過去ログ
キーワード 条件 表示

ハンニバルの“アルプス越え”ルートが判明  kitamura - 2016/04/09(Sat) 17:30 <URL> No.3110

●ハンニバル将軍の“アルプス越え”ルートが判明 馬糞の痕跡が決め手
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1604/08/news106.html

●トラヴェルセッテ峠
http://www.eu-alps.com/i-site/hannibal/index.htm

Re: ハンニバルの“アルプス越え”ルー...  kitamura - 2016/04/17(Sun) 16:17 <URL> No.3114

オリジナルデータ
http://www.qub.ac.uk/home/ceao/News/Title,631613,en.html

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3522997/Ancient-horse-dung-helping-track-Hannibal-s-route-Alps-Remains-mountain-pass-left-general-s-army-marched-Italy.html

Re: ハンニバルの“アルプス越え”ルー...  kitamura - 2016/04/17(Sun) 16:29 <URL> No.3115

Queen's University Belfast | File Store Res Gov

evidence for the most likely transit route that took Hannibal’s forces across the Alps via the Col de Traversette pass (~3000 …

University Microbiologists Unmask the Hannibal Route Enigma

http://www.qub.ac.uk/directorates/ResearchEnterprise/News/NewsArticles/Name,633567,en.html
---
UK Crowdfunding first for cancer research at Queen's

http://www.qub.ac.uk/home/ceao/News/

-----

Re: ハンニバルの“アルプス越え”ルー...  kitamura - 2016/04/17(Sun) 16:33 <URL> No.3116

研究チームは、フランスとイタリアの国境付近にあるトラベルセッテ峠を調査し、軍馬の糞と思われる堆積物を大量に発見した。堆積物を詳しく調べたところ、ハンニバルが侵攻した時期に生きていたクロストリジウム属の微生物を確認し、ハンニバル軍が通過した裏付けと結論付けた。


◆2016.3.31のUP  kitamura - 2016/04/17(Sun) 16:13 <URL> No.3113

●Wagrainワグレイン/ヴァークライン(-1):「きよしこの夜」の作詞者の街に6泊して・・・
http://www.eu-alps.com/x15-st/do-2015/612/612-wagrain.htm




●(-2):ワグレイン城・ハーブ園なども楽しみ・・
http://www.eu-alps.com/x15-st/do-2015/612/612-wagrain2.htm

●(-3):ホーエ・タウエルン国立公園の北東端周辺の谷巡り・ハイキングをしたのです・・
http://www.eu-alps.com/x15-st/do-2015/612/612-wagrain3.htm

●Rauristal-Kolm-Saigumラウリス谷コルム・ザイグルン(1240m)
http://www.eu-alps.com/i-site/cols/data/084b2.htm

●Kleinarlクレイナル谷Jagerseeヤガー湖(1100m)
http://www.eu-alps.com/i-site/cols/data/093p2.htm

●Grossarltalグロッサール谷(1040m)
http://www.eu-alps.com/i-site/cols/data/09593.htm

●OtzlSeeエッツル湖(約1300m)
http://www.eu-alps.com/i-site/cols/data/n081.htm




◆2016.1.31 のUP  kitamura - 2016/04/09(Sat) 17:12 <URL> No.3109

●GasteinerTalガスタイン谷(1580m):皇后エリーザベト(シシー)も訪れた温泉保養地Bad Gasteinバート・ガスタインの奥、
アルプス道路(有料)のトンネルの先に・・
http://www.eu-alps.com/i-site/cols/data/06365.htm


●Sportgasteinシュポルトガスタイン(1650m):岩の尾根や氷河の壮大な風景の中に広がる巨大な台地は、ハイカーのパラダイス・・
http://www.eu-alps.com/i-site/cols/data/n0601.htm


◆2016.1.1 UP  kitamura - 2016/01/10(Sun) 21:30 <URL> No.3108

Bruck an der Murブルック・アン・デア・ムーア〜Leobenレオーベン:

・シュタイアーマルクの金属産業・冶金産業の中心都市・・
 そしてオーストリア鉄の道の南端・・


http://www.eu-alps.com/x15-st/do-2015/619/619leoben-bruck-mur.htm




2016.1.1 のUP  kitamura - 2016/01/01(Fri) 20:44 <URL> No.3107

●2016年:A Happy New Year. Bruck an der Mur ブルック・アン・デア・ムーア:「平和の橋を架けましょう」

http://www.eu-alps.com/d-site/nenga/nenga2016.htm




Gr.Grimming(2351m)の独立峰  kiya - 2015/12/30(Wed) 16:20 No.3104

今日、この写真を見たときに、「アッ!この山は、」
イルドニング〜アドモントあたりで見た、山と野辺の風景だ
な〜!と、直感的に分かりました。 
我家の好む風景ですから。

この辺りを訪れたのは、西暦2000年のことだから、もう15年も前の、私も若干若かった55歳の頃になるんですね。
ここを通ってアイゼンエルツ、ブラックへと向かう、オーストリアの奥の細道は、我家の好む風景です。

2015.12.29 UP  kitamura - 2015/12/30(Wed) 16:36 <URL> No.3105

Aigen-Ennstalアイゲン−エンスタール(Irdningイルドニング):周辺の小さな谷や峠を巡った4日間・・・。そして次のポイントへの移動とハイキング・・
http://www.eu-alps.com/x15-st/do-2015/608/608-aigen-ennstal.htm



・Donnersbachwaldドナースバッハヴァルト谷(約1060m)
・Solkerゼルク峠(1788m)
http://www.eu-alps.com/i-site/cols/data/0502.htm
・Moosheimモースハイム城
・Kleinsolkクラインゼルク谷(1000m)
http://www.eu-alps.com/i-site/cols/data/0998.htm
・Pichlピヒル分水嶺(820m約)
http://www.eu-alps.com/i-site/cols/data/1180.htm
・Salzastauseeザルツァシュタウ湖〜Bad-Mittendorfバート・ミッテンドルフの町
・StoderzinkenAlpenシュトダーツィンケン山岳道(1800m)
http://www.eu-alps.com/i-site/cols/data/04916.htm
・Schladmingシュラトミンクの町
・Untertalウンター谷(1050m)
http://www.eu-alps.com/i-site/cols/data/09591.htm
・Riesachseeリーサッハ湖(1350m)へWilde Wasserの滝ルートのハイキング
http://www.eu-alps.com/i-site/cols/data/n0785.htm
・Hochwurzenホッホヴルツェン(1250m)・WagrainerHoheヴァークライン・ヘーエ分水嶺(933m)

Re: Gr.Grimming(2351m)の独立峰  kitamura - 2015/12/30(Wed) 16:52 <URL> No.3106

kiyaさん、早速の書き込みありがとうございます。

なかなか作成が進まず、やっと2番目の滞在地分がUPできました。
昨年分はあと3か所2週間の記録・・このペースだと4-5カ月!!??
ピッチ上げないと!!

イルドニング付近いいですよね。私たちも大好きな場所です。
同年代なんですね。さて何時まで運転できるか? が目下私の関心事です。
お互い頑張りましょう。

明日で2015年も最終日。
2016年、平和な年になってほしいものです。また来年もよろしくお願いします。


◆2015.11.16 のUP  kitamura - 2015/11/17(Tue) 11:11 <URL> No.3101

・ Wachauヴァッハウ渓谷:Krems-Goettweigクレムス・ゲトヴァイヒ:
 ワイン農場に泊まり、いくつものホイリゲと、ハーブ園と、世界遺産・・などをまわり、暴れドナウ川を感じたり・・の3日間

http://www.eu-alps.com/x15-st/do-2015/605/605-krems-goettweig.htm



・Weissenbachヴァイセンバッハ分水嶺(753m)
http://www.eu-alps.com/i-site/cols/data/1247.htm


・Lassingラッシング分水嶺(650m)
http://www.eu-alps.com/i-site/cols/data/1350.htm


・Hengstpassヘングスト峠(1024m)
http://www.eu-alps.com/i-site/cols/data/095d.htm


・Pyhrnpassピュールン峠(945m)
http://www.eu-alps.com/i-site/cols/data/1055.htm


Re: ◆2015.11.16 のUP  matsumi - 2015/11/22(Sun) 20:08 No.3102

オーストリア旅日記、お待ちしていました。ホイリゲ三昧の羨ましい御紀行。以前クレームスに宿を取り、デュルンシュタインへの舟遊を思い出しながら拝読致しました。本場、ワイン農家での「デュルンシュタインの白」は最高でした。
しかしデュルンシュタインが洪水の常襲地とは知りませんでした。色々と勉強させて頂いております。

