ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る この旅のtopへ戻る 前ページに戻る 次のページへ count

Semmering-Gasthof Berghof
【r953b.jpg:ゼメリンク峠の宿:Gasthof Berghofベルグホフのマスターとマダム】

Semmering Pass ゼメリンク峠:(985m)
Semmering Railway ゼメリンク鉄道:(最標高898m)

やはりここは鉄道に乗らなければ・・と 【●峠のDBへ】【●世界遺産へ】<●2015年の紀行

オーストリア:シュタイアーマルク州ニーダエースタライヒ州】[北村 峠一].(Kitamura)      


●ゼメリンク峠(985m)


 マリアツェルからMurzミュルツ川に沿って下り、鉄道をくぐると大きな町Murzzuschlagミュールツシュラークに入ります。この町からゼメリンクを経てGloggnitzグロニッツ間の山岳鉄道41kmが、1854年に完成し世界遺産になっているSemmering Railway ゼメリンク鉄道で、アルプスを越えた初の鉄道なのです。

 すぐ並行して高速道路が走っていますが、峠へはほとんど車の走らない国道でしか行けません。のんびりと登って・・そして峠到着10時半。【●峠のDBへ

Semmering
【s341.jpg:この付近が985mの峠。正面の建物群付近にInfoや宿があり、鉄道トンネルはこの下を走っている】

●宿情報:Semmeringゼンメリンク峠:
<Gasthof Berghofベルグホフ(☆3>


http://www.berghofsemmering.at
Semmering

【広場に面した宿 Gasthof Berghof】

・2006年6月22日、1泊利用。ゼメリンクの世界遺産を見る基地に最適。
・峠の真上にあるこのガストフ、地の利がいい。
・団体客も昼を食べにレストランにたくさん立寄る。
・マスターはトライアスロンをやっていて、ハワイを走った写真がある。
・奥さんはすすめ上手、夫婦で経営、ファミリーな雰囲気。
・ツインルーム(朝付)で60eur≒8.7千円/2人。
・駐車場は、目の前の広場。

・住所など:Fam.Josef Latzelsperger. Passhohe Nr.271,2680 Semmering,Austria. Tel. (+43)02664/2320 Fax(+43)02664/23204

宿情報一覧へ:hotel-guide
 峠にある町のインフォメーションで、宿と列車の情報を得ます。
「列車は約1時間後出発」「一番安い宿は、この目の前のガストフ」

Semmering
【r952b.jpg:マスターのハワイのトライアスロン・シーン】
 まだ早いガストフで声をかけると、出てきたのは若いお兄さん風。わかりやすい英語で、B&B 60eur/2人。
昨日に比べると高いけれど、まあ1泊ですから・・決定。荷物を置いた部屋は、かなりゆったりしています。

 部屋への廊下の壁にあった写真は、どうやらこのお兄さんのマラソン風景です。
「これは貴方か?」 うれしそうに・そして得意げに
「トライアスロン、ハワイで・・このアイアンマンのモニュメントは、島の象徴・・」 話し好きのお兄さんの話題は尽きません。こちらからも、セメリング鉄道を展望するのに良い場所などを聞き、駅に向かいます。


●Semmering-Railwayゼメリング鉄道


 教えてもらった駅へのショートカットの道。かなりきつい坂道を登り、急ごしらえの展望台で遠景を見て、その先の急斜面を下って・・駅まで10分以上かかります。

Semmering Semmering
【s343/s342.jpg:駅へのショートカットの道を教わり、その展望台から見た鉄道橋・トンネル。】

Semmering
【r941.jpg:Semmering-Bahnhofゼメリンク駅の記念碑・列車展示。ゼメリング鉄道の設計者カール・リッター・フォン・ゲーガCarl Ritter von Ghega (1802-1860)の碑がある】

Semmering Semmering
【s344.jpg:最標高駅896m】 【s346.jpg:Karl Rennerカール・レンナー(1870-1950):地元出馬議員、オーストリア初代大統領 の碑も近くにある】

