ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る この旅のtopへ戻る 前ページに戻る 次のページへ Google-Translate count

Tende
【s019.jpg:タンドTende(仏)/テンダTenda(伊)の家並み】

タンドTende(仏)/
テンダTenda(伊):Royaロワイヤ渓谷

サヴォワ王国にとって塩の道は命の道。第二次大戦までイタリア領だった町・・

フランス:プロヴァンス・アルプCote d'Azur地方(06Alpes-Maritimes県)】[北村 峠一].(Kitamura)      


●ソスペルから北上・・

nizza1860 【薄茶色+黄色エリア:1388年以降サヴォワ王国領。(1720〜)サルディーニャ王国領。薄茶色エリア:1860年フランスに割譲。薄緑色エリア:第二次大戦後の1947年フランス領になる。by wikipedia

 3泊したソスペルから「塩の道」を北に・・まずは1860年にサルディーニャ王国からフランスに割譲されたエリア内を行き、すぐに出てくるのがCol de Perusペリュス峠(654m)。【●峠DB】 低いので峠の標識は見当たりません。

Sospel〜Roya渓谷〜N.D.des Fontaines〜Tende 【Sospel〜Roya渓谷〜N.D.des Fontaines〜Tende】
Col de Perus
【h649.jpg:Col de Perus付近は黄色いエニシダが咲き乱れる】

 続くCol de Brouisブリュワ(ブルイース)峠【●峠DB】には標識と同時に、ちょっとした建物がありますが、きっと昔からのラバの中継所なのでしょう。

Col de Brouis
【v263.jpg:Col de Brouis】
−−−

●サオルジュSaorgeとタンド線Ligne de Tende


 イタリアのVentimigliaからの20号線(フランスは204号線)に合流し、Gorges de Saorge渓谷をRoya川に沿って登って行きます。そして突然、対岸に素晴らしい中世風の建物群。何でこんな辺鄙なところに、こんな立派な建物・町を作ったのでしょう。が、すぐにトンネルに入り見えなくなりました。

Saorge Saorge
【v897.jpg:山の斜面にへばりつくSaorgeの建物群】 【v405.jpg:Tunnel Nord de Saorgeのトンネルに入り・・】

 トンネルを出ると前方、渓谷をまたいで大きなコンクリート製の橋、その先はまさにGorges de Saorge渓谷の岩に挟まれた道です。かつての「塩の街道」、ラバが塩を運んでいた当時は、荒れる川の脇の狭い街道を行き来していたのでしょう。トンネルが出来、鉄道が走り便利になったとき、塩の交易はすでに他のルートに変わり、この街道は急激に寂れて行ったのです。

Saorge Saorge
【v900.jpg:Saorgeのサオルジュ橋(Viaduc de Saorge)】 【v903.jpg:Saorge】

●タンド線/Ligne de Tende/Tendabahn

・ヨーロッパの景勝ルートにも選ばれる山岳鉄道路線。
・標高差は1040m=地中海のVentimigliaヴェンティミリア - 最標高地点(Tendaトンネル1040m) - クネオ。
・これ以上の路線は、ヨーロッパでは他にレーテッシュ鉄道の路線群があるのみ。
 ベルニナ線(標高差1824m)=サンモリッツ - ベルニナ2253m - ティラノ429m
 アルブラ線(標高差1236m)=クール587m -Albulapassトンネル1823m - サンモリッツ
 クール・アローザ線(標高差1155m)=クール584m - アローザ1739m)

<関連サイト>
 ☆タンド線【Wiki】
 ☆南仏を鉄路で移動する 【国鉄 ニース-クネオ線】
Saorge
【v907.jpg:Saorge】

−−−

●ラ・ブリーグLa Brigue から ノートルダム・デ・フォンテーヌ礼拝堂N.D.Fontaines へ


 ガイドブックに記述のあった「N.D.Fontainesノートルダム・デ・フォンテーヌ礼拝堂」のフレスコ画を見ようと、ラ・ブリグLa Brigueの村に到着です。そこの教会の案内板に4km先とあり、通りがかった若い女の人に聞くと、「直接行けばインフォメーションある」と言っているように聞き取れたのです。

●ラ・ブリグLa Brigue/
 ノートルダム・デ・フォンテーヌ礼拝堂N.D.Fontaines 関連サイト



http://www.culture.gouv.fr/Sanctuaire Notre-Dame des Fontaines絵画のガイド】
http://www.labrigue.fr/【La Brigueガイド】
ノートルダム・デ・フォンテーヌ(Notre-Dame-des-Fontaines) 礼拝堂
La Brigueラ・ブリーグ【中世の村。ノートルダム・デ・フォンテーヌチャペル情報も】

la Brigue
【d800.jpg:la Brigueラ・ブリグの教会】







N.D.des Fontaines
【d806.jpg:N.D.des Fontaines礼拝堂外壁のフレスコ画】
la Brigue la Brigue
【d801/d802.jpg:la Brigueの教会:サン・マルタン参事会教会Collegiale St-Martin】

