ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る この旅のtopへ戻る 前ページに戻る 次のページへ count

venezia
【d103.jpg:ゴンドラの風景。遠方はS.Maria d.Saluteサンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会】

ヴェネツィア/ベニスVenezia/Venice:

世界中の大量の観光客が、この地盤沈下や高潮で頻繁に冠水する、世界遺産の島に押し寄せるのです。

ヴェネト州ヴェネツィア県】   [北村 峠一].(Kitamura)      


venezia
【沖合いの砂礫・洲に囲まれた島々】
 今回の旅の出発時、このベニスに来ることは計画もしていませんでした。でも、峠を連続ドライブした頭痛と反省、ドロミテでご一緒したYさんからのお奨め、すぐ隣のパドヴァまで来たこと、世界遺産という名に引かれたことなどがあったのです。

 峠に関連したことにしか興味を持たない私と違い、妻は普通の感性(?)。せっかくだから行ってみようということになり、パドヴァでスクロヴェニ礼拝堂を見た足で昼の電車に乗り、半日の往復(往復5.9eur/人)で訪ねることにします。

 Veneziaの町は地図で見る通り海の中の島。Lagoonラグーン(潟)といわれる浅海の一部が、砂嘴や砂州によって外海と絶縁されており、狭い潮口によって外海と通じ、そこから海水や船舶が出入りする地形なのです。

●ヴェネチュアのラグーン、砂州、砂嘴、モーゼ計画のこと


・Lagoonラグーン/Lagunaラグーナ(潟):能取湖、サロマ湖などのように、砂州・砂嘴などにより閉じ込められた海。
・砂州:天橋立のように、海流による侵食・運搬・堆積作用により形成された砂礫地の半島
・砂嘴:野付崎のように、砂州の先端が湾内に曲がったもので鳥の嘴に似ている。

・モーゼ計画:ラグーナを三箇所ある出入り口に巨大な可動水門を作り、通常は船の航行の確保などのため海面下に沈めておき、満潮時の冠水・水没時には、中に空気を送りこむことにより水門を急浮上させるヴェネチュアの高潮対策。 (大阪教育大学などより)
 ただし、地下水の汲み上げすぎによる基礎の松杭の腐食対策は行われていないため、抜本策ではない。

 ☆http://www.wave.or.jp/【[PDF] ベネチア・モーゼ計画と、ラグーンで実施されている対策事業:港湾空間高度化環境研究センター】
 ☆ヴェネツィア ラグーン モーゼ計画のGoogle検索【運河活用、地盤沈下対策など】
 近年の地盤沈下や地球温暖化による海水面の上昇で、年間70〜100回もこのサンマルコ広場が冠水するということで、満潮時の冠水・水没時に街全体の水没を防ぐため「モーゼ計画」などの対策をしているとのことです。

 このような人工的な島に住み着くようになったのは、5世紀頃のゲルマン族やフン族、6世紀のランゴバルト族のイタリア北部侵入から避難するために始まったとあります。また、中世にヨーロッパで万延したペストから、海に浮かんだヴェネツィアが救われたことなどから人口も増えていったのでしょう。

venezia
【d105.jpg:S.Marcoサンマルコ広場と時計塔】

venezia
【d106.jpg:S.Marcoサンマルコ広場と大聖堂】

●このサンマルコ大聖堂は中期ビザンティン建築を代表するもので、1063-90年頃構築。玄関部分の装飾は13世紀、上部の派風壁は15世紀、モザイク装飾は17世紀。外観上の配慮からドームの上に木造鉛板張りの高いドームを重ねて、二重殻ドームにしてある。(『西洋建築史』桐敷真次郎著p62)

venezia
【d107.jpg:Basilica d. S.Marcoサンマルコ大聖堂】
 それにしても、このベネチュアのにぎわしさは、想像以上でした。アルプスの山道ばかり旅している僕たちにとって、これだけ世界各国の観光客が集まってくる場所に来たのは初めてかもしれません。

