ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る 峠のtopへ戻る 街道・巡礼路

中世東アルプス旅日記
 :(1485/1486/1487年のパオロ・サントニーノ) の旅のルート

 『中世東アルプス旅日記』パオロ・サントニーノ著、舟田詠子訳、筑摩書房による 旅のルートと、その関連事項など
[北村 峠一].(eu-alps)      

<本の内容>
 1485-87年、今から500年以上前、イスラム教徒トルコ軍によって涜された東アルプス地域(現在のオーストリア、スロベニア)の教会を聖洗するために、総大司教管区は使節を派遣する。これは、その随行団の書記の書き残した日記である。

 著者パオロ・サントニーノは、好奇心あふれる精神の持ち主だったらしい。かれの眼は、公式に報告すべきことについてのみでなく、異文化の地・東アルプス山中の教会、人びとの信仰と暮らし、城砦の様子、食べものそして、女性…などあらゆるものを見つめた。(ブックカバーから)

<司教と作者>
・ピエトロ・カルロ:Caorleカオルレの司教
・Paolo-Santoninoパオロ・サントニーノ:ヴェネチア(S.Marco)の枢機卿、書記

−−−−−−−−−−
<1485年の旅>
1485年の旅 ●地名と日付:(関連個所を順次追加:関連ページにも順次リンク)

・S.Danieleサン・ダニエーレ:(p7)9/29
Montdi-Cros十字架(Plockenプレッケン)峠:(p8)10/1
  ・・・峠の岩にローマ時代の道路修理の碑が残っている
Mauthenマウテン:(p8)10/1
Kotschachケチャッハ:(p8)10/2
・Goldensteinゴルデンシュタイン:(p10)10/5
・Drauburgドラウブルク:(p15)10/6
St.Lorenzenサンクト・ロレンツェン:(p44)10/17-18
・    ・・・(p45)・・・Kartitschカルティッチェ村のことに触れている
・    ・・・(p50付近)・・・マリア・ルカウ村のことに触れている

Kirchbachキルヒバッハ:(p49)10/21・・・聖マルティン教会
Trepolachトレポラッハ:(p49)10/21(p52)10/23

・Greifenburgグライフェンブルク(p70)11/4

・Udineウディネ(p74)11/11


○1600年代作成の付近の地図:
 Kotschachなど現在の地名も現われる
中世東アルプス旅日記
【ガイル川遠望:1600年代ウディネ司教館蔵】

近隣の地図
【map:ほぼ同一エリア】


−−−−−−−−−−
<1486年の旅>
1486年の旅 ●地名と日付:(関連個所を順次追加:関連ページにも順次リンク)

・Udineウディネ:(p83)8/25
・Karfreitカールフライト:(p84)8/28
Tolmeinトルマイン:(p84)8/28
Grahovaグラホーヴァ:(p84)8/29
・Zirknitzツィルクニッツ:(p85)8/29・・・現Zakrizだろう

・Loiblロイブル峠(現在はトンネルのみ)
・Kappelカッペル(40-Pb69)


・Kraineggクラインエック:(p127)9/27
・Tarvisタルヴィス:(p128)9/28
Predil峠
Flitschフリッチュ:(p129)9/29・・・現Bovec/Plezzoだろう
・Karfreitカールフライト:(p129)9/30
・Udineウディネ:(p130)10/1






−−−−−−−−−−
<1487年の旅>
1487年の旅 ●地名と日付:(関連個所を順次追加:関連ページにも順次リンク)

・Udineウディネ:(p133)5/7


・Blagovicoグロゴウィッツ:
Celjeチリ:(p178)6/4


・Udineウディネ:(p180)6/8


−−−−−−−−−−

●関連する当時の歴史

・1250〜ハプスブルク・・・
・1353〜トルコがヨーロッパに侵入
・1440-1493:フリードリッヒ3世
・1463-79:ヴェネチア対トルコの戦い
・→1485/1486/1487:この本の聖洗の旅
・1526-32:ウィーンにトルコが攻め入る。(1529年)

・〜1919:Pontebbaの南が、ハプスブルクとヴェネチユアの国境


●ご意見・お問い合わせは「掲示板:Eu-Alps・峠の茶屋」へ。BBS  旅のGET旅のGET
ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る 峠のtopへ戻る 街道・巡礼路
ヨーロッパアルプスのハイキング地図
【ヨーロッパ・アルプスのハイキング地図】
  【国別地図】  【日本語ガイド本】
AXcount