ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る  花のtopへ戻る花indexcount
花マルチIndex      1bit解説

Silene dioicaシレネ・ディオイカ(ナデシコ科)

(r0430):・・同じ属:w0160 w0480 w0890 r0950 r0430 r0050 w1020 r0100

(葉の色・形などが、このr0430と、r0050が異なる)

a1マリアツェル  a4アヴェルス渓谷:ユーフ  a5Gargallentalガルゲレン谷  a5Gargallentalガルゲレン谷 
−−−
類種?(花びらの切れ込みなし) ⇒・Saponaria ocymoidesかも?
a3ヴィーゾ小見晴台  a2モンテヴィーゾ  a2モンテヴィーゾ 

    (番号は撮影場所、映像はクリックで拡大)
0.
  (このr0430がSilene dioicaシレネ・ディオイカの原種で、r0050は亜種らしい)

1.学名 (図鑑名と掲載Page):
  Silene dioicaシレネ・ディオイカ(スイスPG:p76)(花訪:p21)

2.科、属:
 ナデシコ科(Caryophyllaceae) マンテマ属(Silene)/フシグロ属(Melandrium)
   属名の意味は「紅色」、花弁の色を表す。マンテマ属はさく果が3室に分かれ、それに対してフシグロ属は1室という違いがある。(スイスPG:p76)

3.仏名/伊名/独名/英名 (図鑑名と掲載Page):
 仏:Compagnon rouge (Fleurs:p124)
 伊:Silene dioica (Fiori Selvatici:p24)
 独:
 英:Red campionレッドキャンピオン

4.類似の日本の花名/一般的カナ名 (図鑑名と掲載Page):
  フクロナデシコ (樹木図鑑:p )(日本の野草:p )

5.花の時期、特性など:
 ・花期:5-9月
 ・高さ:30-90cm
 ・花弁数:5
 ・花びら形状、切れ込みなど多種・仲間が多い(花訪)
 ・a2:ムシトリナデシコとして園芸品種となっているものに近い仲間。道端や牧場などでよく見られます・・Kondoさん情報提供
 ・花には雄花と雌花があり、ハチやハエによって受粉される。
 ・葉:披針形で有毛。茎上部の葉は無柄。
 ・花:雌雄異株。花弁は鮮やかな紅ピンク色の高杯形で縁が5深裂し、さらにそれぞれ中・浅裂する。萼は5裂し、赤身をおびる。(スイスPG:p76)



A.撮影場所(紀行リンク)、日、海抜m【●近隣峠、渓谷DBリンク】:
 a1:マリアツェル:Burgeralpeビュルガーアルプ山(オーストリア:シュタイアーマルク州)、2006.6.20、海抜:約1200m 【●峠DB
 a2:Petit Belvedere du Visoヴィーゾ小見晴台(フランス:プロヴァンス・アルプスCD地方)、2002.6.19、海抜:約1700m 【●峠DB
 a3:Petit Belvedere du Visoヴィーゾ小見晴台(フランス:プロヴァンス・アルプスCD地方、オートアルプ県)、2007.6.17、海抜:約1800-2000m 【●峠DB
 a4:Aversアヴェルス渓谷:Jufユーフ(スイス:グラウビュンデン州(GR))、2009.6.22、海抜:2100〜2200m 【●近隣峠・谷DB
 a5:Gargallentalガルゲレン谷(オーストリア:フォアアールベルク州)、2011.6.29、海抜:約1520m 【●近隣峠・谷DB


B.この花を掲載しているサイト:
 ○http://www.robsplants.com/
 ○http://www.plant-identification.co.uk/
 ○http://www.botanic.jp/【レッドキャンピオン 】
 ○http://davesgarden.com/


C.
 

●旅行中に撮影した花の写真をもとに、図鑑などから分類・整理しています。
ご意見・お問い合わせなど「Eu-Alps峠の茶屋・掲示板」 EU-ALPS.com  旅のGET旅のGET


Copyright © 1996- Kitamura All Rights Reserved.

ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る  花のtopへ戻る花index
花マルチIndex      1bit解説