 鉄道を降りたサンタルチア駅からの水上バスは、6月下旬の平日なのに、まるで通勤列車並みの混雑。運河を走りサンマルコ広場に着いたら、人・人・人・・

 サンマルコ大聖堂などの、これ見よがしにお金をかけた、建物の内外壁・絵画・装飾のくどいほどの美しさ・・

 道を歩けばお土産屋ばかりが並び、レストランは日本語メニュー・・・それほどおいしくも無い、高いシーフード料理・・

venezia
【d108.jpg:魚盛り合わせ、平目フライ、モンゴイカなどシーフード料理】
 ・・・
venezia venezia
【d117.jpg:ゴンドラは左右対称ではない】 【d116.jpg:やはり国際観光地】

 ・・・
venezia
【d119.jpg:S.Giacomo d.orioサン・ジャコモ・デッロリオ教会:市内で最も古い建物(12-13C)のひとつ。内部には多数の絵画が】

 ・・・
venezia
【d201.jpg:運河の町】

 ・・・ちょっと、愚痴ばかり・・・でもきっと、私自身の興味や趣味が変わればこの町のすばらしさもわかるようになるのでしょう。

 期待はずれだったため、余計棒のように疲れきった足を引きずり、僕たちはこの国際観光都市を後にしたのです。

<Venezia/Veniceヴェネツィア関連のサイト>

 〇https://www.zum.de/whkmla/【REPUBLIC OF VENICE の1350-1859の歴史変遷地図】
 ☆マップイタリア【ベニス・インタラクティヴ地図】
 ☆ヴェニス ホテルマップ 【appleworld.com】
 ☆海の都、ヴェネツィア:建設【右田さん:イタリア旅情】
 ○http://www.comune.venezia.it/【Veneziaのガイド・歴史・経済など】
 B書籍など

ヴェニスに死す
トオマス マン Thomas Mann 実吉 捷郎

トニオ・クレエゲル ベニスに死す 魔の山〈下〉 魔の山〈上〉 ユリシーズ〈4〉


ヴェニスのガイド・マップナビ
マガジンハウス

関連商品
フィレンツェのガイド・マップナビ
ヴェネチア・北東イタリア―海洋都市国家の足跡
緋色のヴェネツィア―聖(サン)マルコ殺人事件
Angels & Demons
ローマのガイド・マップナビ

シェイクスピア全集 (10) ヴェニスの商人
シェイクスピア

ウィンザーの陽気な女房たち―シェイクスピア全集〈9〉 シェイクスピア全集 (5) リア王 シェイクスピア全集 (11) ペリクリーズ シェイクスピア全集 (7) リチャード三世 シェイクスピア全集 (3) マクベス


塩野七生ルネサンス著作集〈4〉― 海の都の物語―ヴェネツィア共和国の一千年〈上〉
塩野 七生

塩野七生ルネサンス著作集〈6〉― 神の代理人 わが友マキアヴェッリ―フィレンツェ存亡 塩野七生ルネサンス著作集〈2〉― ルネサンスの女たち 塩野七生ルネサンス著作集〈3〉― チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷 塩野七生ルネサンス著作集〈1〉― ルネサンスとは何であったのか

by G-Tools

 i:世界遺産:ザルツブルク市街の歴史地区Historic Centre of the City of Salzburg 1996年登録:アルプス・周辺エリアの世界遺産
 ☆ベネチア付近のホテル検索【JHC:広域ホテル検索鉄道・コンサートなどオプション
 ☆ベニスのホテル検索ベニス地方のホテル検索 イタリア全域のホテル:地図から検索も】


<ガルダ湖の西、ロンバルディア州のアダメルロ山群の峠に向かいます・・・>

EU-Alps 峠の茶屋・掲示板:EU-ALPS.com 旅のGET:旅のGET
Google

ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る この旅のtopへ戻る 前ページに戻る 次のページへ   ヨーロッパアルプスのハイキング地図
【ヨーロッパ・アルプスのハイキング地図】
  【国別地図】  【日本語ガイド本】
ヨーロッパアルプスのハイキング地図
【ヨーロッパ・アルプスのハイキング地図】
  【国別地図】  【日本語ガイド本】