ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る この旅のtopへ戻る 前ページに戻る 次のページへ count
参考:★Finale Ligure周辺の宿

Garessio-Santuario
【h744:Garessioガレッシオ:Santuario Madonna di Valsordaソルダ谷の聖地】

Garessioガレッシオ

予約問い合わせメールに無回答の町と宿・・疫病治癒の奇跡・・【●峠DB

イタリア:ピエモンテ州クネオ県】[北村 峠一].(Kitamura)      


●リグリア・アルプスの峠めぐりの拠点の宿を・・宿予約メールになしのつぶて・・


 旅の出発前、ヨーロッパアルプスの最南端、リグリア・アルプスの峠をあちこち走るためのベースキャンプの宿を、どこに取るべきか検討したのです。

 このナーヴァ峠の北東にある、クネオ県のN28の主要道路は、ちょうど行こうとしているところに沿った北辺を走っていています。そのどこかを拠点にするのがいいのではと想定して宿の事前調査をしたのです。行き当たりばったりでは無く、4泊の拠点からあちこち移動することを考え予約しておこうと思いました。



【2010.6.10のルート:クリックでGoogle-Mapsが開く】
 Booking.Com、Viamichelinなどの宿チェーンを検索して見ると、このあたりの山の中の小都市には契約ホテルが無く、地中海の海岸線かCuneoクネオ付近しか出てきません。そこで地名とB&BやAlbergoなどの格安宿を検索。出てきたのは、先ほど通ったPieve di Tecoピエーヴェ・デ・テコ、この峠の先のOrmeaオルメア、その北東のGaressioガレッシオ、さらに先のPriolaプリオラに少し宿がありそうです。

 そしてGaressioガレッシオの2つ星の宿「Albergo ITALIA」(部屋のみ39-45eur/泊、朝食6-10eur2人)にメールをしたのが、旅に出る1ヶ月前。でも1週間を過ぎても何の返事もありません。

 しかたなく同じ町の3つ星宿「Albergo Giardino」(朝食付75eur/泊2人)にメール問い合わせします。ところがここからも・・旅の出発日になっても何の返事も来ないのです。変な宿、変な町です・・

 たしかに宿の方から考えると、確実な予約契約をするのは面倒なのです。国内なら客に頭金振込みを請求しても、安い手数料で送金できるのですが、外国からでは予約金振込みは面倒ですし、手数料も高いのです。クレジットNOをメール以外のFAXなどで通知することで確実にすることもできますが、外国語で返事を出されなければならないことなど、宿・客とも面倒です。キャンセル処理なども発生することがありますし。

 海外メールは「スパム:迷惑メール」の場合も多いので、無視されることが意外と多いのです。ちょっと格の高い宿は、ホテル予約のチェーンに加入し、これらの面倒さをなくするのですが、この場合には宿は数%の斡旋料を払わなければならないので、宿代はどうしても高めになってしまうのです。

 ということで、この旅最初の宿はまだ確保していない状態。一応宿リスト、推定の地図などをプリントして現地で探すのですが、さてどんな町どんな宿に泊まることになるのでしょう。


参考:★Finale Ligure周辺の宿
−−−

●Ormeaオルメアは観光リゾート?・・


 ナーヴァ峠で遅い軽食のあと、北に数kmでクネオ県に入る、さらに数kmで現れたのが宿検索で出てきた「Ormeaオルメア」の町。山歩きやスキーのリゾートなのでしょうか、通りに面していくつかの宿も見えます。まだ時間も早いし、ここで宿を取ると、サヴォナなど東にはちょっと遠い。もう少し走って・・

Ormeaオルメア
【v198:Ormeaオルメアは観光リゾート?】

<●Ormeaオルメーアの関連サイト>

http://www.ormea.eu/【Ormea公式サイト】
http://www.cec.it/【ORMEAの歴史観光ガイド】
https://de.wikipedia.org/wiki/Ormea

<●Ormeaの祭り・・<Ormea In Onda>>

街の路地をウォータースライダーにし、浮き輪で滑るタイムトライアルレース
http://trucioli.it/
https://www.youtube.com
http://www.riviera24.it/
http://www.targatocn.it/

世界の果てまでイッテQ! 洗い流し祭り:2016年7月31日(日) 20時〜1時間
http://tv.yahoo.co.jp/program/19093501/
【内容】
●世界で一番盛り上がるのは何祭り?洗い流し祭りinイタリア <出演者:宮川大輔>
洗い流し祭りとは街の路地を丸ごとウォータースライダーに変え、浮き輪で滑り、その速さを競うタイムトライアルレース!
祭りの起源は8年前のここイタリア・オルメア村。街を掃除するため、川の水を通路に流して掃除をするのが伝統。そこで住人が遊び心で浮き輪などでそこを滑ったのが始まり。
コースの距離は全長300m、最初に登場する110度のカーブやスピードに乗ってからの角度90度カーブの難関が待ち受ける! それでは行こう!イタリアの波乗りジョニーが集まる洗い流し祭り開幕!!

