ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る この旅のtopへ戻る 次のページへ  Time/Data count ヨーロッパアルプスのハイキング地図
【ヨーロッパ・アルプスのハイキング地図】
  【国別地図】  【日本語ガイド本】

出発〜Lyonリヨン〜
 2002年の旅(6月5日〜28日)は、ちょうどワールドカップ日本・韓国開催の時期(5月31日〜6月30日)です。前回優勝のフランスは当然強いはず、アルプスの峠の旅の間にフットボールの話が出てきてもいいようにと、試合スケジュールをメモに持参します。

 深夜到着のリヨン、翌朝まだ日本時間が抜けきらない・・・少しぼーっとした頭で、フェルヴィエールの丘に上ります。なんと言ってもジダンはじめフランスは、前回の優勝チームですから・・・今回も当然・・・と皆信じています。

 成田空港では、ワールドカップのカンバンばかりでなく、海外からの人たち、韓国へ応援にいこうとする人たちがたくさんです。

 ニューヨーク航空機テロの後、初めての搭乗です。検査も厳しくなっています。・・・なんと私のカバンから、使い古しの簡易ライターが3個も見つかります。
荷物を預けようとして、「ライターを荷物から出してくれ」と検査官が言います。「持ってませんよ!」と、鍵明けて出して鍵して・・またチェック。・・・これを3回も繰り返すと、自分を信じられなくなります。タバコを吸わなくなって10年ほど。きっと何かのときに、と思って旅ごとに追加していたのでしょう。・・・持参の荷物リスト作って、チェックしてから出てきたのに。信じられないといえば、実は旅の最中でさらにもうひとつ発見したのです。

 例年の旅より、数日早め。上空から見る谷川付近の山も雪が多いような気がします。今朝、パリのYさんから「Agnelアニュエル峠はまだ閉鎖中」だというmailが飛んできています・・・むこうの峠は大丈夫でしょうか?。


【00.jpg:成田空港には「ワールドカップ日本・韓国開催」の看板やみやげが。例年の旅より少し早めで、上空から見る谷川付近の山も雪が多い】


−−−−−−−−−−−−
 リヨン到着は深夜で雨・・・
 リヨンの街の記述は、時間の取れた別の機会にして・・・フェルヴィエールの丘から街のシーンだけをまとめましょう。

 この眺め見たことありますよね。Fourviereフェルヴィエールの丘から見下ろす、Saoneソーヌ川、Rhoneローヌ川の緑の線と、旧市街の街並みです。歩きながら、ここにもっとたくさんの塔があったら、プラハと似ている、と感じたのは古い建物と、赤い屋根、狭い路地をここまで登ってきたからでしょう。


【313.jpg:Fourviereフェルヴィエールの丘から見下ろす街並みとSaoneソーヌ川、Rhoneローヌ川に沿った緑】

  
【323/325.jpg:N.D.de Fourviereノートルダム・ド・フェルヴィエール・バジリカ】  【362.jpg:Primatiale-St-Jean聖ヨハネ主座司教教会が真下に】

 リヨン郊外の生徒たちが、引率の先生たちとこの展望台に登ってきました。夏休み前の郊外学習です。「今、日本にはたくさんのフランス人も行っている」・・・と、ジダンを中心としたフランス選手と応援団ののことなどを話してくれます。なんと言っても前回の優勝チームですから、今回も優勝を信じているのです。

 
【367/378.jpg:リヨン郊外の生徒達が引率の先生と、この展望台に。夏休み前の郊外学習】

<関連情報>
 i:世界遺産:リヨン歴史地区Historic Site of Lyons 1998年登録:アルプス・周辺エリアの世界遺産

<昼過ぎに、レンタカーを借ります。今年のフランス・アルプスの峠の旅は、エクスレバンの東にあるCluse峠から始まるはずです・・・・>
●ご意見・お問い合わせ・情報・何でも・・・「峠の茶屋・掲示板」でお待ちしています。EU-ALPS.com
ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る この旅のtopへ戻る 次のページへ  Time/Data
ヨーロッパアルプスのハイキング地図
【ヨーロッパ・アルプスのハイキング地図】
  【国別地図】  【日本語ガイド本】