311836

峠の茶屋<EU-Alps.com 掲示板・談話室>


[EU-alpsのHPに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
ヨーロッパの気象衛星写真

ヨーロッパ主要都市の天気 ヨーロッパのMaximales最高気温 Wetterlage und Bergwetter
ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行[http://www.eu-alps.com/]の掲示板:EU-Alps.com「峠の茶屋」へようこそ・・・この談話室は、旅・車・文化・歴史など・・皆さんの思い出や、質問、情報などをコミュニケーションする場。気楽に「皆さん相互の書き込み」もしてください。 (営利宣伝不可。迷惑書き込みは削除・書き込み不可に)
●いろいろな情報の蓄積・整理(過去のログなど)の場所としてEU-Alps.Tamatebacom「玉手箱」「旅中のBLOG」、BLOG「We-Blog」も。あちこちの掲示板のIndexも。
Translation:Japanese to English by Excite.jpTranslation  ●旅のGET:旅のGETで絶版本、持参品チェックも。
お名前
合言葉 と漢字入力(必須) (迷惑書き込み対策)
E-Mail 入力禁止(迷惑書き込み対策)
タイトル
メッセージ
URL
イメージ   [イメージ参照]
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

ザ・プロファイラー「ハンニバル」:20... 投稿者:kitamura 投稿日:2021/02/25(Thu) 11:29 No.3302   HomePage
w-chair.gifNHK BSプレミアム 2021.3.11(木) 21:00〜60分
        再放送3.16(火) 23:45〜
ザ・プロファイラー で、「ハンニバル」が予定されているとの情報です。

その中で、
「ハンニバルがトラベルセッテ峠を通過したのではないかという情報と共に、写真にてこの事柄を紹介出来ないかと考えており・・
トラベルセッテ峠のお写真をお貸し頂き、番組の方で使用させて頂けますと幸い・・」

「そこには混乱を極める現代で、学ぶべきリーダー像が浮かび上がってくる。63年の生涯をかけて強大なローマに抵抗し続けた謎多き名将ハンニバルの生涯を読み解く」とのこと

との依頼が番組制作会社からきて、画像を提供しました。
(峠頂上の写真は「nobusaさん」から、フランスイタリア側は私から)

さてどんな番組になるのか楽しみです。
トラヴェルセッテ峠 トレッキング・ガイド(概略ルートなど)
http://www.eu-alps.com/i-site/cols/data/n0005-trekking-guide.htm

ハンニバルと象の峠 アルプス紀行
http://www.eu-alps.com/i-site/hannibal/index.htm
なども参考に


ローマをぶっ壊せ!ハンニバル将軍 kitamura - 2021/03/03(Wed) 16:28 No.3303   HomePage

w-chair.gif出演者:岡田准一司会
ヤマザキマリ:ゲスト
廣瀬俊朗:ゲスト
渡辺早織:ゲスト

https://thetv.jp/program/0000964907/32/
ザ・プロファイラー〜夢と野望の人生〜「ローマをぶっ壊せ!ハンニバル将軍」


ローマをぶっ壊せ! ハンニバル将軍 kitamura - 2021/03/04(Thu) 09:21 No.3304   HomePage

w-chair.gifhttps://www.nhk.jp/p/profiler/ts/WX9M3XW537/list/

アレクサンドロス大王、ローマのカエサルと並び「古代史3大名将」と呼ばれるカルタゴの将軍ハンニバル。
アフリカ北岸の貿易国家カルタゴは、長年ローマと地中海の覇権を争った。彼はアルプスを越え、陸路からローマを奇襲。
ローマを崩壊寸前まで追い詰めたハンニバルは、自ら先頭に立つことで寄せ集めの兵たちを結束させた。
悪魔のような戦略を駆使した偉大な指揮官の生涯を追う。
ヤマザキマリ 廣瀬俊朗 渡辺早織 岡田准一


hannibal-profiler20210311
ハンニバルと象の峠 アルプス紀行
http://www.eu-alps.com/i-site/hannibal/index.htm