N.D.des Fontaines
【d807.jpg:N.D.des Fontaines礼拝堂の外観】
 狭い道が20kmほど続き、いやらしいことに両サイドがガードレール。こすらないように気をつけながら・・山奥に走っていったのです・・【●ノートルダム・デ・フォンテーヌ礼拝堂N.D.Fontaines:約900m

 が、残念ながら礼拝堂入口は閉まっていました。どうも開館時間は午後2時からのようで、どこかの事務所に電話しろと書かれています。今は昼少し前、残念ですが電話するのは止めることにして、イタリアに向かいます。


−−−

●フランス名:Tendeタンド。イタリア名:Tendaテンダの街


 若干落ち込んで・・St.Dalmas de Tendeまで戻り、古ぼけた街を北に進んでいくと・・

Tende
【v419.jpg:Tende】

 狭い建物の間の・・正面の南斜面・・突然、このような古い建物群がへばりつく風景が現れました。塩の道の難所「テンダ峠」の南にある歴史の街です。大した町ではなかろうと思っていたのですが、この圧巻思わず立寄ってみることにします。

Tende
【v432.jpg:Tende古い家並みの間から、前方南の丘に何段にも重なるように建てられた建物】

Tende
【v433.jpg:Tende:右手には時計塔と城址(?)のようなものが】

Tende
【d811.jpg:Tendeの旧市街(vieux village)の全景を見ます。すごい眺めです。左手がノートルダム参事会教会Collegiale Notre Dame de l'Assomption】

−−−

●ノートルダム参事会教会Collegiale Notre Dame de l'Assomption


 あの塩の街道、峠越えの荷役・課税などでかつては大きく栄えた街とのことですが、すっかり忘れ去られた街になってしまったようです。ちょっと商店街で昼のパンとお土産の絵葉書などを買い・・まずは腹ごしらえに車中で昼。

 その後町の人に絵葉書にある教会を指して道を聞きます。狭い階段道を登っていくのです。すると展望が開け、目的のノートルダム参事会教会が・・

Tende Tende Tende
【v459.jpg:Tendeの狭い通路・坂道】 【v476.jpg:Tende・古い建物】 【h650.jpg:Tende教会正面のデザイン】

Tende
【d813.jpg:Tendeの町を見下ろす。右手のノートルダム参事会教会Collegiale Notre Dame de l'Assomptionの美しさ・・】

Tende Tende Tende
【h652/h653/d815.jpg:Tendeの狭い路地を登っていくと・・到着です。この鮮やかな色模様・・】

 ノートルダム参事会教会Collegiale Notre Dame de l'Assomption。その教会は外部・内部ともこんな山の中にある教会とは思えない豪華さです。15世紀初め建造、ルネッサンス様式の入口・・・やはり中世からのサヴォイア/サルディーニャ王国の繁栄の一端を垣間見ることが出来ます。

Tende
【v493.jpg:Tende教会内部】

Tende Tende
【d814.jpg:教会内部】 【tende13.jpg:Tendeの町の絵葉書】

<関連サイト>

 ○http://www.beyond.fr/【tendeの歴史:1860年にフランスに割譲されたが、TendeとBrigueは住民投票でイタリアに残った】
 ☆タンド線【tendeの歴史:1860年にフランスに割譲されたが・・ロワイヤ川上流のタンドとラ・ブリグはサルデーニャ領にとどまった。これは国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世の狩場を領内に残すためとされているが、国防上の意図もあった。】
 ○http://www.tende.fr/【commune de Tende 】
 ○http://www.tendemerveilles.com/【Tende TOURISME 】
 ○http://fontan.wordpress.com/【A place in the south of France】
 ☆Tende【真のプロヴァンス探求サイト】
 ☆南仏 鷲の巣村【中世の生活の面影を残す村々】
 ○http://www.loisirs-mercantour.com/【Loisirs-Mercantour:Roya】


<関連サイト>



<フランス・ワイン>

フランス ワイン検索
  イタリア ワイン検索

<関連HOTELなど>

Last minute hotel reservation!【Rates-to-Go:直前格安ホテル】  ○ニース周辺のHotel  ニースのHotel  カンヌのHotel  リミニ リビエラのHotel
hotel【フランスのホテル:地図から検索】  ○ニースのHotel  ニース周辺のHotel  カンヌのHotel  エクサン・プロバンスのHotel
【イタリアのホテル:地図から検索】   イタリアン・リヴィエラのHotel
hotel ■海外ホテル予約

<塩の街道をさらに北へトンネルを越えて・・・>
ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る この旅のtopへ戻る 前ページに戻る 次のページへ

EU-Alps 峠の茶屋・掲示板:
EU-ALPS.com


質問などありましたら eualps@gmail.comへどうぞ。
Google
WWW検索eu-alps.com内検索