ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る この旅のtopへ戻る 前ページに戻る 次のページへ  Time/Datacount
  Back to / [LINK/FAQ/情報提供]/ [スイス]/

Trun トゥルン −1(画家Alois Carigietアロイス・カリジェ)  MAP


【画家アロイス・カリジェの村Trunトゥルンに入ります】 Trun0d6.jpg
alois-carigiet

●Alois Carigietアロイス・カリジェ(画家) について

 スイスの代表的な画家:Alois.Carigietアロイス(アロワ)・カリジェが1902年8月30日に生まれ、そして1985年8月1日に没した村がこのTrunトゥルンです。
 グワルダの絵本作家S.Chonz.III ゼリーナ・ヘンツとの作品『ウルスリの鈴』などが有名です。
 ○http://www.carigiet.net/ [The Alois Carigiet Home Page]
 ○http://en.wikipedia.org/【Alois Carigiet】

−−−−−
<・・・ 我が家とカリジェの絵本 ・・・>

  『アルプスのきょうだい=ウルスリのすず、フルリーナと山の鳥=FLURINA UND DAS WILDVOGLEIN and SCHELLEN-URSLI』
岩波書店 (1954年9月)初版  その16刷 (1976年9月15日版)が我が家の記念の絵本です。
 1974年に生まれた我が子に、何度この絵本を読んでやったでしょう。すっかり覚えてしまった息子は、こちらが眠くて読むのを省略すると・・「そうじゃないよ」と逆に訂正されました。
 そしてこの本から、点字の絵本を作ったり、彫刻や、年賀状の題材にと・・・包装を何度も糊付けしたその絵本は、あちこちシミはありますが、いまでも健在です。
−−−
『ウルスリのすず』は、スイスの「鈴の祭」として春を呼ぶ、3月頃の祭が場面です。
(以下の絵は、上記の絵本から紹介させていただいています)

小さい男の子のウルスリが、小さい鈴しか貸してもらえず・・

山のてっぺんの夏小屋にある大きな鈴を思いだし、雪の山道を一人で取りに向かいます。
森や谷・木橋・雪山ををやっと小屋にたどり着き、大きな鈴を見つけたウルスリは、 、ほっとして疲れて眠ってしまいます。

一方、おとうさん、おかあさんは、夜になっても家に帰らないウルスリを探します。村の人たちも一緒になって・・・が・・・

朝日が小屋にさしこみ、ウルスリは大きな鈴を持って急いで雪道を駆け下ります。 そして・・・・
その祭で一番大きな鈴を持ったウルスリが、子供たちの先頭にたって行進するのです。
−−−−
⇒関連ページ
クールの州議会場、ロマンティックホテル「シュテルン」などに作品が残っています。(2001年訪問)
Disentis/Musterディゼンティス/ムスター(約10km西の町)にも、壁画と、絵などグッズの売店がこの町のメイン道路沿いにあります。(2000+2012年訪問)
●旅の絵本へ

−−−−−
本:日本での絵本としては 『ウルスリのすず』『フルリーナと山の鳥』『大雪』『マウルスと三びきのヤギ』『ナシの木とシカラバとメギの木』『マウルスとマドライナ』 (これらの『カリジェの絵本 6冊セット』 )が出版されています(いずれも岩波書店)。
シュタイン・アム・ラインには、広場、レストラン・アドラーのファサードに壁画などがあります。
アロイス・カリジェ 生誕100年記念行事(2002年)の関連情報
http://www.post.ch/【Alois Carigiet and Selina Chonzの「ウルスリのすず」の切手関連】
カリジェを巡って:フルリーナさん
・1990年頃、彼の生涯を描いたTVも放映されました。


【僕たちは日曜日の昼にこの村に到着しました・・・残念ながらインフィメーション、博物館、お土産屋、すべてお休みです・・・歩きながら、カリジェを見つけていきます・・・まず駅の構内から北側の家並みを見ます・・・いくつかのHOTELもあります。山脈も迫っていて、空にパラグライダーも飛んでいます】 ・・183.jpg ・・195.jpg



【駅を出てすぐ前の教会に、宗教壁画がありました・・・カリジェのものではありませんが】 ・・1a1.jpg ・・1c8.jpg ・・1d1.jpg

【村の通りを西の方に向かいます・・・HOTELや, かわいらしいペンションがいくつか・・・そして家の壁に小ヤギの壁画が・・・】 ・・1e0.jpg ・・201.jpg

【カリジェ出身の小学校があって、その壁面に『東方の三博士』が】 ・・159.jpg ・・170.jpg ・・1a9.jpg ・・149.jpg

<聖アンナ礼拝堂・・スルシルバン美術館・・・の方に向かいます>
●ご意見・お問い合わせ・情報・何でも・・・「峠の茶屋・掲示板」(eu-alps)でお待ちしています。EU-ALPS.com  旅のGET旅のGET
ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る この旅のtopへ戻る 前ページに戻る 次のページへ  Time/Data
  Back to / [LINK/FAQ/情報提供]/ [スイス]/
ヨーロッパアルプスのハイキング地図
【ヨーロッパ・アルプスのハイキング地図】
  【国別地図】  【日本語ガイド本】