Re: ◆2015.11.16 のUP  kitamura - 2015/11/25(Wed) 17:10 <URL> No.3103

matsumiさん こんにちは。
急に空気が冷え込み、紅葉がきれいな時期になり・・
 なんとやっと最初の滞在地の記事書き終わりました。

> ホイリゲ三昧の羨ましい御紀行・・
本当に安いんですね。グラスが0.8〜1.5eur(100〜200円)
なので、つい気楽に飲んでしまいました。
・・ただし日中は・・私だけは運転手(アッシー)・・ソーダなどで我慢しました。

 まだ滞在地が4/5残っているので・・頑張らないと。


アンデルマットから30年  えいいち - 2015/10/18(Sun) 06:19 No.3099

北村さん、始めまして。

今日、始めてこのサイトを拝見させていただきました。父が29歳の写真を見て本当にびっくりしました。あれから父はスイスのジュネーブという所に移動し、自分でレストランを経営し始めました(1978年)。それから37年がたち、現在もまだ経営を続けていますが、来年の2月で引退する予定です。もしお時間があれば是非ジュネーブに来てください。

本当に嬉しい連絡、ありがとうございます  kitamura - 2015/10/21(Wed) 09:30 <URL> No.3100

えいいちさん、はじめまして。
利根川の源流に旅していたため、返信が遅くなり申し訳ありません。

1973(昭和48)6月と、43.5年も前のことになりましたが、
アンデルマットの宿でシェフのMasayoshi Uchino さんにお会いしたのです。
http://www.eu-alps.com/m-site/plan20006/plan04.htm

帰国後、絵葉などのやりとりを1-2回させていただきましたが、以降連絡が取れなくなっておりました。
27年後の2000年に現地に泊まった際、当時の宿の場所に行ったのですが、残念ながら見つかりませんでした。

ジュネーブにお移りになったんですね、機会があれば是非うかがいたいです。
よろしければメール( eualps@gmail.com )で住所などを教えていただけると嬉しいです。

人生・旅は本当に、素晴らしい出会いの連続です。
嬉しい連絡、本当にありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。


ドイツのドアロック禁止  つっち - 2015/09/23(Wed) 09:36 No.3097

kitamuraさん、こんにちは。
独赴任時の最初の仕事で、同乗者として車に乗って中から
ドアロックを掛けたらドイツ人の同僚の運転手に怪訝な顔で
叱られました。万が一の大事故で車両が炎上した時に、
外からドアが開かなくて救出が数10秒遅れて大火傷した
最悪の場合、事故補償の保険金が支払われなくなるという
ご尤もな話を聞きました。
中からロックしたくなるのはアメリカのすさんだ町中の
運転くらいですが、拳銃で撃ち込まれたら 実際の所、
ドアロックの意味は無いですよね・・。

ドアロック禁止、ナンバープレート共有、VW事件  kitamura - 2015/09/25(Fri) 21:29 <URL> No.3098

●つっち さん、お久しぶりです。

> 車に乗って中からドアロック・・ドイツ人・・叱られました。
> 万が一・・外からドアが開かなくて救出が・・遅れ・・事故補償の保険金が・・

確かにシートベルトしている以上、事故で車外に放り出されませんからね。
保険にまで影響するんですか。


> ・・中からロックしたくなる・・拳銃で撃ち込まれたら・・意味は無い・・

イタリアの街中で、強引な物売りが周りをうろうろすると、ロックしたくなりますが・・
たしかに、ドアを開けてまで脅しかけてこないでしょう。
-----

●話は変わりますが、複数の車を持っている人が、1枚のナンバープレートを付け替えて使うという話を、
今年のオーストリアの旅で聞き、あちこちで見た写真です。

グレードの高いほうのナンバープレートでいいんだそうです。
たくさん車売りたいための政策でしょうかね。




●VWの排ガス不正事件、
そこまでしないとならない程、経営が大変だったのでしょうか?
いずればれると思わなかったのでしょうか?