●2021.2.15 UP 投稿者:kitamura 投稿日:2021/02/17(Wed) 15:51 No.3301   HomePage
w-chair.gif・アルペンスキーの発祥地と日本のスキー発祥地(情報メンテ)

http://www.eu-alps.com/i-site/ski/japan-ski.htm


●2021.1.17 UP 投稿者:kitamura 投稿日:2021/02/17(Wed) 15:43 No.3300   HomePage
w-chair.gif・Fulpmesフルプメスにある壁絵「大きなクリスマス飾り」の疑問と調査(追記)
http://www.eu-alps.com/c-site/do-97/702/702stubaital.htm

width=975


◆2021.1.1 UP 投稿者:kitamura 投稿日:2021/01/01(Fri) 11:52 No.3298   HomePage
w-chair.gif●2021年A Happy New Year:Col de l'Iseran イズラン峠(2770m):
峠を大きなマリアが見守っています・・

http://www.eu-alps.com/d-site/nenga/nenga2021.htm

France-Col de l'Iseran


旅とレンタカー 投稿者:kiya 投稿日:2020/12/10(Thu) 18:12 No.3291  
boy1.gif久しぶりに開いて、整理された旅の情報の中から、各年ごとのレンタカー情報を拝見しました。

kitamuraさんと私は同年代じゃないかと思っていて、行き先は違うけど欧州レンタカーの旅では、同じような気持ちです。
貴方の4万数千キロには及びませんが、私も集計してないけど3万キロ以上だと思います。

各年を見ると、面白い事が分かりました。
1973年に始まり、次は1992年からどんどん増えてきて、2002年からはレンタカー日数が長期になっています。
そしてこのパターンは何だか私とも似ています。

私の海外旅行パターンは、1972年のオーストラリアに始まり(1回目からレンタカーを借りた)、次は1992年のリフレッシュで初ヨーロッパに魅せられて、それから毎年短いヨーロッパ旅行を繰り返し、2010年に65歳で仕事をリタイアしてから自由になり、1カ月単位の長期ヨーロッパ旅行になりました。

kitamuraさんの記録を見ると、何だかすごく似ているのです。
思うに2002年から長期レンタルしているのは、仕事に変化が有ったという事かな?と、思っています。
そして、1973年はどうして始まったのか、1992年から増えだしたのか、差支えなければ是非ともお聞かせ下さい。



Re: 旅とレンタカー kitamura - 2020/12/13(Sun) 11:49 No.3292   HomePage

w-chair.gifシャーロックkiyaさん、難問の回答に時間かかりました。
私(モリアーティかな)は年齢不詳でHPを書いていまして・・でもすでにバレバレ

---
> 1973年はどうして始まったのか

新婚の旅でミューレンに泊まり、インターラーケンからルガノまでのレンタカー。アルプスの峠もスーステン峠が最初で、アンデルマット泊。本当はグリムゼル峠→フルカ峠→と計画していたのですが、峠の残雪状況は分からないと営業所のおじさんに言われ、安全ルートに。多分それも未練のひとつで、峠一なんてペンネームで以降峠巡りなんです。

---
> 1992年からなぜ増えだしたのか、

仕事一途で峠はスッカリ忘れていましたが、そろそろ退職後の事を考えろという会社の肩たたきセミナーで・・過去に楽しかったことの一覧表作成・・それで今のライフワークを見つけたという訳。ありがたく休暇を貰えたのでその年からーー

---
>2002年から長期レンタルしているのは、仕事に変化が有ったという事かな?と、思っています。

その推理、大当たりです。航空料金以外のコストは、自炊していれば現地費用は国内より遥かに安い。その代わりそんな長期休みの仕事は許されない。
で・・早期の退職。家庭菜園で国内の食費も浮かせ、年一回の旅が以降続いた・・と言う訳です。

長旅の途中・・旅に飽きてしまうことがあり、その理由が梅雨時、1mほどになる草ぼうぼうの畑。以降3週間程度に短縮。
短くなっても旅行記は次年までに整理が終わらず・・足腰動かなくなって以降の宿題として残してあります。
---

2000.6.29のお昼前、kiyaさんはどこに居ましたか?そこですれ違いし、2-3会話したかっこいいご夫婦・・あれはkiyaさん夫婦ではないかと?
 さてそこはどこ?

kiyaさんのBlog教えて下さい。
年表比較するときっと 影武者? クローン? 双子? ということが分かって、
ホームズとモリアーティは、 コロナ後のヨーロッパの地で ベストセラーのネタを作る事になるのでは。


Re: 旅とレンタカー kiya - 2020/12/13(Sun) 22:41 No.3293  

boy1.gif疑問に答えていただき、ありがとうございます。
なんとなく、kitamuraさんの怪しい足取りが見えて来ました。(^^)

1973年は新婚旅行でしたか!豪華ですねー。私は一足早く1970年に結婚した、貯金もろくに無い貧乏サラリーマンでした。それで、新婚旅行は隣県の伊豆半島でした。

ただ、あんまりショボイ新婚旅行がたたって、2年後の1972年に初海外でオーストラリアに行きました。タスマニア島をレンタカーで走り、海外初レンタカーになりました。運転は特に好きでは無いけど、言葉もろくに出来ないし、自分で回るしか無かったのです。

