ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る この旅のtopへ戻る 次のページへ count
KLMお得な特別運賃

Wachauヴァッハウ渓谷:Krems-Goettweigクレムス・ゲトヴァイヒ・・

 ワイン農場に泊まり、いくつものホイリゲと、ハーブ園と、世界遺産・・などをまわり、暴れドナウ川を感じたり・・の3日間

オーストリア:ニーダエスタライヒ州】[北村 峠一].(Kitamura)      


【f0265:クレムス渓谷:フルト・ゲトヴァイヒ村のホイリゲ】

●旅start〜宿到着まで・・


・2015/6/04(木)夜:Haneda→ParisCDG→


【f0240:ベルヒデスガーデンあたりの山か? 雪がまだかなり残っている】


 ⇒6/05(金)朝:Wien-Flughafenウィーン国際空港着。長い空港内を延々と歩いて・・荷物がなかなか出てこない。

 ⇒プリペイドSIMを購入するも、スマホと相性悪いのか? 時間かかるが結局動かず 。

 ⇒レンタカー借りる。「シュコダ」
  ・・不明点多し・・理解に時間かかる。傘下だったことから、もしかすると例の「フォルクスワーゲンの二酸化炭素排出量不正」にかかわる車だったような気がする。

より大きな地図で 2015年の旅ルート を表示

 ⇒試運転を兼ねFischamend-Markt(反対方向だが)まで行って昼食

【f0258:本日のメニュー:タラのフライ、サフランライス、スープ・・うまい】

 ⇒Krems-Goettweigクレムス・ゲトヴァイヒに向かって・・

 カーナビなし、ちょっと古い地図だけでの大都会の通過!!
 ウィーン市内を突っ切る高速道路のルートに挑戦しましたが、まさに迷路。

 何度も迷い、途中で降り、また挑戦・・なんとか郊外に出て順調に走ったのですが・・
 今度は全然違う村に・・
 道を聞いて初めて、ドナウ川に地図にない新しい橋が開通していたことを知ったのでした。

KLM:お得な特別運賃
−−−

hotelFurth/Goettweigゲトヴァイヒの宿(Nieder-Osterreichニーダ・エスタライヒ州)・・


 今年の旅の最初の目的地は、ウィーンの東約70km、ドナウ川に沿ったKremsクレムス。
その近郊に知人がいるので・・ まず3泊・・ 宿に荷を置き・・


 【Weinhofワイン農場の一角にあるペンション】


【テラスからはドナウ川・クレムス方面の風景が見え、町のお祭りの花火も見えました】


−−−

●Kremstalクレムス渓谷--Furth/Goettweigゲトヴァイヒ (ニーダエスタライヒ州)・・


 早速村のHeurigeホイリゲで新酒を数杯・・さらに次の店に梯子・・自家製のワイン、自慢の新酒、なんといっても安い・・おいしくて・・酔いました。


【f0264/f0265:白ワイン数種、シュニッツェル、クヌーデル、ザワークラウト・・】

http://www.wachau-heurigen.at/【Wachauer-Heurigenヴァッハウ渓谷のホイリゲ】



より大きな地図で 2015年の旅ルート を表示
−−−

●近郊のハーブ園 ・・


 翌日、オーストリアでも有数という Schaugartenシャウガルテンの「Arche Noahアルヒェ・ノア」ハーブ園へ・・
Schaugarten-Schiternの「Arche Noahアルヒェ・ノア」ハーブ園








【隣のSchitern村で昼食:ウィンナーソーセージ、シュニッツェル・・ここもホイリゲ】



【ドナウの川岸で・・サバ焼きを・・対岸の丘の上に「Steift-Goettweigゲットヴァイヒ修道院」<世界遺産>が見えている】

KLM:お得な特別運賃
−−−

●Wachauヴァッハウ渓谷:Weissenkirchenヴァイセンキルヒェン でホイリゲ ・・


 この付近には9年前にも来たのですが・・ヴァッハウ渓谷で谷が迫って、川幅が狭いところに興味あり・・などの話も汲んでもらい・・ヴァイセンキルヒェンの村に・・そして、またもホイリゲに。今の時期まさにおいしい時期なのだそうです。