あちこちに、飛び火しなければいいのですが。


◆2015.7.29-30 のUP  kitamura - 2015/08/03(Mon) 12:49 <URL> No.3090

●2015年の旅:レンタカー・車情報:チェコのSKODAシュコダを2500km。設計思想で理解できない点がいくつか・・

http://www.eu-alps.com/x15-st/do-2015/summary/rent-a-car.htm

【2015年の車はSKODA FABIA Combi 1.4 TDI:5速マニュアル1400ccディーゼル車】



----
●2014年の旅:レンタカー情報:22回目のアルプス走行は1600km、トリノのランチャがお供です・・

http://www.eu-alps.com/x14-st/do-2014/summary/rent-a-car.htm


【2014年の車はLancia Ypsilon ,1.2L:5速マニュアル1200ccガソリン車】


確かに、便利なようで不便かも…  minakata - 2015/08/23(Sun) 01:56 No.3095

kitamuraさん、こんにちは。

シュコダ、私も一昨年にスイスで借りました。聞いたことないメーカーだったので当初は不安でしたが快適なドライブだったと記憶しています。
さて、kitamuraが戸惑われたキーレスエントリーは確かに便利なようで不便なシステムで、国内で自分の車だとドアロックがかかった時の電子音やハザードランプ点滅で由とするのですが、旅先のレンタカーだとどうも不安になって必ず相棒にドアロックを確認してもらっています。

私の職場の営業車は軽自動車にして近付くだけでドアロックが解除され車から離れると自動でドアロックがかかる、キーレスエントリーがさらに進化したスマートエントリーというみたいです。ここまで来ると車に乗らない時でも鍵を持って近づくと思いの他解錠されてしまうのでかえって不便なシステムですよね。もっとも車から離れれば自動的にドアロックがかかるのでドックし忘れはないので便利といえば便利なのですが。

金属鍵は万一電池切れでドア解除できなくなった際に使用するための物です。ドアノブに鍵穴が有ったばすで、もしかして鍵穴はカバーで隠されていたかもしれませんね。

ところで、今年の旅行で図らずも借り出すことになったBMWの最高級車種ですが当然オートロックだと思い込んでいましたところボタン操作をしない限りロックはかからない設計で、旅行途中で気が付いたのですがそれまでドアロックもせずに高速道路をぶっ放していただなんて冷や汗ものでした。
あとで調べたところBMWは安全上の観点より基本設計はオートロックがかからない状態で納車されるとか、ネットで調べたところによると「ドイツでは事故等緊急時に即座にドアを開けれるようにドアロックは運転中はかけないという慣例・決まりがある」とのことですが本当なのでしょうか。
ここらはご当地の事情にお詳しい方のお話を伺いたいものですね。

金属鍵は・・  kitamura - 2015/08/27(Thu) 21:27 <URL> No.3096

minakataさん、ぶっ飛ばしの旅、楽しかったでしょうね。

> 軽自動車に・・・

軽自動車にまで、スマートキーの設計思想が拡大・・はびこり・・出しているんですか!?
びっくりですが・・まあ、全て同じ思想でーーなどとは言えませんが、
ただ、全財産を積んで、旅しているレンタカーの旅人にとっては、
安全確認が出来にくい設計は・・困ります!!
一人だったら、確認出来ないんですから。
−−−

> 金属鍵は・・

1ヶ月近くこの車と一緒なのと、心配性が同乗しているので、必死で調べました。

現地でドイツ語の判る方と、1時間近くマニュアル読んだり、車体を調べたり・・
が、エアバックの特殊操作用の鍵穴のみ・・
それ以外に金属キーの穴、残念ながらありませんでした。

「電池切れなら、取り替えればいいじゃないか!」
「ドアロックが解除できないはずは100%ない!」・・
まるでどこかの電力会社の、絶対安全神話みたいですね。
−−−

> ドイツでは事故等緊急時・・ようにドアロックは運転中はかけないという慣例・決まり・・

私もどこかで聞いたことがあります。日本で。
「一定以上の速度で走行中はドアロック。停止時には解除」の方式が、車外に飛び出さないようにする点では理想です。
しかし、緊急時必ず解除される保証がない・・こととか、
停車時でも外から強盗などが押し入ることを考えると、ドアロックは人間の判断でせざるを得ない??
のような設計思想なのでしょうか。


| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | |