ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る この旅のtopへ戻る 前ページに戻る 次のページへ count
参考:★Vernante周辺の宿

Valle-Grande-Folchi
【g662:Valle-Grandeグランデ渓谷・フォルキの教会の石壁には、宗教画がガラス面に描かれている】

 クネオから宿を予約してあるVernanteヴェルナンテに着きましたが、まだ2時前でチェックインするには早い。そこで、ここから真南に「Parco delle Alpi Marittimeアルピ・マリッティメ国立公園」に向かっての峠道を、突き当りのPalanfreパランフレ(1379m)まで走ってみようと・・

 Valle-Grandeグランデ渓谷は、かなりローカルな道です。

Valle-Grandeグランデ渓谷(Folchiフォルキ:1200m)

この季節は牛追い優先・・ガラス面に描かれた壁画・・【●谷DB】・・

ピエモンテ州クネオ県】[北村 峠一].(Kitamura)      


●Valle-Grandeグランデ渓谷で牛追いに出会って・・



【Vallle-Grande-Folchi付近地図:クリックでGoogle地図へ】


 ところが・・前方に道一杯の牛・・このシーズン、あちこちで出会う「牛追い」・・暖かくなってきて、もっと高い場所に十分な牧草が育ったので、牛たちを移牧させているのです。峠道でこういった状況には何度も会いましたが、追い越すのは実に面倒ですし、時間もかかります。「2008年の事例」「2005年の事例」「2002年の事例

Valle-Grande-Folchi
【v571:峠道一杯に、牛を連れて行くタイミングに遭遇・・これ以上上に行くのは断念する】

Valle-Grande-Folchi"
"【v576:折り返した周囲の、岩の山と木々】""
 まずは牛の移動の真後ろに車をつけ、牧童が牛を脇に寄せている間に追い越すのですが・・

 むこうは仕事、こちらは遊び。まして今回は数100m先の行き止まりで、すぐに折り返してくるので、またも遭遇することになりそうです。

 結局この先のPalanfreパランフレ(1379m)には行かないことに・・ここであきらめることにします。


参考:★Vernante周辺の宿

−−−

●Folchiフォルキ集落(1200m)の教会は・・


 若干戻ってきたところにあった集落、Folchiフォルキの入口に車を停め、坂を上ったところにある礼拝堂や民家などを見に行くことにしました。

Valle-Grande-Folchi
【g067:少し戻ったところにあったフォルキの集落に車を止め、村の中を歩いてみる】

Valle-Grande-Folchi"
"【g066:フォルキの教会の石壁には、フレスコ画のような絵が描かれている】""

 あの建物は村の教会です。そしてその壁面、なにか壁画が描かれて?・・と思って撮影したものです。

 改めて側面の壁画を確認すると(ページ上・右の写真「g662.jpg」参照)・・

 石壁が透けて見えているので、宗教画がガラス面に描かれているようです。そして、絵や窓枠の周辺には、避雷針のような金属線が張り巡らされています。夜間のイルミネーション照明であるはずがないので、雷でガラス面が壊れるのを防ぐためでしょう。

 正面に回ってみると、窓にも壁画が・・よく見ると・・パネルに描いた絵を、はめ込んであります。

Valle-Grande-Folchi
【g075:教会正面の左右の窓には、パネルに描いた絵をはめ込んである】


参考:★Vernante周辺の宿
 教会の内部にも入って見ましたが、かなり新しいものでした。谷の下のVernanteヴェルナンテの町は・・あとで紹介しますが・・家々の壁にピノキオの壁画があって、観光客を呼ぼうとしているらしいのです。

 この寒村の教会再建にあたっても、かなり先進的なガラスパネル技法の壁画・宗教画を描くことで、観光客の注目を浴びようとしたというのは、考えすぎでしょうか。

Valle-Grande-Folchi
【g070s:】

 祭壇正面はSan-Bartolomeo聖バルトロメオ、皮剥ぎの刑で殉教したといわれる聖人を祭った教会でした。

●San Bartolomeo聖バルトロメオ/Bartholomewバルトロマイ


・新約聖書に登場するイエスの十二使徒の一人。

・皮剥ぎの刑で殉教したといわれる。

・剥がれた自分の皮とナイフを持った姿で描かれている。バル・トロマイという名の語義は「タルマイの子」である。

http://ja.wikipedia.org/【wiki/バルトロマイ】

聖人・聖者・Saints

Valle-Grande-Folchi
【g072:Vernanteの街にあったグランデ渓谷のパノラマ図】
Valle-Grande-Folchi
【h863:San Bartolomeo聖バルトロメオ/Bartholomewバルトロマイ】


参考:★Vernante周辺の宿
−−−

●村の花たち・・


 村の建物脇や、小さな畑の横や、道端の雑草地に咲いていた花をいくつか撮影してみました。人手が入っている気配もあって、見かけない花もいくつかありました。【●花図鑑へ

Valle-Grande-Folchi
【g077:周辺で見つけた花たち(左から):Centranthus ruber ケントラントゥス・ルベル(ゴマノハグサ科)、同左、不明2枚、Silene vulgarisシレネ・ブルガリス(ナデシコ科)、Geranium phaeumゲラニウム・ファエウム(フウロソウ科)、Vicia craccaヴィキア・クラッカ (マメ科)】【●花図鑑へ

●関連のサイト

http://ja.wikipedia.org/【wiki/聖バルトロマイ】
http://www.bolivia-turismo.net/【Valle_GrandeはボリビアにあるチェゲバラChe Guevara埋葬の地と同名】

<ヨーロッパ・旅・・・>


参考:★Vernante周辺の宿

<関連書籍・地図>

ヨーロッパアルプスのハイキング地図、ガイド洋書  山渓など:日本語編

●北イタリアのワイン

<ヴェルナンテの壁画と街と宿と・・・>

ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る この旅のtopへ戻る 前ページに戻る 次のページへ
Copyright © 1996- Kitamura All Rights Reserved.

EU-Alps 峠の茶屋・掲示板:
EU-ALPS.com


質問などありましたら eualps@gmail.comへどうぞ。
Google
WWW検索eu-alps.com内検索