それから私も長期旅行になってから自炊になりましたが、自炊だと旅費が格段に違うと感じました。

2000.6.29のお昼前は、自宅に居ましたよ。(笑)
お会いになった方は、だれでしょうねー?
2000年の我家は6月にはオーストリアのクラーゲンフルトで車を借りてケルンテン州・シュタイヤーマルク州を回って、6月18日に帰国しました。そして2000年9月にフランスのブルゴーニュ・シャンパーニュ地方に出掛けました。

この年は年2回出掛けました。この会社に勤務して25年が経っていましたが、この頃から、だんだんずうずうしくなって まあ2000人程の会社ですが、本社勤務になって2年目で、経営陣に知られても平気で旅行に出掛けるという状態でした。
たまに社長が私の席にやって来て、「kiyaは居ないのか?また旅行に行ってるのか?」と言っていましたと、帰国して出社したとき、女子社員にいわれました。
・・・幸せな人間なのかも知れません。

それから私は不器用で、パソコンもヤットコサットコの状態なので、Blogは有りません。 あちこち人様のBlogにコメントして、お邪魔虫しているだけです。



違う事 kiya - 2020/12/14(Mon) 21:34 No.3294  

boy1.gifkitamuraさんと違う点も、いくつか有ると思います。

まず私は、車には興味が全然ありません。車は便利な道具で、荷物が積めて故障なく走ればどんな車でも構いません。オシャレな車でなくて良いのです。
なので、国内でのドライブなども殆ど行かないし、車も年間2500kmほどの走行距離で、買い物と時々ゴルフに行くくらい。自車の車両保険も付けず、保険料も至って安いです。

だが、ヨーロッパ旅行では、すべての旅行でレンタカーを借りてます。最初のころは数日でしたが、後半は旅程の殆ど全てで借ります。やっぱり電車より楽でどこでも行けるから。
なので、国内の年間走行距離と海外レンタカーの走行距離がほゞ同じです。

有難いのは、ヨーロッパで事故も無く30年近く走って来たことです。 これまでに1度だけ、ひどいレンタカー屋に当たりました。 6〜7年前にバルト3国のラトビアで借りた時、何事もなく返したのですが、返却時間が閉店後で指定駐車場に入れ、駐車場の係員にキーを返しました。
ところが、1ヵ月ぐらい経って帰国した後に、車にキズが複数有るので修理費を数万円払えとの事でした。追加保険には入っていなかったので、CDWの免責分を要求され、強引にカード引落されました。 手紙で色々文句を言ったり、酷いレンタカー屋だとラトビアの政府機関に手紙を出したら、詳しく告訴してくれと言ってきましたが、そんな面倒も出来ないので、行くこともできないので、結果は泣き寝入りせざるをえませんでした。

罰金も、1度だけ有ります。
これも5〜6年前ですが、オランダで帰国後にスピード違反の連絡が有りました。ドルトレヒトの町中のオービスに引っ掛かった様で、罰金を払えと言って来ました。
内容は、制限速度50kmのところ57kmを計測した。測定誤差4kmを引いて差引3kmのオーバーだとの事。
呆れるばかりですが仕方なく、カードで払えず国際送金して罰金が3000円程、送金料が一番安い郵便局で送って2500円、なんともばかばかしい事でした。

まだまだあるけど、取りあえずこのへんで。


同じような?・・ kitamura - 2020/12/25(Fri) 16:31 No.3296   HomePage

w-chair.gif年賀状などをやっと片付け、久しぶりにPCの前にゆっくり座っています。
kiyaさんの「違うこと」 が「同じようなこと」なのを再発見しました。


> 車には興味が全然ない・・故障なく走ればどんな車でも・・オシャレな車でなくても

⇒私は車は好きです・・親父が小学校のころから運転させてくれた(オート三輪やトラックなどにも)ので・・色んな車に興味ありです。が、オシャレは対象外、車も15-20年と乗りつぶします。
---

> 国内・・年間2500kmほど、買物とゴルフ。車両保険安い。国内距離と海外距離がほゞ同じ。

⇒改めて過去の国内+海外の距離をExcelで分析してみたら、意外なことがわかりました
・ここ10年は、年約4000kmが走行距離で、海外距離が多いと 国内距離が少ない。
 (2016年は海外無しだったのに、国内の旅をして同等の距離になりました)
 ただし今年は自粛で他県に出ていないので、まだ1800km台です。
・10年ほど前までは、国内+海外でほぼ年約5000〜6000km。
 当時は一筆書きの旅で、精力的に峠をつぶしていたんです。体力もあったんですね。
---

> 事故も無く30年近く走って来た。が、・・ラトビア・・修理費を数万円払え
 罰金・・帰国後にスピード違反・・国際送金3000円程+送金料2500円

⇒事故:羊が車にアタックし、凹み・・保険内で処理したこと
http://www.eu-alps.com/o-site/do-2002/615/615goat-flock.htm

⇒罰金:スロベニアの高速道路支払システムが・・10年前と変わっていて・・150eur払ったこと
http://www.eu-alps.com/x13-st/do-2013/summary/rent-a-car.htm

⇒駐車違反:オーストリアで、ドイツ車の狙い撃ち・・21.8eur+14eurの2連続現地の銀行で支払いしたこと
http://www.eu-alps.com/s-site/do-2006/606/606rent-a-car.htm



いろいろ体験 kiya - 2020/12/25(Fri) 17:50 No.3297  

boy1.gif何も無い旅にしようと思っても、やはり、いろいろ体験されてますね。 いろいろルールが変わっていく事もあるので、私も、少々の事は気にせずに、とにかく旅を楽しもうと心掛けています。

ところで、毎回のレンタカーの予約はどうされてますか? ハーツ・エイビス・ユーロップカーなどのサイトで直接の予約ですか?
私は、初めはそういう予約で、あとはANAやJALのサイト経由での10%割引などを使っていました。 でも、近年はもっと安いRentalcars.comというサイトでエイビス・ハーツ・ユーロップカーなどを予約することが多いです。

使ってみて、Rentalcars.comはなかなか良いと思っています。楽天が運営している様なので、一応は安心して予約します。
また価格が明らかに安いのと、任意保険も割安に付保出来るので便利です。
私の場合は、任意保険は付保したりしなかったりですが、近年は免責額が高くなって来たので、付保する事が増えて来ました。
また、RentalCover com.という会社は任意保険が更に安いので、ここでは、任意保険だけを予約してます。




◆2020.12.16 UP 投稿者:kitamura 投稿日:2020/12/19(Sat) 16:51 No.3295   HomePage
w-chair.gif●Hohe Tauern National Parkホーエ・タウエルン国立公園:グロスグロックナーなどを中心としたオーストリア最大の国立公園

http://www.eu-alps.com/i-site/parknational/at-hohetauern.htm

グロスグロックナー道路Hohe Tauern National Park map


●アルプスエリアの国立公園:一覧(個別DBは順次作成中)

http://www.eu-alps.com/i-site/parknational/park-national-alps-area.htm



◆2020.11.30 UP 投稿者:kitamura 投稿日:2020/12/01(Tue) 12:15 No.3289   HomePage
w-chair.gif●イズラン峠(2770m):ヨーロッパアルプスで最標高の舗装道路峠。

http://www.eu-alps.com/i-site/cols/data/001.htm




---

●ガリビエ峠(2647m):1911年ツールドフランスが初めてこの峠を越えた。以降山岳ステージでほぼ毎年登場の難所。

http://www.eu-alps.com/i-site/cols/data/005.htm



◆2020.9.10 UP 投稿者:kitamura 投稿日:2020/09/11(Fri) 06:00 No.3280   HomePage
w-chair.gif●2006年の花情報を登録・修正しました。514種になりました。takagiさんありがとうございました。

http://www.eu-alps.com/flower/index.htm


種名不詳種など takagi - 2020/10/08(Thu) 16:06 No.3282  

w-hike.gifKitamuraさん
長年種名不詳で気になっていた植物など、下記の分が確認できましたので参考にしてください。

◎ Pedicularis palustrisペディクラリス・パルストリス (ハマウツボ科 シオガマギク属)
(r0110) a1
<Pedicularis verticillata?>a2 a3
→ Pedicularis verticillata ペディクラリス・ヴェルティキラタ (ハマウツボ科 シオガマギク属)

◎ Pinus pumilaピヌス・プミラ/ハイマツ(マツ科マツ属)
(r0130) →Pinus mugoピヌス・ムゴ (マツ科マツ属)
Pinus pumilaの生育地はシベリア、カムチャツカ、中国東北部、朝鮮半島、日本です。

◎ ?(シソ科) (r0730) a2 Valle-della-Valletta イタリア:ピエモンテ州
→Impatiens balfourii インパチエンス・バルフォアリー (ツリフネソウ科ツリフネソウ属)
ヒマラヤ山脈、とくにカシミール地方や周辺地方に分布。ヨーロッパでは、アルバニア、ブルガリア、チェコスロバキア、ギリシャ、ハンガリー、イタリア、フランス、スイスに帰化。