Semmering
【hdv12.jpg:ゼメリンク駅からGloggnizへ列車で】

 駅に切符売り場はなく、駅員に
「どこで買うのか」と聞きますが、「列車内で」との答えです。ところがまもなく来た列車の車内を見渡しますが車掌は居ません。いつか来るだろうと思ってはいるのですが全然来ず、同じ車両の乗客に聞きますが、
「団体なので判らない」とのこと。4車両の先頭にまでチェックに行きますが居ないのです。こんな状況ですから、外の展望もおちおち見ていられません。(撮影した映像は、ほとんど帰りの車中から)

 目的の2駅前 Payerbach に到着直前、団体客の添乗員が「そろそろ降ります」と皆さんに声をかけに来て、その後ろからやっと車掌が来ました。
「チケットを、ここからここまで往復2人」 「え、チケットなの?」 どうやら車掌は団体客しか乗っていないと思い、車掌室あたりで添乗員とダベッテいたのでしょう。

 急いでチケットを発行し、「前に停まっている列車に乗り換えてください」と言われあわてて走ります。 車掌さんも時間がなく、かなりあせっていたようです。「お釣り多いかな?」と思うくらいコインをたくさん返してくれたのです。夜、いつものように残額を計算してみたら案の定、2Eur(約300円)多かったのです・・ラッキー!!

Semmering
【hdv31.jpg:列車と橋と山並み】

Semmering Semmering
【hdv26/29.jpg:高速道路が並行して走る。遠方には教会の塔<●Maria-Schutzマリア・シュッツの教会:2015年通過>】

Semmering
【hdv25.jpg:谷に沿って鉄道は大きくカーブしている】






Semmering
【s347.jpg:Gloggnitzで折り返す間、ちょっと町に行ってみる。町を流れるSchwarza川と釣り人】
Semmering Semmering
【hdv32.jpg:橋ごとに長さなどの説明標識がある】 【hdv41.jpg:カーブした2重の橋だが車中からは、はっきり見えない】


【Murzzuschlagミュールツシュラーク〜Gloggnitzグロニッツの路線図:トンネルと橋だらけのカーブ。高速道路、一般道路が狭い谷間を走る。クリックで拡大】


−−−

●帰り道・・ハイキングも・・


 Gloggnitzグロニッツ駅で約1時間の帰りの列車までの時間つぶしに、町に向かって少し歩いてみましたが閑散、工事現場ばかり。駅のベンチで弁当(パン・アンズ・水)と、キオスクのアイスを。

 帰りはゆっくりと車内から風景の撮影はできましたが、峠と違って迫力ある風景はありません。世界遺産のそれぞれ16あるという二層構造などの立体橋やトンネル内部などが、もっと見えると思ったのですが。
 一つ前のHaltestelle Wolfsbergkogel駅で降り、約30分を歩いて戻ります。

Semmering
【hdv45.jpg:帰りは一つ手前の駅Haltestelle Wolfsbergkogelで降りてSemmerinngまで歩く】

Semmering
【s345.jpg:鉄道に沿ってのハイキングコース】

Semmering
【s348.jpg:一つ手前の駅Haltestelle Wolfsbergkogelから見える1888年建造の4☆ホテルPanhans

Semmering
【r944.jpg:石橋を見上げる】
Semmering
【s350.jpg:花の解説もあるハイキング道】

Semmering
【r943.jpg:鉄道橋】

 ここが一番良い眺めだと案内所で聞き、宿のマスターもパンフレットで見せてくれたところは、降りた駅から少し戻り、さらに登らなければならないようです。ちょっと疲れ気味のため省略、でも宿に帰ると同時に雨が本格的に降り始めたので、これもまた正解だったようです。


