ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る 前ページに戻る English-Translation-site count

冬季オリンピック開催地:アルプスエリアThe Olympic City in Alps area

 ヨーロッパ・アルプス周辺の冬季オリンピック開催地など。
[北村 峠一].(Kitamura)      

ヨーロッパアルプス・冬季オリンピック開催地
冬季オリンピック開催地  ( )はアルプスエリア以外
 回  開催年 開 催 都 市(紀行へリンク) 開 催 国 参考情報  (JOC他多サイトより入手編集)
第1回1924年
1月25日〜2月5日
シャモニー・モンブラン
Chamonix-Monblanc
フランス 冬季大会が試験的に独立:
1922年のIOC総会で、かねてから議論されていた冬季大会の独立について結論が出さた。それは「1924年に試験的に独立した大会を開いてみて、その結果によって、冬の大会をどうするか確定する」というもの。したがって、この大会の正式名称は「第8回オリンピアードの一部として、IOCが最高後援者となり、フランス・オリンピック委員会がフランス冬季競技連盟とフランス・アルペンクラブ共同でシャモニー・モンブラン地方で開催する冬季スポーツ大会」というもの。
成功するかどうか心配された大会だったが、16ヶ国から258人の選手が出場し、4競技14種目を実施。天候にも恵まれて無事に成功。
翌年、プラハで開催されたIOC総会では冬季大会の独立に異論はなく、この大会が晴れて「第1回オリンピック冬季競技大会」と認定された。
第2回1928年
2月11日〜19日
サン・モリッツ
St.Moritz
スイス5競技14種目/25ヶ国464人。冬季オリンピックがこの大会から名実ともに独立。
6名の日本選手が初参加。完敗に終わる。
(第3回)(1932年)(レークプラシッド)(アメリカ) 
第4回1936年
2月6日〜16日
ガルミッシュ・ パルテンキルヘン
Garmisch-Partenkirchen
ドイツ4競技17種目/28ヶ国668人。大会前日、大会会場周辺に張られていたユダヤ人排斥のビラやポスターを撤去するようヒトラーに要求。一度は反発したヒトラーだったが、ラツールIOC会長の厳然とした申し出に屈して、要求通りにポスターなどを撤去する命令を出す。
日本からは3競技に48人の選手団を派遣。フィギュアスケート女子に12歳の小学生、稲田悦子選手が出場。26人中10位となる。
第5回1948年
1月30日〜2月8日
サン・モリッツ
St.Moritz
スイス<●1940年(札幌予定が日中戦争で返上)→サンモリッツ(変更)→ガルミッシュ(第二次大戦で中止)>
<●1944年(コルチナ予定が第二次大戦で中止)>

5競技22種目/28国地域669人。 スイスのサンモリッツが20年ぶりに二度目の冬季大会開催地となる。 開催に先駆けて、スキー選手のアマチュア性が問題となり、スキー抜きの冬季大会も検討された。
日本・ドイツ・イタリアは大戦の枢機国で参加認められず。
(第6回)(1952年)(オスロ)(ノルウェー) 
第7回1956年
1月26日〜2月5日
コルチナ・ダンペッツォ
Cortina d'Ampezzo
イタリア4競技24種目/32国地域820人。オーストリアのトニー・ザイラーが、スキーのアルペン競技で初の三冠王となる。
<日本人メダリスト>
猪谷千春:アルペンスキー:男子回転:銀
関連記事のサイト
(第8回)(1960年)(スコーバレー)(アメリカ) 
第9回1964年
1月29日〜2月9日
インスブルック
Innsbruck
オーストリア6競技34種目/36国地域1091人。50年ぶりの暖冬で競技運営がやや混乱する。 ボブスレーが復活、リュージュが新登場するなど、競技・種目数が大きく増える。
日本は4競技に選手48人、役員13人の選手団を派遣。スキーでは90メートル級純ジャンプの笠谷幸生選手の11位が最高成績。入賞は、女子スケートで5位に2人、6位に1人だけにとどまる。女子スピードスケート3000メートルで6位に入賞した長久保初枝選手は、実はこのとき妊娠していたというエピソードが残っている。
第10回1968年
2月6日〜18日
グルノーブル
Grenoble
フランス6競技35種目/37国地域1158人。フランスのクロード・キリーがスキーのアルペン競技で史上2人目の三冠王となる。
日本は6位入賞者さえなく、次回の札幌大会に向けて大きな不安を残す。
(第11回)(1972年)(札幌)(日本) 
第12回1976年
2月4日〜15日
インスブルック
Innsbruck
オーストリア<●アメリカ・デンバーが環境問題の住民反対で返上→インスブルックに変更>

6競技37種目/37国地域1123人。男子滑降で、地元オーストリアのフランツ・クラマーが圧倒的な強さで優勝。 女子アルペンでは、西ドイツのロジャー・ミッターマイヤーが滑降と回転の2種目で優勝、大回転でも銀メダルを獲得して話題。
日本は6位内入賞者がゼロに終わる。期待されたジャンプの笠谷選手も70メートル級で16位、90メートル級で17位と不本意な成績。
(第13回)(1980年)(レークプラシッド)(アメリカ) 
(第14回)(1984年)(サラエボ)(ユーゴスラビア) 
(第15回)(1988年)(カルガリー)(カナダ) 
第16回1992年
2月8日〜23日
アルベールビル
Alberville
フランス6競技57種目/64国地域1801人。
<日本人メダリスト>
三ヶ田礼一・河野孝典・荻原健司:ノルディック複合:団体:金
伊藤みどり:フィギュアスケート:女子シングル:銀
黒岩敏幸:スピードスケート:男子500メートル:銀
井上純一:スピードスケート:男子500メートル:銅
宮部行範:スピードスケート:男子1000メートル:銅
橋本聖子:スピードスケート:女子1500メートル:銅
石原辰義・河合季信・赤坂雄一・川崎努:ショートトラック:男子5000メートルリレー:銅
(第17回)(1994年)(リレハンメル)(ノルウェー)●冬季オリンピックは1992年大会の後は2年早め、1994年から4年おき開催に
(第18回)(1998年)(長野)(日本) 
(第19回)(2002年)(ソルトレークシティー)(アメリカ) 
第20回2006年
2月10〜26日
トリノ
Trino
イタリア7競技84種目/85国地域2500人。
<日本人メダリスト>
荒川静香:フィギュアスケート:女子シングル:金
(第21回)(2010年)(バンクーバー)(カナダ) 


参考:夏季オリンピックの開催地:アルプスエリア
 第20回 1972年 ミュンヘン 西ドイツ8月26日〜9月10日。参加国数:122


関連サイト
 ○http://www.cbc.ca/olympics/history/【冬季オリンピック】
 ☆オリンピック開催地
 ☆財団法人日本オリンピック委員会 JOC(Japanese Olympic Committe)オリンピック・ポスター
 ○http://www.olympic.org/【国際オリンピック委員会 IOC(International Olympic Committee)】

EU-Alps 峠の茶屋・掲示板:EU-ALPS.com 旅のGET:旅のGET
Google

ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る 前ページに戻る

ヨーロッパアルプスのハイキング地図
【ヨーロッパ・アルプスのハイキング地図】
  【国別地図】  【日本語ガイド本】
AX