◎ ?(シソ科) (r0730)
a4:Ubayeウバイユ渓谷(Fouillouzeフイユーズ)(フランス:04A-H-プロヴァンス県)
a5:Val-Savarencneサヴァランシュ渓谷(Rif.Vitt.EmUヴィットリオ小屋)(イタリア:アオスタ州
→ Pedicularis gyroflexa ペディクラリス・ギロフレクサ (ハマウツボ科 シオガマギク属)

◎ ?(?科)(r0930) Valle-Grande (Folchi) (イタリア:ピエモンテ州
→Heucherella tiarelloides ヒューケレラ・ティアレロイデス(ユキノシタ科の園芸種)
Heucherellaは北米産のHeuchera(ツボサンゴ属)とTiarella(ズダヤクシュ属)の植物の交配により生まれたハイブリッド。

◎ ?(マメ科?) (y0640) M.Agaro-Roa (イタリア:トレンティーノ州)
→ Genista_tinctoria ゲニスタ・ティンクトリア(マメ科 ヒトツバエニシダ属)






Re: ◆2020.9.10 UP kitamura - 2020/10/08(Thu) 22:32 No.3283   HomePage

w-chair.giftakagiさん、いつもありがとうございます。
早速修正します。

私は目下、<農作業?家庭菜園>のかたわら、2019年の今までの花について特定をしているのですが、
恥ずかしいことに遅々として進みません。

教えていただいた「Alpine Flowers of Britain and Europe (Collins Pocket Guide)」を入手したおかげで、
情報が増ええたのですが、同時にかつて特定したと思っていた花々が・・かなり怪しいことがわかり。
その見直しなどに、冷や汗をかいているところです。

まだ作業途中ですが、以下の場所にソースの花があります。
http://www.eu-alps.com/flower/x19-st/2019flower-all-640pic.htm
右側に「:●済」とある約半分のところまで進んだところです。
参考までにご覧ください。


Re: ◆2020.9.10 UP takagi - 2020/10/20(Tue) 01:46 No.3285  

w-hike.gifkitamuraさん
先行して2019年の花のデータを開示していただきありがとうございます。
佐貫亦男の書物でその名を知るだけのモンテ・ヴィーゾやエクランの山域は、私には無縁の場所ですが、未知の土地の紀行文・記録写真とともに、花の写真に巡り合えて心楽しいです。
とりあえず下記の花を確認しましたので参考にしてください。イネ科の植物には中々手が出ません。
          記
◎9612e0513b.jpg:9612e0513b.jpg:?★r0200Primula daonensisプリムラ・ダオネンシス(サクラソウ科)?Col Clappierクラピエ峠
→Primula integrifolia プリムラ・インテグリフォリア(サクラソウ科サクラソウ属))

◎9615e0773.jpg:9615e0773b.jpg:b0300??★ ( 科)::葉がリシマキアプンクタータ(y0580)に似ている?
→ Vincetoxicum hirundinaria ウィンケトクシクム・ヒルンディナリア(ガガイモ科イケマ属)


ありがとうございます kitamura - 2020/10/22(Thu) 16:08 No.3286   HomePage

w-chair.giftakagiさん、2019年の花の情報ありがとうございます。
最近(ばかりでなく今までも)、なかなかHPの方に力はいりません。

家庭菜園関連が多忙で・・??
今、落花生などの収穫時期・・まだ早い/あと一週間/そろそろ?でもまだ早い・・・
一部収穫後、ベランダで乾燥・・雨予報であわてて室内に入れ、扇風機・・
生の落花生、なかなかおいしいんです。
(以下:記事「No.3287.3788」は削除済。無理なお願いすみませんでした)


◆2020.10.12 UP 投稿者:kitamura 投稿日:2020/10/12(Mon) 15:26 No.3284   HomePage
w-chair.gif●不明種などの花情報を登録・修正しました。518種になりました。takagiさん、情報いつもありがとうございます。

http://www.eu-alps.com/flower/index.htm



◆2020.10.1 UP 投稿者:kitamura 投稿日:2020/10/02(Fri) 21:08 No.3281   HomePage
w-chair.gif●ドロミテ地域に「峠・谷・ハイキング・村・宿」の地図を追加

http://www.eu-alps.com/italy/dolomiti/index.htm#pass-map

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |

NO: PASS:

- KENT & MakiMaki & Edit:WebCraft -