 なかなかいい形の山並みが右手に見えていますが、1700mクラスのリグリア・アルプスです。

リグリア・アルプス
【v221:リグリア・アルプスの山の形】<
−−−

●Garessioガレッシオはオフシーズン・・


 10kmほどでガレッシオの町に入りましたが、商店やホテルなどの建物は無く、あっという間に町を越えてしまいました。多分鉄道駅付近にできた新市街なのでしょう。

Garessioガレッシオの新市街
【v222:Garessioガレッシオの新市街】

garessio-map
【Garessioの町の地図:クリックで拡大】
 この後、プリントした右の地図を見ながら、旧市街方面のホテルを探しに走ったのですが・・残念ながら両方とも休みらしく・・窓に花も飾ってありません。

 今日は6/10(木)ですが、今週末から営業開始しようとしているのか、掃除の車や内装のメンテナンスらしい職人たちが両方とも行き来していました。まだシーズンオフ、宿の従業員は長い春休みだったので、メールなども開いていないのです。

 地図を見ながらの運転、宿探しと、開いていないショック、「ベース基地としての雰囲気に合わないなー」などとブツブツ言いながら、町の写真を撮ることも忘れて次の町に探しに行ったので・・やっぱり気がかり。

 そこでリグリアの峠を回ったあと、再度・・



参考:★Finale Ligure周辺の宿

−−−

●Garessioガレッシオの旧市街は・・


 以下の写真は、2日後この町を車で通過した時に撮影したものですが、車両もやっとの狭すぎる路地は、町を発展させられなくなっていて、若者は皆、新興住宅街などに住み、お年寄りだけの町という感じ。観光客もあまり来ず、ホテルも閑古鳥が鳴いているのでしょう。
Garessioガレッシオ Garessioガレッシオ
【v236:Garessioガレッシオ郊外のバイパス。正面は北西のCasotto峠(1381m)方面。1600-2100mクラスの山】 【v237:Garessioガレッシオの町の南は1200mほどの山。ポー川流域と地中海の分水嶺が続く】

Garessioガレッシオ
【v239:Garessioガレッシオの旧市街。ホテルが二つ並んでいる】

 すれ違いも怖いような路地を入っていくと・・

Garessioガレッシオ
【v244:Garessioガレッシオの旧市街は実に細い路地】

 小さな広場の一角には、サン・ジョヴァンニ教会(15世紀)が現れます。そして交差点の先に市役所の塔。

Garessioガレッシオ
【v259:Garessioガレッシオの旧市街:広場と教会Piazza San Giovanni con l'omonima chiesetta】

Garessioガレッシオ
【v270:Garessioガレッシオの市役所など】


参考:★Finale Ligure周辺の宿
−−−

●Santuario dell Beata Vetgine delle Grazie in Garessioガレッシオの聖母・・/Santuario Madonna di Valsordaソルダ谷の聖地・・


 この町の東の山に、大きなドームを持つ聖母教会があり、巡礼の聖地になっています。ここは疫病などから治癒する奇跡が何度もあったという聖地だということです。

Garessio-Santuario Garessio-Santuario
【g918:Garessioの町を眼下に聖地の大ドームがある】 【g925:Garessioの聖地レイアウト】

Garessio-Santuario Garessio-Santuario
【g926:古い礼拝堂】 【g922:巡礼の館】

Garessio-Santuario Garessio-Santuario
【g927:新しい聖地教会】 【g923:教会内部のドームに描かれた聖人たちと、聖母のフレスコ画】

<Santuario dell Beata Vetgine delle Grazie in Garessio
  ガレッシオの聖母、ソルダ谷の聖地情報>


・ソルダの谷の聖母は1400年ころ疫病から村を守り、その地に神殿が建てられた。

・1653年7月13日聴覚障害女性の奇跡的な治癒、1858年の麻痺した人の回復、1845年のペストやコレラからの解放など数々の奇跡を行った。

・1665年に古いフレスコ画が描かれたが、現在あるのは修復・再描画されたもの。

・現在の聖域の建築物は1897年、1925年に建設された。

−−−
<関連サイト>
http://www.viaggispirituali.it/【Santuario-Madonna-di-Valsorda-Garessio-Cuneo:聖母フレスコ画】
http://www.garessio.net/【Garessio - Vecchio Santuario di Valsorda歴史】
http://wpedia.goo.ne.jp/enwiki/【MondovのRoman_Catholic教区:Garessioの聖母】
http://www.comune.garessio.cn.it/【Garessio市:聖地情報:Santuario della Beata Vergine delle Grazie】
http://www.comune.garessio.cn.it/【旧市街の地図】
http://www.comune.garessio.cn.it/【BorgoAntico】
http://www.garessio.net/【Garessio情報】
Garessio-Santuario
【h743:正面祭壇の聖母のフレスコ画】

−−−

●北へ・・東へ峠を越えて・・


 ガレッシオでの宿探しをあきらめ、事前に調べていた北の村「Priolaプリオーラ」付近に走って見ますが・・見つからず。さらに北へ。Bagnascoバニャスコを越えても宿らしいものは無く、このまま行くとCevaチェーヴァの大きな町。海抜も300mほどと低く、暑そうなので・・

 思い切って東に山越えをしてCaizzanoカリッツァーノを目指すことにします。リグリア州に入り、途中峠らしいところに自転車ツーリングの2人組が見えましたので、あのあたりがCol dei Giovettiジョヴェッティ峠(930m)【●峠DB】でしょう。

Bagnascoからジョヴェッティ峠を越えて
【v229:Bagnascoバニャスコから、Col dei Giovettiジョヴェッティ峠(930m)を越えてCallozzanoカリッツアーノを目指す・・宿はあるか?】


<関連するサイト>

http://www.【】

<関連書籍・地図>

ヨーロッパアルプスのハイキング地図、ガイド洋書  山渓など:日本語編

<ヨーロッパ・旅・・・>


参考:★Finale Ligure周辺の宿

●北イタリアのワイン

<宿を探してCalizzano方面に・・・>

ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る この旅のtopへ戻る 前ページに戻る 次のページへ
Copyright © 1996- Kitamura All Rights Reserved.

EU-Alps 峠の茶屋・掲示板:
EU-ALPS.com


質問などありましたら eualps@gmail.comへどうぞ。
Google
WWW検索eu-alps.com内検索