ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る この旅のtopへ戻る 前ページに戻るVal-Thorens 次のページへ count

St.Martin de Bellevilleサンマルタン・ド・ベルヴィル(1360m)

 Val-Thorensヴァル・トランスの行政中心部・・そしてちょっと離れた集落の散策・・

フランス:サヴォワ県】[北村 峠一].(Kitamura)      


【St.Martin de Belleville教会と大戦慰霊碑】

●St.Martin de Bellevilleサンマルタン・ド・ベルヴィル:Chatelardシャトラール集落へ・・

Val-Thorensヴァル・トランスの帰り道、お昼時でもあり、St.Martin de Bellevilleサンマルタン・ド・ベルヴィルに立ち寄ることにします。
 まだお昼時間には早いので・・町の中を流れるドロン・ド・ヴェルヴィル川を渡り、西側の集落「Chatelardシャトラール」へ・・


より大きな地図で 2010Travel-route-Point を表示


川を渡った西側の方が、なだらかで日当たりが良いのです。ただし、あの小川が突然の豪雨などで増水すると・・渡れなくなるなーなどと考えながら・・
集落の村の入口付近に車を止め・・散策・・
 

【川の西側の方が、なだらかで日当たりが良い。】


【冬に向けての薪などが積んである狭い路地】

奥の民家のあいだ・・ 冬に向けての薪などが積んである狭い路地・・ 窓から花が飾られています・・

乳母車が各ドアの前にありますが、きっとお年寄りの買い物籠なのでしょう。

後ろから大きな牧羊犬が、人懐っこく・・鼻をならして寄ってきます。 でも、ちょっぴり怖いですね・・大きいので。

---

その奥の道を行くと・・ 家庭菜園をしている夫婦・・ 畑を見せてもらいます

これはジャガイモ・・ポム。トマト、インゲン、レタス、キャロット・・など

このあたりの畑は小石だらけ、日本の茶色の肥料豊かな土に比べ・・ 痩せた土に見えます。

そして、スキのような、ホーのような鍬で 雑草取りをするのです。

「一枚写真撮らせてください」
「日本から・・バカンスか・・」「そうです。僕たちも家庭菜園をやっていますよ・・」


  【クリックで「★旅の絵本2010:サンマルタン・ベルヴィル」 へ 】


屋根工事をしている現場・・断熱材を張り、防水シートを張り・・しばらく工事状況を見ていて・・写真を撮らせてもらう。
作業の男たちが、「どこからだ・・」「日本・・」「パラグアイとの試合、負けてしまったなー・・」「残念です」
<2010.6.29、ワールドカップ・サッカー・南アフリカ大会。日本:パラグアイ戦。再延長するも0:0。PK戦で負けた試合。彼等も見ていたのだ>


【屋根工事をしている現場・・断熱材を張り、防水シートを張り・・】

−−−

●St.Martin de Bellevilleサンマルタン・ド・ベルヴィル(1360m)【街散策】・・


お昼の時間が近づいたので、町に戻る。さて、どこかにレストランあるかなと探す・・


【】

町の広場に面して教会があるので、寄ってみる。


Eglise de Saint Martin de Belleville サン・マルタン教会とMarie役場だろう】


【教会内部】

【上の段:聖母マリアでしょう?】


【下の段:馬に乗っているので、トゥールの聖マルタンでしょう】

役場の左脇にあるレストランは、ちょっと高そうで入りづらい。道路の脇のこじんまりしたレストランに・・12時ちょっと前に入る。外のテラスが空いているので、周りの風景や、村の人たちを観察しながらゆっくりと食事することにします・・



注文したのは、パスタ・ミート=ボロネーゼ。トマトサラダ。オムレツとポムフライ。最後にコーヒーとちょっとしたデザート・・でも大きい?
田舎で食べる料理は、都会の料理よりあっさりしていて・・うまいと思うんですが・・


【パスタ・ミート=ボロネーゼ。トマトサラダ。オムレツとポムフライ。デザート】

時間があるので、このレストランのお昼の状況を観察します。 

12時を過ぎて、屋根・道路工事などらしい労働者が次々とこのレストランに入って来ました。多分30-40人はいたと思われます。見えなかった室内の方にも居ましたから・・もしかすると60人以上かもしれません。
ほとんどのグループが、親方に引き連れられた作業員たちです。

彼らが注文したのは・・今日の定食(サラダ、鶏肉/揚げ物+マメ+ポテトフライ、デザート=ケーキ/チーズ/フルーツ) そしてコーヒー・エスプレッソ・・グループによってはワインを)を飲んでいます・・食べ残す人も何人かはいました。

食後はほぼ全員がタバコを吸うのです。

作業者以外の一般客は、おばあさん3人グループ。2才ほどの子供を連れた夫婦。数人のサラリーマン風。おじいちゃんと孫。ワイシャツを着た二人連れ、ぐらい・・
  店で働いている人は・・手際のいい店のマダムたち3人、料理人は1人だけ?に見えますが、マダムたちもかなり手伝っていたはず。1時半ごろには、全員疲れ切ってタバコを吸いにドアの外に出てきました。ご苦労様です。

−−−

●帰り道、遠望する特徴のある山・・Pointe du Creux Noirポワント・デュ・クル・ノワール(3153m) ・・


あと少しで折り返しの町、Moutiersムティエかなと思ったころ、東の谷の向こうに「雪山」と「山頂がモン・スニのように斜めに切れたような山」が見えます。

あとで調べたところ、左の雪山が「Grand Bec(3399m)」、中の頂上が斜めにフラットな山が「Pointe du Creux Noirポワント・デュ・クル・ノワール(3153m)(45.405401, 6.755421)」、右手前の山が「Pointe de la Vuzelle(2573m)(45.419295, 6.676556)」で、Brides-les-Bainsブリッド=レ=バンの谷越しに見えていたのです。


【Grand Bec(3399m)、Pointe du Creux Noir(3153m)、Pointe de la Vuzelle(2573m)】【Pointe du Creux Noir(3153m)の拡大写真】

Mt.Visoモン・ヴィーゾ山(3841m)の煙突や、Le Brec de Chambeyronシャンベイロン壊歯岳(3389m)の山頂斜面 にも似ています。


【Mt.Visoモン・ヴィーゾ山(3841m)の煙突と、Le Brec de Chambeyronシャンベイロン壊歯岳(3389m)】

2:30頃宿に戻って、夕食まで昼寝・・


<ヨーロッパ・旅・・・>



<関連書籍・地図>

ヨーロッパアルプスのハイキング地図、ガイド洋書  山渓など:日本語編

●フランス アルプス ワイン



ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行 TOPに戻る この旅のtopへ戻る 前ページに戻るVal-Thorens 次のページへ
Copyright © 1996- Kitamura All Rights Reserved.

EU-Alps 峠の茶屋・掲示板:
EU-ALPS.com


質問などありましたら eualps@gmail.comへどうぞ。
Google
WWW検索eu-alps.com内検索