ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る この旅のtopへ戻る 前ページに戻る 次のページへ  Time/Data count ヨーロッパアルプスのハイキング地図
【ヨーロッパ・アルプスのハイキング地図】
  【国別地図】  【日本語ガイド本】

エグジルの砦

Oulx - Susa ウルクス 〜 スーザ
 ・・・スーザ渓谷に、軽快なクラシックカーの排気音が続きます

 エグジルの要塞は、あの三銃士の『鉄仮面』が幽閉されていたこともある、かつてのフランス領の牢獄です。



【モンジュネーヴル峠〜スーザのルートにある
エグジルの砦は、フランスの守りに重要な
拠点位置にある。(クリックで拡大)】
 モンジュネーヴル峠を出て、チェザーナ・トリネーセを過ぎ、Doria-Ripariaドーラ・リパリア川に沿ってスーザへの道を下ります。この谷の道は、2006年の冬季オリンピックに向けてでしょう、道路整備がずっと続きます。渓谷が広がりだす頃、Oulxウルクスのインターチェンジが現れ、左に行くとBardonecchiaバルドネッキア/バルドンネーシュ〜Modaneモダーヌへの高速道路が見え始めます。


【44.jpg:モンジュネーヴル峠からスーザへのルートは、オリンピックに向けて工事だらけ】


【58.jpg:Oulxウルクスで、Bardonecchiaバルドネッキア/バルドンネーシュ〜Modaneモダーヌへの高速道路が分岐している】


 峠の下りからずっと正面に見えていた三角の山、M.Seguret(2910m)が、この付近で手前のM.Pramand(2162m)の岩山に隠れ始めます。

 先ほどからクラシックなスポーツカーが何台もすれちがいます。・・・車体の横にゼッケンが貼ってあるのでラリーでしょう・・・モンジュネーヴル峠の峠に向かって居るようです(ゼッケンから見ると200台ほど)。この先スーザの町まで連続し、さらにモン・スニ峠の方から降りてきましたから、ガリビエ(ガリビエール)峠も回る大きなコースを走るのでしょうか。ほとんどがオープンカーで、年配の運転手が多いようです。この快晴の峠めぐり・・・すれちがうドライバーや、村の人たちの注目を浴びて颯爽としていますね。


【89.jpg:峠の下りでずっと正面に見えていた三角のM.Seguret(2910m)と思われる山が、この付近で手前のM.Pramand(2162m)の岩山に隠れ始め・・・右にスーザ渓谷が開けてくる】


【65.jpg:クラシックなレーシングカーが200台ほども続く・・・ガリビエ(ガリビエール)峠〜モンスニ峠〜モンジュネーヴル峠をまわるコースか?】

 
【79/83.jpg:Oulx ウルクスの旧市内を抜ける道路とクラシックカー】


 Deveysの古い村の付近でSS24号線は何度かジグザグに山肌を走り、高速道路と交差します。

 フランス国境の山なみが気になってしかたないのです。助手席の妻に、あの山の付近をVTRで一杯撮って欲しいと頼みます。実はこれから行くモン・スニ峠への西側、イタリア国境に「ハンニバルの第2の候補峠、Clappierクラピエ峠(2477m)」があるはずです。・・・でも結局、手前の低い山に隠れてしまい、VTRの映像には写っていないようでした。


【b1.jpg:スーザ渓谷の今来た道を振り返ると、M.Seguret(2910m)の雪山と、M.Pramand(2162m)の岩山。遠方はモンジュネーヴル峠方面の山】

 
【121/124.jpg:Deveysの古い村の付近で高速道路と交差する。遠方に見える雪山はフランス国境のRocciamelone(3538m)山】



 前方に大きな城のようなものが見え始めました。Forte di Exillesエグジル要塞です。このスーザ渓谷の真中に、上流・下流をにらむように作られた砦。中世の戦いではこの砦の役目は大きかったんでしょう。・・・ところであの、長く広いスロープは何の目的なのでしょう?あの斜面で軍事訓練をする? スロープに部隊を集め謁見するため? グライダーなどの離着陸にも使えそうな?(どなたか教えてください)

 
【138/1c9.jpg:Exillesエグジルで、素晴しい形の砦が見えました。Forte di Exillesエグジル要塞】


【212.jpg:この長く広いスロープはどんな目的で作られたのでしょう。】 【v137.jpg:2005年に東側から見た要塞

●Forte di Exillesエグジルの要塞

 ・この砦は、12世紀のはじめには作られていて、以降頑強なものになっていった。
 ・この壮大な複合建造物は、1713年まではフランスのドーフィネ地方の国境の要塞で、同時にフランスの牢獄でもあった。
 ・この地は1713年にユトレヒト条約に従って、サヴォイア領(サルディニア王国)になる。(この条約で、同時にシチリア島も取得した)
 ・1798年ナポレオンがこの砦を破壊する。
 ・1829年に復元。
 ・第一次、第二次大戦の時期においては、武装解除された。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●鉄仮面

 ・この要塞に、1681-1687年の間「鉄仮面」が幽閉されていました。
 ・『鉄仮面』とは、ルイ14世(在位1643-1715)の時代のフランスに実在した謎の囚人で、1669年から1703年まで34年もの間、牢獄に囚われていた人物。
 ・1698.9.18:この謎の人物が、バスチーユの牢獄に囚人として移送されたとの記録もある。
 ・ボアゴベイの原題に現れる地方牢獄の典獄「サン・マール」は実在の人物で、彼が管理していた囚人に、いつも仮面を被らされていて、 顔が判らないようにされていた人物が実在した。 ただし、仮面は鉄ではなくビロードだったとも言われる。
 ・鉄仮面の正体が誰であったかに諸説があり、デュマのルイ14世の双子の弟説、イギリス人説、イタリア人説…など各種推測されている。
 ・『鉄仮面』の作品としては、
  ・アレクサンドル・デュマ著『三銃士』生島遼一訳、岩波文庫:三銃士とダルタルニャンの冒険活劇
  ・ボアゴベイ著『鉄仮面』(痛快世界の冒険文学9)さとうまきこ訳、講談社1998.6  などがある。
−−−−−−−−−−
参考URL:
 ○Forte di Exilles
 ○THE FORTRESS OF EXILLES
 ○「9/18は何の日」
 ☆鉄仮面の伝説の島【レランス諸島サント・マルグリット島(カンヌから船15分)にも鉄仮面伝説がある】
<付近のWebサイトなど>
モンスニ峠付近のホテル検索
モンスニ峠付近のホテル検索


<関連書籍・地図>
4840108196ロンリープラネットの自由旅行ガイド イタリア
ダミアン・シモニス

Amazonで詳しく見る
4840114382ベスト・オブ・トリノ
サリー オブライエン Sally O’Brien

Amazonで詳しく見る
Touring Club Italiano(1:15, 000)
8879141198

Amazonで詳しく見る
Turin Provincial Road Map (1:150, 000)
8879141198

Amazonで詳しく見る
Kompass社の地図 紀伊国屋で[洋書 Kompass Karten] のキーワードで検索)

●イタリア・トリノ:2006年冬季オリンピック関係




<スーザの町から、モンスニ峠を登ります・・・・・>
●ご意見・お問い合わせ・情報・何でも・・・「峠の茶屋・掲示板」でお待ちしています。EU-ALPS.com
ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る この旅のtopへ戻る 前ページに戻る 次のページへ  Time/Data
ヨーロッパアルプスのハイキング地図
【ヨーロッパ・アルプスのハイキング地図】
  【国別地図】  【日本語ガイド本】