【村のホイリゲでワイン、ブドウジュース、ペーストパンの夕食】








【南にドナウ川が流れている。この湿度と温度などが、ここのおいしいブドウ・ワインの源・・】

KLM:お得な特別運賃
−−−

●Krems-Wetterkreuzkirch-Krustten ・・


 友人家族と、展望の良い教会(15世紀建造)まで登り、オーストリアで唯一の原発設備跡の遠望
(1978年に完成した原発1号機の稼動開始の可否を問う国民投票で、「反対」が50,47%で過半数となり稼動が見送られた。翌1979年にスリーマイル島原発事故が起こっている)。
 この近くのドナウ川沿いに、原発停止で不足した分をカバーするための火力発電所が見える。
 昼はホイリゲで・・新酒、各種ハム、サラダ、スイーツ、ジュース・・


【教会・火力発電所・ホイリゲ】

−−−

●Steift-Goettweigゲットヴァイヒ修道院<世界遺産> ・・




https://www.stiftgoettweig.at/【Stift Gottweig】
https://de.wikipedia.org/【wiki/Furth_bei_Go6ttweig】

KLM:お得な特別運賃
−−−

●Krems-an-der-Donauクレムス:Nikolauskircheニコラス<教会> ・・


 クレムスの町の中を散策・・ドナウ川の脇はすぐに岩山・・





−−−

●ドナウ川の氾濫と地形・・


 2013年6月の大雨は、ドナウ川上流のパッサウや、下流の各国。さらにエルベ川などの流域の国々に大きな氾濫をおこし、日本でも大ニュースになりました。


【2013年6月の豪雨エリア(薄青色)とドナウ川、エルベ川の関係。Passau市内の洪水状況(net)


【2013年6月のクレムス市内の洪水状況(net)、Durnsteinデュルンステインの2013年の水位記録(net)】

https://de.wikipedia.org/【wiki/Hochwasser in Mitteleuropa 2013】


 ヴァッハウ付近は両側に山が迫り、ドナウ川の急な水位上昇の時は溢れやすい地形なのです。2013年の洪水なども含め、洪水対策のための堤防はかなり充実した構造になっていました。


【ヴァッハウ付近は両側に山が迫り、ドナウ川の急水位上昇時は溢れやすい】【ドナウ川の流域図:ヴァッハウ付近に小分水嶺(山並)が両側から迫っている】


【洪水対策の設備:洪水時は下図のようになる】


【洪水対策のシェルター:水圧に耐えるアルミ製の壁(net)】

http://www.salzburg.com/nachrichten/【hochwasser-scheitel-in-krems】
http://derstandard.at/【Hochwasserschutz】


より大きな地図で 2015年の旅ルート を表示

−−−

●次のベースキャンプの宿:シュタイアーマルク州イルドニングに向かって・・


6/8(月)-
・ドナウ川の南岸・山で川幅が狭まる道をメルク経由〜


・◆Weissenbachヴァイセンバッハ分水嶺(753m)【●峠DB】〜

Lunzer Seeルンツアー湖(600m)


・◆Lassingラッシング分水嶺(650m)【●峠DB】〜

峠の南で<シュタイアーマルク州>に入り・・「Osterreichische Eisenstrasseオーストリア鉄の道」は<オーバーエスタライヒ州>との州境に沿った道・・

・◆Hengstpassヘングスト峠(987/1024m)【●峠DB】〜
Spital am Pyhrnシュピタール・アム・ピュールン教会

・◆Pyhrnpassピュールン峠(945m)【●峠DB】〜
<シュタイアーマルク州>に入り・・Liezenリエツェンを通過し・・

KLM.jp    KLM:お得な特別運賃


ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る この旅のtopへ戻る 次のページへ
Copyright © 1996- Kitamura All Rights Reserved.

EU-Alps 峠の茶屋・掲示板:
EU-ALPS.com


質問などありましたら eualps@gmail.comへどうぞ。
Google
WWW検索eu-alps.com内検索