付近、集落名
St.Roch
 (2)S. Rocco聖ロコ礼拝堂、位置=It:(54-Mc71):トレント県、Teseroテゼロ村の教区教会に隣接の礼拝堂
St.Rocco
 (3)Saint-Rochサン・ロック、位置=Fr:(61-Fe76) 県、村名:グルノーブルの北30km
 (4)Saint-Rochサン・ロック、位置=Fr:(75-Ge80) 県、村名:サンヴェランの西10km
 (5)San Roccoサン・ロコ、位置=It:(34-La69) 県、村名:リビーニョ
San Rocco-Cadarese  (6-1)San Rocco-Cadareseサン・ロコ・カダルゼ、位置=It:(50-Ic71) 県、村名:ドモドッソーラの北20km
 (6-2)San Roccoサン・ロコ、位置=It:(50-Ib72) 県、村名:ドモドッソーラの南10km
 (7)San Roccoサン・ロコ、位置=It:(52-La71) 県、村名:アプリカの北
 (8)San Roccoサン・ロコ、位置=It:(54-Mc74) 県、村名:グラッパの西30-40km
 (9)San Roccoサン・ロコ、位置=It:(56-Nf71) 県、村名:Udineの北西30km
 (10)San Roccoサン・ロコ、位置=It:(69-Lc76) 県、村名:ガルダ湖南西20km
 (11)San Roccoサン・ロコ、位置=It:(69-Lf75) 県、村名:ガルダ湖東20km
 (12)San Roccoサン・ロコ、位置=It:(69-Ma75) 県、村名:ガルダ湖東40km
 (13)San Roccoサン・ロコ、位置=It:(77-Hf79) 県、村名:Torino南東40km
 (14)San Roccoサン・ロコ、位置=It:(77-Hf80) 県、村名:Torino南東50km
 (15)San Roccoサン・ロコ、位置=It:(78-Ib80) 県、村名:Alessndoria南西40km
 (16)San Roccoサン・ロコ、位置=It:(78-Ic80) 県、村名:Alessndoria南西30km
 (17)San Rocco Cadareseサン・ロコ、位置=It:(50-Ic71) 県、村名:Giacomo峠への渓谷
 (18)San Rocco di Bernezzoサン・ロコ、位置=It:(85-Hc82) 県、村名:クネオの西10km

http://www.viamichelin.co.uk/【ItalyのSan Rocco地名:約50箇所】  →右上の分布図参考:複数地図の合成
http://www.viamichelin.co.uk/【FranceのSan Rocco地名:31箇所】  →右上の分布図参考:複数地図の合成
http://www.viamichelin.co.uk/【SwissのSan Rocco地名:Bellinzona北20km:1箇所】
http://www.viamichelin.co.uk/【ItalyのSt Roch地名:アオスタ西5km:1ヶ所】
http://www.viamichelin.co.uk/【FranceのSt Roch地名:38ヶ所】  →右上の分布図参考:複数地図の合成
  【SwissのSt Roch地名0なし】

●Fiesta of St.Rocco

・イタリア系のお祭りで、セント・ロコ(St. Rocco)を祭る。
http://www.srocco.org/AboutUs/CARDINALGEORGEp1.dsp
http://www.sanrocco.org/【SAN ROCCOのStories】


ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る 峠indexへ戻る [峠マルチIndex]/[1位]/ [10]/ [20]/ [30]/ [40]/ [50]/ [60]/ [70]/ [80]/ [90位]/ [1000m未満]/ [歴史/登山峠]/[トンネル]/ [解説]/[アルプスと歴史]/ [街道]/ [鉄道]/
[LINK/FAQ/情報提供] [聖人]/

St.Roch/聖ロック/聖ロッシュ/聖ロッチ     


ヨーロッパアルプスのハイキング地図
【ヨーロッパ・アルプスのハイキング地図】
  【国別地図】  【日本語ガイド本】
AXcount