ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る  花のtopへ戻る花indexcount
花マルチIndex      1bit解説

Lathyrus latifoliusラティルス・ラチフォリウス(マメ科 レンリソウ属)

(r0210)・・同じ属:r0210 r0920


a1Brides-les-Bainsブリッド・ド・バン  a1Brides-les-Bainsブリッド・ド・バン 


    (番号は撮影場所、映像はクリックで拡大)
0.同定検討パラメータ:
(r0210)Lathyrus latifoliusラティルス・ラチフォリウス(マメ科 レンリソウ属)を対比
(r0920)Lathyrus odoratusラティルス・オドラトゥス/スイートピー(マメ科 レンリソウ属)を対比
(r0750)Ononis rotundifoliaオノニス・ロツンディフォリアも花形状類似?
(b0070)Vicia sepiumビキア・セピウムとは花の形・色若干類似、葉の形異なる。

Google 【本サイト内検索】

wwweu-alps.com内
1.学名 (図鑑名と掲載Page):
 Lathyrus latifoliusラティルス・ラチフォリウス (スイスPG:p )(花訪:p )

2.科、属:
 マメ科(Fabaceae) レンリソウ属(Lathyrus)

3.仏名/伊名/独名/英名 (図鑑名と掲載Page):
 仏:Pois de senteur vivace (Fleurs:p )?
 伊: (Fiori Selvatici:p )
 独:
 英:Perennial Pea/Perennial sweet pea

4.類似の日本の花名/一般的カナ名 (図鑑名と掲載Page):
  ヒロハノレンリソウ(広葉の連理草)、宿根スイートピーなどの名で日本でも市販。 (日本の野草:p )

5.花の時期、特性など:
 ・花期:5-8月
 ・高さ:草丈20-50cm、蔓長数m、花径3-4cm
 ・花弁数:蝶形
 ・花色:赤、桃、白。
 ・ヨーロッパ(シチリア島)原産の多年草。
 ・全体が無毛。葉は2小葉で頂部に巻きひげを出して他の植物に絡みつく。(茎に翼があり、葉は幅広い托葉と一対の小葉がある)
 ・幕末の頃に渡来、北海道や本州の一部で野生化している。

 <参考>スイートピー(Lathyrus odoratusラティルス・オドラツス)ジャコウレンリソウ/ジャコウエンドウ/ sweet pea ・・ マメ科 レンリソウ属: 花期3-6月、草丈20-50cm、蔓は3m、イタリア・シチリア島原産で幕末の頃に渡来。花色は赤、桃、白、青、紫など。色鮮やかな蝶のような花が次々に咲く。一年草<EKHの花図鑑


A.撮影場所(紀行リンク)、日、海抜m【●近隣峠、渓谷DBリンク】:
 a1:Brides-les-Bainsブリッド・ド・バン(フランス:73サヴォワ県)、2010.6.29、海抜:約950m 【●近隣峠・谷DB
 a2:Puy-St-Vincentピュイ・サン・ヴァンサン(1800)(フランス:05H-アルプス県)、2010.6.22、海抜:約1800-1400m 【●近隣峠・谷DB
 a3:La-Rocheロシュ〜Montagnyモンタニ(フランス:73サヴォワ県)、2010.7.1、海抜:約1050m 【●近隣峠・谷DB


B.この花を掲載しているサイト:
http://luirig.altervista.org/【lathyrus_latifolius】
http://luirig.altervista.org/【lathyrus_odoratus】
日本の植物たち:「ヒロハノレンリソウLathyrus latifolius」
http://en.wikipedia.org/
http://had0.big.ous.ac.jp/
EKHの花図鑑

C.
 (r0210)・・

●旅行中に撮影した花の写真をもとに、図鑑などから分類・整理しています。
ご意見・お問い合わせなど「Eu-Alps峠の茶屋・掲示板」 EU-ALPS.com  旅のGET旅のGET


Copyright © 1996- Kitamura All Rights Reserved.

ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る  花のtopへ戻る花index
花マルチIndex      1bit解説