●宿で・・W杯:日本・ブラジル戦・・


 風呂に入り、TVを見ながら1時間ほど昼寝しますが、中途半端に寝たせいかくらくらする頭でレストランへ。早めの夕食はテラスで涼しい風に当たりながら・・が、みるみる雨が激しくなり、イスのクッション・シート、テーブルクロスの回収、折りたたみテントの操作など大忙しのマダムを見ながら屋内に移動。

Semmering
【r947.jpg:雨を見ながらの夕食は、肉団子、シュニッツェル、野菜サラダ・・29eur】
 ビールのお代わりもすすみ、料理もおいしかった・・この宿+食事代は結局1泊90Eur(1.3万円/2人)と、昨日までに比べ19eur(約2500円)ほど高かったのです・・が、宿のマダムやマスターの明るい接客に満足。

 その夜、9時から見たのが「W杯:日本・ブラジル戦」・・皆さんも当然見たでしょうが・・
 なんと前半、日本が1点先取し、瞬間のグループ順位の表示が「2位同率」。「やるじゃないか」と思っているうちに4点取られ・・グループ最下位。まあ、しかたないですね。あのボールさばき、敵ながらすごいと思いますよ。ゴールキーパー川口に向かって「ファンタスティック」と何度もアナウンサーが言っていた技も、あれだけシュートされると無理。
−−−

 翌朝、けっこう激しい雨が続いています。食事時マスターに峠の地図を見せ
「Murzzuschlagの南東10kmほどにある1653mのPretulは峠か、車で走れるか」を聞きますが、そこは歩くだけの道のようです。
「この1372mのPfaffensattel峠の道と、この1171mのAuf der Schanz峠の道の景色は良い」・・など情報を貰い出発です。

Semmering
【hv60.jpg:部屋から見る雨のゼンメリンク峠風景。右前方が峠】

<関連するサイト>

 ○http://www.semmering.at/【Semmeringガイド】
 ○http://whc.unesco.org/【World Heritage Unesco:Semmering Railway】
 ○http://www.semmeringbahn.at/【Semmering-Railway 】
 ○https://www.niederoesterreich.at/【建設の歴史】
 ○http://www.semmeringbahn.at/【歴史/コース案内/眺望/書籍/時刻表など】
 ○http://de.wikipedia.org/wiki/Semmeringbahn
 ☆http://ja.wikipedia.org/【Wiki:ゼメリング鉄道】
 ☆センメリング鉄道沿いをハイキング
 ☆セメリンク鉄道・ハイキング情報
 ☆Karl Rennerカール・レンナー(1870-1950)【ニーダーエスターライヒ州ノインキルヘン選出議員→オーストリア初代大統領】

<関連書籍・地図>

 本:『オーストリア 鉄道旅物語』長真弓:東京書籍
 本:「オーストリア 鉄道」関連の書籍
 本:『ウィーンとオーストリア―地球の歩き方』 :  
 本:オーストリア ハプスブルクに関する書籍
 DVD:『世界遺産 オーストリア編出演: 緒形直人 』 

<オーストリア・ワイン>

オーストリー ワイン検索

<関連HOTELなど>

Last minute hotel reservation!【Rates-to-Go:直前格安ホテル】  ○ウィーンViennaのHotel  グラーツGrazのHotel  セメリンクSemmeringのHotel
hotel【Hotel-Club:オーストリーのホテル】  ○ウィーンのHotel  ○グラーツのHotel
hotel ■海外ホテル予約

<ヨーロッパ・旅・・・>



<1372mPfaffensattel峠、1171mAuf der Schanz峠を経由し、Murムーア流域を南西へ・・
  写真のみ・・追記・内容は順次! (次の旅「2007年の旅」に突入のため)>
ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る この旅のtopへ戻る 前ページに戻る 次のページへ

EU-Alps 峠の茶屋・掲示板:
EU-ALPS.com


質問などありましたら eualps@gmail.comへどうぞ。
Google
WWW検索eu-alps.com内検索