ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る
[ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ・写真・絵本]
この旅のtopへ戻る  S-site:by Kitamura.  English-Translation-site count

2006年、旅の出発にあたって:
 アルプスの東端、ドナウ流域・・水道・峠・チェコにも

(2006.6.4) [北村 峠一](Kitamura)      


● 今年の旅行は、ちょうどワールドカップ・ドイツ大会が始まろうとする時期、そして空港は行き帰りともミュンヘンなのです。
 そんなことが心配になって、フライトは1月に「PEX(正規割引≒13万/人往復」で確保しました。
(ちなみに今、フライトの確保が出来るかを調べてみると・・座席はまず難しそう、かつ価格も高そう・・それはそうですよね・・連日のTVニュース・世界中が盛り上がっていますから)

● レンタカーも心配・・「インスブルックのハーツはもう車ない」:峠の茶屋・掲示板BBS(2006.4.30)なんて情報も聞こえてきましたが、特に問題なしのように見えます。
 年々レンタカーの料金は上がっていますが、保険が高くなっているように感じます。さらに環境問題からガソリン代も上がり・・、ついでに円安が響いて・・ 今ユーロは143-144円もするんですから、100円の時代が夢のようです!!
 で、いつものハーツ会員(15%割引)よりはるかに安い、 Rates To GoLast minute hotel reservation!http://www.ratestogo.com/経由のEuropcarを確保しました。直接Europcarならハーツと余り変わらないのですが、代理店が入ると安い・・!! 「安くていい車」ってある? 良い車に当たればいいのですが。


alps-east-end
【流域と分水嶺:赤の▲が主な峠の位置。
数値は100m単位・・例:12=海抜1200m台】
−−−
● 行き先ですが、今回は「ヨーロッパアルプスが東に終わる付近」を走ります。 このウィーンに近いあたりに、高い峠はないのです。いつもの1500m以上の「目標峠(自動車・舗装道路)」には出てこないような低い峠ばかりを走ることになるでしょう・・

 右の地図を見てください。左下から右上に向かっている分水嶺、グロスグロックナーや、タウエルンの峠を経てウィーンで終わるヨーロッパ・アルプスの東端です。赤い線=分水嶺=にある▲が主な峠で、数字に100mをかけたのが海抜・・900-1400m以下・・しかないんです。


● 「Semmering ゼンメリンク/ゼメリンク峠」って聞いたことありますよね。 ▲(9)の位置にあって、標高はたった995mしかないんですが、ここの山岳鉄道は1848年〜1854年に建設された、アルプスを越えた初の鉄道で、世界遺産に登録されているんです。


● 「ウィーン市の水道」って、Ennsエンス川流域とMurムーア川流域の各水源から2ルートを使って供給されていることが、地図を調べていたらわかって、そのルートも確認できました。歴史や水道橋の構造なども興味がありますね。


● ところで、分水嶺の地図をじっくり見ていたら、一本、北に向かって登っていく山筋がありますね。ドナウ川に向かっているではないですか。そんなところに行くと、ドナウ川が遮断され、氾濫してしまいますよ・・・


【Wachauヴァッハウ渓谷とは、アルプスの先端がドナウ川で削られたところ】
● そこがWachauヴァッハウ渓谷。メルクからクレムスまでの、ドナウ川の南岸にアルプスが迫ってくるところ。

Villas-Le-Lac  川旅もたまにはいいですね。昨年のローヌ川の支流、ソーヌ川の源流Doubsドゥー川の船遊覧もゆっくりしていてよかったから。



 やっぱりドナウ川も一度は船から眺めてみましょう、2000年に世界遺産に登録されているし。



● やはりそうなると渓谷の北側が気になるところ・・


【赤は分水嶺:Vltavaヴォルタバ/モルダウ川・・エルベ川流域と、東はドナウ流域の大分水嶺。ヴァッハウ渓谷へはその大分水嶺から山脈が続いている。チェコ南部は世界遺産の宝庫】
● ヴァッハウ渓谷の北の分水嶺は・・「Freiwald/Weinsberger-Wald・・自由の森/ワイン山脈の森」。それはオーストリー・チェコ・ドイツ国境方面の「ボヘミアの森」に続くんですね。

 そしてここはドナウ川とエルベ川の大分水嶺。北側はチェコで、Vltavaヴォルタバ/モルダウ川・・エルベ川の流域として北海へ流れるのです。・・


● さらにこのドナウ:エルベ川の大分水嶺を追っかけてみると・・オーストリー/チェコの国境と徐々に差が出てきて・・なんとチェコの東半分はドナウの流域・・・


● この数100mの丘陵地、蛇行した川、草原、湿地(?)・・国境はバリケートなどになっているのでしょうか?

 ・・やっぱりチェコにも・・10年ぶりに寄ってみましょう・・・世界遺産だらけですからね。


mozart-age5
● しかし、このエリアだけ走っていると、毎年楽しみにしているアルプスの雪を見ることができません。
 それはまた1年間雪山を見ないこと・・我慢ができませんね。 何とか後半、ダハシュタインなどの雪山観察が必須です。


● それに今年はモーツアルトの生誕250年、ザルツブルクに寄るのもいいですね・・・

ヨーロッパの衛星写真 ● いずれにしても天候が安定してくれるといいのですが。
 昨年は9月の旅で、日の暮れるのが早かったですね。今年は例年どおりなので、きっと時間一杯、朝晩の村の散策が出来そうです。


● 今年、初めて荷物の中にパソコンを入れます。デジカメデータのトラブル対策(Blogメモ参照)で、画像確認するためです。考えてみたら、これで事前作業も出来るんですね。でも旅先までパソコンに追い回されて・・・??  (次回、パソコンの予備機も必要・・なんてことにならないと良いのですが・・)


−−−−−−−−−−−
● 旅の間、ドライブの愛好家、峠の愛好家のみなさん、以下のYahoo!掲示板にも遊びに行ってください。
 (書き込みは会員のみですが、読み込みは誰でも出来ます。)
 ・趣味とスポーツ>旅行>自動車 :★海外ドライブの楽しみについて話し合いませんか?・・・海外ドライブ


● ネット環境があったら、現地からも書き込みたいのですが・・どんなところに行くのでしょう? きっと田舎だから、ネットカフェなんかないし・・
 でも峠の茶屋・掲示板BBSへの書込み、トライしてみます。
 →★(2006.6.5:出発前)携帯からBLOGへの書込み環境、今作りました。
  http://eu-alps.blogzine.jp/へ、持参の携帯から書き込めそうです。現地でTRYしてみます。 −−−−−−−−−

●それでは旅から帰って来る七夕の夜、早速報告しましょう。皆さんもお元気で、そしていい旅を・・・>


ヨーロッパ アルプス峠ドライブ 写真・絵本
ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ・写真・絵本
Copyright © 1996- Kitamura All Rights Reserved.
Having any question,troubles or doubts, please contact.
(質問,
絵/写真利用等連絡ください。 リンクフリーです)    
eualps@gmail.com   mailフォーム   峠の茶屋・掲示板BBS

旅のGET

チェックリスト  ●新中古本:検索・入手  ●海外の地図・ガイドブック  ●海外旅行・ホテル・レンタカー  ●旅の金・カード・保険  ●家電・家庭用品:価格比較  ●アウトドア  ●パソコン・ソフト  ●ワイン・酒・花・ギフト  ●資格・趣味  ●車・バイク
Google